1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「展覧会レポート」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「展覧会レポート」アーカイブ

_DSF2075.jpg


2020年3月21日にリニューアルオープンとなる京都市京セラ美術館。
その建物がついに完成!新しくなった美術館の姿、新たな見どころを、11月15日に行われたプレスレビューの内容も併せて、詳しくレポートします!

《文:そめかわゆみこ|写真=浜中悠樹》


■ 過去のレポートはこちら!
【レポ】《1》京都市京セラ美術館リニューアル!リニューアル内容&オープニング・ラインナップ発表

■ 工事中の様子やインタビューなどの特集はこちら!
京都MUSEUM紀行。Special【京都市美術館 リニューアル特集】



新館編


■ 《1》本館編はこちら!
【レポ】《1》内覧会:京都市京セラ美術館 リニューアル!見どころスポットはここ!

_DSF2043.jpg


本館に続いて、リニューアルに伴い新設された新館へ向かいます。

新館「東山キューブ」の外壁は明るいベージュ色。これは本館外壁の雰囲気に合わせたもので、模様の縦幅も本館の外壁タイルと同じ幅に揃えられています。

_DSF2063.jpg


溝のように見えるのは金属板。本館の外壁タイルの自然な色ムラは再現が難しいため、近い色の素材を用い、その時々の光の当たり具合で壁の色合いが変わって見えるよう設計したそうです。朝・昼・夕と、訪れるその時々で移り変わる景色が楽しめます。

_DSF2112.jpg


屋上はウッドデッキの屋上庭園「東山キューブテラス」となっており、東山の山並みと眼下に広がる日本庭園を一望することができます。

_DSF2062.jpg


本館側とも繋がっているので、そのまま移動も可能。建物も良く見えます。

_DSF2118.jpg


リニューアル工事以前にこの場所にあった旧収蔵庫(川崎清氏設計、1971年築)も、実は屋根上に上がって庭園を望められる構造になっていたそう。新館を建てるにあたり、以前の建物へのリスペクトを込めて、その体験を新館にも継承したのだそうです。

なお、こちらのテラスは入館料無しで入ることができるフリーゾーンとなっています。
テラスと新館への入口(北東入口)は京都市動物園角、岡崎二条の交差点に面しており、横断歩道を渡ればそのままこちらに移動可能。
岡崎エリア巡りの際の休憩スポットにもぴったりです。

20191115_114501.jpg


新館の展示室は、まさに「東山キューブ」の名にふさわしい、巨大なホワイトキューブ。現代美術の展示に用いることを考慮し、壁面は塗料の中でも最も白い色のものが使われています。

天井は約5mもあり、巨大なオブジェ作品にも対応。照明も最新設備となっています。
主役となる展示を活かすことを第一に、とことん個性を消した空間ですが、それがかえって外とは良い意味で切り離された、展示に集中できる感覚を生み出しているように感じました。

こちらでのこけら落とし展となる「杉本博司 瑠璃の浄土」ではどのような空間に変化するのか、とても楽しみです。

***

_DSF2086.jpg


リニューアルに当たって新設されたもう一つの建物が、本館前のスロープ広場「京セラスクエア」の角にあるこのガラス張りの三角スペースです。

近年、ロームシアター京都をはじめ岡崎エリアの周辺施設が数多く整備されたことから、敷地の角地部分は美術館と他施設を結ぶ上で重要な場所と考られたスポットです。
エントランスへもつながるバリアフリー動線としてのサブエントランスの役目も持っています。

20191115_115951.jpg


周辺にはスロープが設けられておりバリアフリー対応は勿論、大規模展開催時には待機列スペースにもなる仕様。こちらの仕切りのガラスは非常に透明度の高い特殊なものが用いられており、建物の向こうまで見通せるほど!仕切りがあることを感じさせません。空間の断絶感を失くすための工夫です。

この三角形の建物の入から地下に降りたところはギャラリー「ザ・トライアングル」といい、主に新進の現代作家を紹介するスペースとして活用されます。

なお、こちらもフリーゾーンなので、ガラス・リボン内のショップで買い物だけ利用したい!カフェで一服したい!という方も気軽に展示を鑑賞することができます。

「展覧会を見るため」以外でも、ちょっと近くに来た際に美術館を訪れる、そんな楽しみ方ができそうですね。

***

_DSF1792.jpg


がらりと新しい物にやり替えるのではなく、建物内の倉庫や使われていないスペース、眠っている敷地内のスポットを発掘し、活用すればより色々なことができる。
その設計コンセプト通り、京都市京セラ美術館は、京都市美術館が今まで持っていたポテンシャルを引き出し、時代に合わせた形にアップデートした姿となっていました。

リニューアルオープンは2020年3月21日。そこから美術館がどのような歴史を紡いでいくのか、とても楽しみです!

2019年12月21日からはオープンに先んじてプレイベントも開催されています。
気になる方はぜひ、開館前に一度見に行かれてはいかがでしょうか?

■ 京都市京セラ美術館公式サイトはこちら!:http://kyotocity-kyocera.museum


_DSF2172.jpg


2020年3月21日にリニューアルオープンとなる京都市京セラ美術館。
その建物がついに完成!新しくなった美術館の姿、新たな見どころを、11月15日に行われたプレスレビューの内容も併せて、詳しくレポートします!

《文:そめかわゆみこ|写真=浜中悠樹》

■ 過去のレポートはこちら!
【レポ】《1》京都市京セラ美術館リニューアル!リニューアル内容&オープニング・ラインナップ発表

■ 工事中の様子やインタビューなどの特集はこちら!
京都MUSEUM紀行。Special【京都市美術館 リニューアル特集】



本館編


_DSF1809.jpg


まずは今回のリニューアルを手掛けた青木淳館長自らによるレクチャーから。
美術館が建てられた当時の写真や設計図面なども交えてお話しくださいました。

青木館長がリニューアルに当たって大切にされたのは、建物の外観に手を入れるのではなく、「建物が持っていた潜在的な価値を発掘し直すこと」。

_DSF1803.jpg


京都市京セラ美術館本館の建物は昭和8年(1933)築。日本では現存最古の公立美術館建築です。
開館から約80年を経た建物には、現在では使われていない空間や、見落とされている場所がある。その"隙間"を見つけ出し、現代のニーズや求められる機能に対応しつつ活かす、ということをコンセプトとしたそうです。

_DSF1826.jpg


歴史ある岡崎の地に建つ歴史ある美術館に、新たな歴史の層を加える今回のリニューアル。
それはどのような形になったのでしょうか?


京セラスクエア|ガラス・リボン


_DSF1790.jpg


「建物の潜在的な価値を発掘し直す」。そのコンセプトは来館者が最初に足を踏み入れる場所・エントランスで既に感じられます。

リニューアルにより、入口前には広々としたスロープ広場「京セラスクエア」、そして建物地下に新たにガラス張りの「ガラス・リボン」が構築されました。
今後はこちらのガラス・リボンが本館へのメインエントランスとなります。

_DSF2166.jpg


ガラス・リボンは地面を掘り下げた半地下構造になっているため、建物の元の外観にもほとんど影響を与えていません。
同時に周囲のエリアとも隔たりのない、開放的な空間を生み出しています。
広場が緩やかな坂道になっているところも、自然と外から美術館の中に案内されていくような流れを生んでいます。

_DSF1794.jpg


中に入ってから外を見ると、地上の人がとても近くに見え、外との一体感も感じられます。
北側にはショップが、反対の南側にはカフェスペースが設けられる予定。

_DSF2095.jpg

なお、今までの玄関前は、広場と併せてイベント時の舞台などとして活用できるようになっています。


メインエントランス|中央ホール


_DSF1843.jpg

メインエントランスから奥に進むと、カウンターやクロークがあります。

このスペースは、実は元々建物の創建当初からあった地下室を活用したもの(東西南北に設けられた入口それぞれに設置されていたそうです)。昔は靴をぬいで入館していたので、その際に靴を預かる下足室として使われていたのだとか。(当時は階段のあたりがバックヤードになっていたそうです)

_DSF1844.jpg


重厚な柱上の装飾はその当時のまま!柱の外装や床のタイル(一部)も昔のオリジナルが使われています。

_DSF1845.jpg


ちなみに、一部装飾の無い柱があります。これは昔倉庫だったスペースの名残で、来館者の目には触れないので、装飾が省かれたのだとか。

_DSF1848.jpg


エントランスから大階段を抜けると...

_DSF2100.jpg


本館建物の中心となる大きな中央ホールが広がります。
以前は大陳列室と呼ばれていたエリアで、リニューアル後、来館者はここからさまざまな展示室に移動することができます。本館はどの部屋からもこちらの中央ホールへ抜けられる構造になっているので、もし館内で迷った場合は、まずこちらを目指すといいそうですよ。

_DSF1916.jpg


階段を上がってバルコニーから見るとこんな感じに。窓から自然光が入り、真っ白に統一された壁と相まってとても明るい空間になっています。照明は昔のものと似たデザインで新調されています。

天井の高さは16mもあり、大きな幕や作品も吊り下げることができる仕様になっています。吹き抜けで開放感も抜群です。
吹き抜けは構造上音が響きやすくなるため、吸音材を入れて適度に抑えられています。
こちらの床は元々のフローリング材にできるだけ近いものが使われています。他の部分でも、一部はオリジナルを磨いて再利用されたそうです。
flyer_rurijoudo.jpg
《OPTICKS 008》2018年 ©Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi


新館「東山キューブ」:開館記念展「杉本博司 瑠璃の浄土」


現代アートを紹介することを目的にオープンする新館「東山キューブ」のこけら落としは、写真家・アーティストとして国際的に活躍する杉本博司さんの個展です。

1970年代より大型カメラを用いた高い技術と独自のコンセプトによる写真作品で世界で高い評価を受けてきた杉本さん。古今東西の古美術や歴史資料の蒐集家としても知られる他、建築や舞台演出など幅広い芸術活動を行い、時間の概念や人間の知覚、意識の起源に関する問いを探求し続けられています。

現在ニューヨークと東京に居を構えている杉本さんですが、京都をモチーフにした作品も手掛けられ、大変思い入れ・造詣が深く、これまで幾度となく足を運ばれています。(杉本さんご本人いわく、今年だけでももう20往復したかも、とのこと)

京都市京セラ美術館リニューアル準備室のゼネラルマネージャーを務める高橋信也さんに、杉本さんを招かれた理由をおたずねしたところ、「こけら落としとなる展覧会は、まだ色のついていない状態である新しい美術館に、魂を吹き込むようなものです。それには京都に深い理解と造詣を持つ杉本さんは相応しい方だと思います」というお話を伺いました。

DSCF0308.jpg


記者発表では、京都市京セラ美術館の新館長・青木淳さんと杉本博司さんのミニトーク形式で、展覧会の内容やコンセプトの紹介が行われました。お二人とも以前から親交がおありということで、大変和気藹々とお話されていました。

展覧会「杉本博司 瑠璃の浄土」は、京都市京セラ美術館の立つ岡崎の地にかつて白河院の建てた法勝寺をはじめとする6つの大寺院があったということから発想し、展示を通じてこの地に"仮想の御寺"を構想するというものです。
白河院が御寺を建てた地に建つ美術館のリニューアル展。これにあたり杉本さんは「何をリニューアルすべきか?」を思考し、「日本人の辿ってきた精神性のリニューアル」をひとつのテーマとされたそうです。

白河院の時代(平安末期)は、人々が浄土、すなわち死後の世界を理想郷(ユートピア)と考えていた時代であり、御寺はそのひとつの具現でした。しかし、現代では人々は死後の世界に対しそこまで関心を持っていません。では、現代人にとっての「浄土性」とはどういうものなのでしょうか?
今回の展覧会は、平安時代の御寺に対する一種のコンセプチュアルアートとしての位置づけで、現代人にとっての浄土性、人類が普遍的に求める安寧の形を"仮想の御寺"で表現し、日本人の浄土を求める心のありようを見つめ直そうという試みです。

タイトルにもある「瑠璃」は、ラピスラズリの群青色やガラスそのものとしての意味を持ちます。また、薬師瑠璃光如来という仏様もいることから、仏教・浄土の思想とも繋がり、展覧会を象徴する色となっています。

rurijodo (1).jpg
OPTICKS 008、2018 © Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi


今回展覧会に登場予定の杉本さんの新作写真作品「OPTICKS」はこの色に繋がる作品。
杉本さんの写真作品といえばモノクロームが主体でしたが、こちらは色に注目したものとなっているそうです。

物理学者・ニュートンの著書『光学』の挿絵にあるプリズムの実験を2005年に自宅で再現する試みをして以来、色に対するアプローチを続けていたという杉本さん。近年になって技術の進歩もあり、理想的な色を表現できるようになり「ようやく人に見せられるものになりました」とのこと。
しかもこの展覧会が世界初公開!この貴重な機会に、杉本さんの表現の原点である写真作品の新作をこの目で拝見したいものです。

rurijodo (2).jpg
《法勝寺 瓦》平安時代末~鎌倉時代初期 撮影:小野祐次


ちなみに、杉本さんが今回の展示のお話をいただいた後、コレクションの整理をしていた際に偶然、岡崎にあった白河院の御寺・法勝寺の瓦が出てきたのだそうです。
「実はそれまで持っていたことをすっかり忘れていたんです(笑)でもこれは(展覧会を)やれよ、ってメッセージなのかな、と思って」と杉本さん。

この瓦も展覧会で展示される予定とのこと。
杉本さんと京都と岡崎の歴史、さまざまなご縁が重なって開催される展覧会。開催が待ち遠しいですね!


「杉本博司 瑠璃の浄土」

2020年3月21日(土)~6月14日(日)
京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」




  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗