京都でお茶の世界にデビュー!してみませんか?「お茶ミュージアム京都~茶道、してみる?~」

  • そもそも、「茶道」とは?
  • 京都で「茶道」を学ぼう!

世界に誇れる日本の文化のひとつ、「茶道」。
茶室に飾られる花や軸、用いられる茶碗や釜といった道具など、多彩な日本の芸術文化・工芸が茶道には関わっており、「茶道」は日本の文化をぎゅっと凝縮したような存在ともいえます。

京都はその中心地としての役割も古くから担っており、お茶に関わるお店や職人の工房、そして茶道を体験・学べるミュージアム施設も多くあります。
でも、茶道ってそもそも何?お茶の世界って難しそう、敷居が高そう…という方も多いのでは。
ここでは、より茶道に親しめる豆知識や、茶道とかかわりの深いミュージアムなどをご紹介します。

茶道と京都のカンケイ。

お茶は平安時代から貴族たちの間で既に飲まれていたそうです。一般に広まったのは、鎌倉時代に栄西(えいさい)というお坊さんが中国からお茶の種を持ち帰ったことがきっかけでした。
元はお茶は薬の一種として考えられており、一般にもよい薬であると広めるため、栄西はお茶の飲み方や栽培方法などをまとめた本も出版しています。
その後、栄西が持ち帰ったお茶の種は宇治にも植えられ、有名な京都の「宇治茶」も誕生しました。
また、お茶はその後室町時代の京都で花開いた「北山文化(金閣寺など。貴族的で華やか)」「東山文化(銀閣寺など。わびさびの文化)」、そして仏教の禅の教えなどとも結びつき、日本を代表する文化として発展していきました。

現在も京都には茶道の家元が拠点を置き、またお寺や神社の行事、祇園祭などのお祭りでもしばしば献茶(けんちゃ)が行われるなど、茶道の文化は京都にはとても根強く受け継がれています。

献茶(けんちゃ)

お茶を点てて神や仏に献じお供えする儀式。主に茶道の家元が務めることが多く、祇園祭での献茶では表千家・裏千家・武者小路千家の三千家が交代で受け持っている。

元々、お茶といえば「抹茶」だったんです。

元々お茶が日本に伝えられたころは、お茶の飲み方といえば皆、粉にしたお茶をお湯で溶いて飲む「抹茶」のスタイルでした。急須を使って入れる「煎茶」のスタイルは、江戸時代になってから生まれたものです。(実は煎茶の拠点も、京都の宇治・黄檗宗萬福寺(おうばくしゅう・まんぷくじ)にあります)
京都では煎茶ももちろん飲まれますが、抹茶を日常的に楽しんでいる人も多く、自宅で気軽にお茶を点てていただいたり、お客さんが来たときに出していたりもします。

知っておきたい、お茶の飲み方の種類

  • 濃茶(こいちゃ)

    濃茶

    少人数のとき、正式な形の茶会での飲み方。抹茶の粉をお湯で少し練ってからお湯を足して点て、ひとつの茶碗を主客(そのお茶席のメインの人)から順にまわして飲んでいきます。

  • 薄茶(うすちゃ/おうす)

    薄茶

    お茶は一人一碗ずつ立てられ、濃茶に比べると薄めです。正式なお茶事の際はまず濃茶が出され、その後に薄茶が出されます。大人数で行う「大寄せ」の茶会やお寺でのもてなしなどでは薄茶のみが出されて簡略化されています。甘味処などで抹茶セットを頼むと出てくるのもこのタイプ。家庭でお客様を招いた時にお出しするものこちらです。

  • グリーンティ

    夏季限定の「冷やし抹茶」。抹茶に砂糖を混ぜて甘くし、水や牛乳で溶いたもの。
    京都ではおなじみの飲み方で、老若男女問わず大人気。夏場になるとほとんどの喫茶店に登場します。
    お祭りの屋台やお茶屋さんの店頭でも売っているので、気軽なドリンクとして楽しむ人も多くいます。
    家庭用の粉も京都のお茶屋さんなどで売っているので、一度お試しください。

  • そもそも、「茶道」とは?
  • 京都で「茶道」を学ぼう!


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗