1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「展覧会レポート」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「展覧会レポート」アーカイブ

shibi_dream01(1).jpg


ついに3年の休館期間を終え、京都市京セラ美術館がリニューアルオープン!
そのオープン記念展示を内覧会で一足先に拝見してきました!
みどころや、実際の展示の様子などを交えてご紹介します!
《文:そめかわゆみこ》

■ 過去のレポートはこちら!

【レポ】《1》内覧会:京都市京セラ美術館 リニューアル!見どころスポットはここ!
【レポ】《2》内覧会:京都市京セラ美術館 リニューアル!見どころスポットはここ!

■ 工事中の様子やインタビューなどの特集はこちら!
京都MUSEUM紀行。Special【京都市美術館 リニューアル特集】



shibi_dream01(2).jpg

入口には既にチケット販売スペースができていました。本館・新館どこの展示でもこちらで購入できて便利です。新館側にもチケット販売所があるので、入場したところの近くを利用すれば大丈夫です。

shibi_dream01(3).jpg

中央ホールに入って右側がコレクションルーム(常設展示室)、左側が企画展示室の入口です。
真直ぐ庭園側に抜けると新館へ。それぞれの入口に開催中の展覧会バナーが掲示されているのでわかりやすいです。
2階の展示へもホール内の階段を上がれば直接向かえます。

shibi_dream01(4).jpg


まずは企画展示室、開館記念展として開催されるシリーズ特別展「京都の美術250年の夢」、その特別企画にあたる「最初の一歩:コレクションの原点」から!

※この展覧会は新型コロナウイルス対策による開催延期のため、一般公開が中止となりました。
 一般にご覧いただくことはできませんが、こちらのレポートにて展覧会の雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。


「京都の美術250年の夢」
最初の一歩:コレクションの原点


shibi_dream01(5).jpg


この展覧会は、京都市美術館の開館3年目(1935)に行われた、初めてのコレクション展「本館所蔵品陳列」を再現したもの。まさに最初の一歩、美術館が最初にコレクションした作品をずらりと並べた内容になっています。
展示作品は日本画、洋画、工芸、彫刻など多岐にわたり、バランスの良い構成。
中にはこれまでなかなかお目にかかる機会が少なかった作品も...!

shibi_dream01(6).jpg

展示会場では、担当学芸員さんによる解説が。

現在では、美術館の収蔵品は基本的に学芸員さんが選定するものですが、京都市美術館の開館当初の頃は、まだ「学芸員」という仕事が存在していませんでした。代わりを担っていたのは、京都で既に地位を築いていた日本画家や工芸家などの美術家たち。自ら作品を作る傍ら、公募展の審査員も務めていた彼らが、展示する作品や購入する作品を決めていました。

その"最初の一歩"となったのが、美術館の開館翌年の1934年に行われた開館記念展「大礼記念京都美術館展」。この展覧会は次代を担う新たな美術を奨励することを目的としており、若手作家の優秀な作品を積極的に購入するという方針があったそうです。そして、この展覧会の出品作品から美術館買上げとなったものが、京都市美術館最初のコレクションの一部となっています。
殆どの作品は展覧会への出品のために制作されたいわば"新作"で、まだ評価が定まっていない若手や当時画壇デビュー間もない作家の作品も含まれているそうです。

京都市美術館は、当時の"現代美術館"のような位置づけだったといえるかもしれません。

また、現代では少々評価に困るような作品もあるそうで、現代と当時の流行や、評価の基準・方針の違いなどを垣間見ることができます。

嵐山の福田美術館で2020年1月29日より開催の「美人のすべて」展の内覧会に行ってきました。

bijinsubete_photo(1).jpg


今回のテーマは「美人画」。
「容姿や装い、感情の動きや内面から醸し出される美しさなど、さまざまな観点から女性の魅力を描いた絵画」(プレスリリースより)のことです。江戸時代から女性を主題とした絵は描かれてきましたが、「美人画」として確立したのは明治以降のこと、日本画の重要なジャンルとなり、多くの画家が絵筆をふるいました。

なかでも特に知られるのが、京都を代表する日本画家・上村松園です。
松園は女性がまだ職業画家として生きることが難しい時代にあって、独自の美人画で道を切り開き女性初の文化勲章受章者となった、美人画の第一人者。
今回はその松園の作品を中心に、同時代の他の画家たちや松園に続いて活躍した女性画家によるさまざまな美人画を一堂に集めた展覧会となっています。

***

今回は松園の作品はまだ初々しさの残る若年期から、美人画を通じて理想の美を描き続けた円熟期までが揃います。

bijinsubete_photo(2).jpg

こちらは若描きの頃の作品「四季婦女図」。女性たちの着物で春夏秋冬を表したもので、色や文様の取り合わせの工夫を楽しめます。松園自身も楽しんで着物の柄を描いているような感覚が伝わってきます。

着物は「美人画」の見どころのひとつ。
着物の柄はもちろんのこと、生地の質感、色柄の取り合わせ、帯の結び方など、どれも松園のこだわりが感じられます。もちろん今見てもお洒落で素敵なものばかり!
また、人物の年頃や絵に込められた物語や背景事情も、人物の仕草や表情と着物の組合せから読み取ることができます。

bijinsubete_photo(3).jpg

例えば、この「姉妹之図」は、髪型や装いから、一番奥がもうお嫁に行っている長女、真ん中はまだ未婚の次女、手前が幼い末っ子とわかるように描き分けられています。帯の結び方も末っ子は大きく華やか(リボンみたい!)で可愛らしいです。

bijinsubete_photo(5).jpg

こちらは「しぐれ」。雨上がり、ふと目に入った紅葉に目を奪われて傘を閉じる手を止めてしまった美人の姿。すっと惹かれた眉と視線の織りなす表情がなんとも上品です。
空色の着物と赤の帯の組合せは松園は好きだったのでしょうか?他の作品でもしばしば見られます。
白い襟や襦袢の地紋様までしっかりと描かれ、下から覗く赤がアクセントになっています。
地紋様は写真ではわかりにくいので、ぜひ実物を見て欲しいポイントです。

bijinsubete_photo(6).jpg

そんな中でひときわ目立つ異色作が、この「雪女」。
雪の中で命を落とした女性が、魂だけになっても想い人を救おうとする「雪女五枚羽子板」という浄瑠璃(近松門左衛門作)に材を得たもので、版画の原画として描かれた作品。今回が初公開となる展覧会の目玉です。

華やかな着物姿の美人図が並ぶ中、ぼんやりとした白い影のように描かれた女性の姿は松園作とは思えないほど異彩を放ちます。しかし、うっすらと描かれた顔や髪の影、輪郭や着物を纏っていることのわかるシルエットは確かな美しさも感じさせます。彼女の魂をも、少ない色数だけで描き出した松園の力量が伝わります。

bijinsubete_photo(4).jpg

なお、今回の展覧会は表具にも注目。
実際の着物の生地を転用したもの、丁寧に刺繍を施したものなど、こちらも華やかです。
前述の「雪女」も一見地味に見えますが上下に大変細かな鹿の子絞り、風帯や絵の縁を飾る一文字はお揃いの織紐のような生地で飾られ、手が込んでいます。
絵と表具のコラボレーションも楽しみながら鑑賞してみるのもおすすめですよ。
_DSF2075.jpg


2020年3月21日にリニューアルオープンとなる京都市京セラ美術館。
その建物がついに完成!新しくなった美術館の姿、新たな見どころを、11月15日に行われたプレスレビューの内容も併せて、詳しくレポートします!

《文:そめかわゆみこ|写真=浜中悠樹》


■ 過去のレポートはこちら!
【レポ】《1》京都市京セラ美術館リニューアル!リニューアル内容&オープニング・ラインナップ発表

■ 工事中の様子やインタビューなどの特集はこちら!
京都MUSEUM紀行。Special【京都市美術館 リニューアル特集】



新館編


■ 《1》本館編はこちら!
【レポ】《1》内覧会:京都市京セラ美術館 リニューアル!見どころスポットはここ!

_DSF2043.jpg


本館に続いて、リニューアルに伴い新設された新館へ向かいます。

新館「東山キューブ」の外壁は明るいベージュ色。これは本館外壁の雰囲気に合わせたもので、模様の縦幅も本館の外壁タイルと同じ幅に揃えられています。

_DSF2063.jpg


溝のように見えるのは金属板。本館の外壁タイルの自然な色ムラは再現が難しいため、近い色の素材を用い、その時々の光の当たり具合で壁の色合いが変わって見えるよう設計したそうです。朝・昼・夕と、訪れるその時々で移り変わる景色が楽しめます。

_DSF2112.jpg


屋上はウッドデッキの屋上庭園「東山キューブテラス」となっており、東山の山並みと眼下に広がる日本庭園を一望することができます。

_DSF2062.jpg


本館側とも繋がっているので、そのまま移動も可能。建物も良く見えます。

_DSF2118.jpg


リニューアル工事以前にこの場所にあった旧収蔵庫(川崎清氏設計、1971年築)も、実は屋根上に上がって庭園を望められる構造になっていたそう。新館を建てるにあたり、以前の建物へのリスペクトを込めて、その体験を新館にも継承したのだそうです。

なお、こちらのテラスは入館料無しで入ることができるフリーゾーンとなっています。
テラスと新館への入口(北東入口)は京都市動物園角、岡崎二条の交差点に面しており、横断歩道を渡ればそのままこちらに移動可能。
岡崎エリア巡りの際の休憩スポットにもぴったりです。

20191115_114501.jpg


新館の展示室は、まさに「東山キューブ」の名にふさわしい、巨大なホワイトキューブ。現代美術の展示に用いることを考慮し、壁面は塗料の中でも最も白い色のものが使われています。

天井は約5mもあり、巨大なオブジェ作品にも対応。照明も最新設備となっています。
主役となる展示を活かすことを第一に、とことん個性を消した空間ですが、それがかえって外とは良い意味で切り離された、展示に集中できる感覚を生み出しているように感じました。

こちらでのこけら落とし展となる「杉本博司 瑠璃の浄土」ではどのような空間に変化するのか、とても楽しみです。

***

_DSF2086.jpg


リニューアルに当たって新設されたもう一つの建物が、本館前のスロープ広場「京セラスクエア」の角にあるこのガラス張りの三角スペースです。

近年、ロームシアター京都をはじめ岡崎エリアの周辺施設が数多く整備されたことから、敷地の角地部分は美術館と他施設を結ぶ上で重要な場所と考られたスポットです。
エントランスへもつながるバリアフリー動線としてのサブエントランスの役目も持っています。

20191115_115951.jpg


周辺にはスロープが設けられておりバリアフリー対応は勿論、大規模展開催時には待機列スペースにもなる仕様。こちらの仕切りのガラスは非常に透明度の高い特殊なものが用いられており、建物の向こうまで見通せるほど!仕切りがあることを感じさせません。空間の断絶感を失くすための工夫です。

この三角形の建物の入から地下に降りたところはギャラリー「ザ・トライアングル」といい、主に新進の現代作家を紹介するスペースとして活用されます。

なお、こちらもフリーゾーンなので、ガラス・リボン内のショップで買い物だけ利用したい!カフェで一服したい!という方も気軽に展示を鑑賞することができます。

「展覧会を見るため」以外でも、ちょっと近くに来た際に美術館を訪れる、そんな楽しみ方ができそうですね。

***

_DSF1792.jpg


がらりと新しい物にやり替えるのではなく、建物内の倉庫や使われていないスペース、眠っている敷地内のスポットを発掘し、活用すればより色々なことができる。
その設計コンセプト通り、京都市京セラ美術館は、京都市美術館が今まで持っていたポテンシャルを引き出し、時代に合わせた形にアップデートした姿となっていました。

リニューアルオープンは2020年3月21日。そこから美術館がどのような歴史を紡いでいくのか、とても楽しみです!

2019年12月21日からはオープンに先んじてプレイベントも開催されています。
気になる方はぜひ、開館前に一度見に行かれてはいかがでしょうか?

■ 京都市京セラ美術館公式サイトはこちら!:http://kyotocity-kyocera.museum




  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗