1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「展覧会レポート」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「展覧会レポート」アーカイブ

flyer_rurijoudo.jpg
《OPTICKS 008》2018年 ©Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi


新館「東山キューブ」:開館記念展「杉本博司 瑠璃の浄土」


現代アートを紹介することを目的にオープンする新館「東山キューブ」のこけら落としは、写真家・アーティストとして国際的に活躍する杉本博司さんの個展です。

1970年代より大型カメラを用いた高い技術と独自のコンセプトによる写真作品で世界で高い評価を受けてきた杉本さん。古今東西の古美術や歴史資料の蒐集家としても知られる他、建築や舞台演出など幅広い芸術活動を行い、時間の概念や人間の知覚、意識の起源に関する問いを探求し続けられています。

現在ニューヨークと東京に居を構えている杉本さんですが、京都をモチーフにした作品も手掛けられ、大変思い入れ・造詣が深く、これまで幾度となく足を運ばれています。(杉本さんご本人いわく、今年だけでももう20往復したかも、とのこと)

京都市京セラ美術館リニューアル準備室のゼネラルマネージャーを務める高橋信也さんに、杉本さんを招かれた理由をおたずねしたところ、「こけら落としとなる展覧会は、まだ色のついていない状態である新しい美術館に、魂を吹き込むようなものです。それには京都に深い理解と造詣を持つ杉本さんは相応しい方だと思います」というお話を伺いました。

DSCF0308.jpg


記者発表では、京都市京セラ美術館の新館長・青木淳さんと杉本博司さんのミニトーク形式で、展覧会の内容やコンセプトの紹介が行われました。お二人とも以前から親交がおありということで、大変和気藹々とお話されていました。

展覧会「杉本博司 瑠璃の浄土」は、京都市京セラ美術館の立つ岡崎の地にかつて白河院の建てた法勝寺をはじめとする6つの大寺院があったということから発想し、展示を通じてこの地に"仮想の御寺"を構想するというものです。
白河院が御寺を建てた地に建つ美術館のリニューアル展。これにあたり杉本さんは「何をリニューアルすべきか?」を思考し、「日本人の辿ってきた精神性のリニューアル」をひとつのテーマとされたそうです。

白河院の時代(平安末期)は、人々が浄土、すなわち死後の世界を理想郷(ユートピア)と考えていた時代であり、御寺はそのひとつの具現でした。しかし、現代では人々は死後の世界に対しそこまで関心を持っていません。では、現代人にとっての「浄土性」とはどういうものなのでしょうか?
今回の展覧会は、平安時代の御寺に対する一種のコンセプチュアルアートとしての位置づけで、現代人にとっての浄土性、人類が普遍的に求める安寧の形を"仮想の御寺"で表現し、日本人の浄土を求める心のありようを見つめ直そうという試みです。

タイトルにもある「瑠璃」は、ラピスラズリの群青色やガラスそのものとしての意味を持ちます。また、薬師瑠璃光如来という仏様もいることから、仏教・浄土の思想とも繋がり、展覧会を象徴する色となっています。

rurijodo (1).jpg
OPTICKS 008、2018 © Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi


今回展覧会に登場予定の杉本さんの新作写真作品「OPTICKS」はこの色に繋がる作品。
杉本さんの写真作品といえばモノクロームが主体でしたが、こちらは色に注目したものとなっているそうです。

物理学者・ニュートンの著書『光学』の挿絵にあるプリズムの実験を2005年に自宅で再現する試みをして以来、色に対するアプローチを続けていたという杉本さん。近年になって技術の進歩もあり、理想的な色を表現できるようになり「ようやく人に見せられるものになりました」とのこと。
しかもこの展覧会が世界初公開!この貴重な機会に、杉本さんの表現の原点である写真作品の新作をこの目で拝見したいものです。

rurijodo (2).jpg
《法勝寺 瓦》平安時代末~鎌倉時代初期 撮影:小野祐次


ちなみに、杉本さんが今回の展示のお話をいただいた後、コレクションの整理をしていた際に偶然、岡崎にあった白河院の御寺・法勝寺の瓦が出てきたのだそうです。
「実はそれまで持っていたことをすっかり忘れていたんです(笑)でもこれは(展覧会を)やれよ、ってメッセージなのかな、と思って」と杉本さん。

この瓦も展覧会で展示される予定とのこと。
杉本さんと京都と岡崎の歴史、さまざまなご縁が重なって開催される展覧会。開催が待ち遠しいですね!


「杉本博司 瑠璃の浄土」

2020年3月21日(土)~6月14日(日)
京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」


2020年3月21日のリニューアル・オープンに向けて、現在準備が進んでいる京都市京セラ美術館(京都市美術館)。そのオープニング・ラインナップが8月28日に公表されました!
こちらに参加してきましたので、プレス発表会の様子やプログラム内容の詳細を、複数回に分けてみっちり!たっぷり!ご紹介します♪


***

やはり気になるのはこけら落としとなるオープニング記念展ですよね!
こちらは、本館ので開催する「京都の美術 250年の夢」と、新館の「杉本博司 瑠璃の浄土」の二本立てで、京都市京セラ美術館の新たな船出を飾ります。

本館:開館記念展「京都の美術 250年の夢」

flyer_250dream.jpg


本館の開館記念展は、オープン直後の3月〜12月まで、3か月スパンの4期構成で行われる一大企画展!京都市美術館のあゆみと共に、「京都の美術」の歴史を辿ろうというものです。

タイトルに「250年」と掲げたのは、京都市美術館のコレクションの基盤である「京都画壇」のスタートは1868年頃からと位置付けているためだそう。1868年は幕末に差し掛かる江戸時代。この頃に活躍していた円山応挙や与謝蕪村らが京都画壇の礎を築いたと考え、そこから明治、戦後を経て現代にいたるまでの約250年を、絵画や工芸など分野を超えたさまざまな美術品を集めて振り返ってみよう!という意図があるそうです。

これまでも「京都の美術」をテーマにした展覧会はいくつか行われてきましたが、時代や分野ごとにわけての紹介が主流でした。今回は分野を横断して展示することで、絵画と工芸の関わりや、その時代全体の潮流など、京都の美術の全貌を総合的に展覧する試みとなっています。

展示品は、京都市美術館のコレクションはもちろんのこと、京都国立博物館や北村美術館、白沙村荘 橋本関雪記念館といった京都の施設、東京国立博物館、宮内庁三の丸尚蔵館など東京の施設、他にも宮城や広島など全国各地の施設から、京都ゆかりの名品が一堂に集結!総計400点以上の作品が登場します。

開館記念展を行えるのは美術館のオープニング直後だけ。施設のこれからの印象や期待にも関わる、一度限りの特別な機会です。同時に、普段は所蔵施設外での展示機会がないような作品も紹介できる大きなチャンスなのだとか!全国に散っていて京都では紹介される機会がなかったような作品も多数登場予定だそうですよ♪


【プロローグ】
最初の一歩:コレクションの原点(2020年3月21日~4月5日)


250dream (2).jpgのサムネール画像
中村大三郎《ピアノ》京都市美術館蔵

開館3年目(1935年)に初開催されたコレクション展「本館所蔵品陳列」を、86年の時を超えて当時のラインナップをそのままに再現!新たな出発を果たす美術館の"最初の一歩"を見つめます。

【第1部】
江戸から明治へ:近代への飛躍(4月18日~6月14日)


250dream (3).jpg250dream(4).jpg
重要文化財 与謝蕪村《鳶・鴉図》 江戸期 北村美術館蔵

京都画壇の源流となった円山応挙の写生画、与謝蕪村の文人画の時代まで遡り、京都の江戸美術の精華を紹介。同時に、幕末の動乱と明治維新という大きな時代の変化を乗り越え、近代化に進む京都の美術の飛躍を紹介します。

【第2部】
明治から昭和へ:京都画壇の隆盛(7月11日~9月6日)

竹内栖鳳や上村松園、橋本関雪らが活躍し、明治から戦前にかけて全盛期を迎えた京都画壇を中心に、浅井忠や福田平八郎、北脇昇らの洋画家たち、個性的で自由な作品を生み出した五代清水六兵衛や河井寛次郎らが中心を担った民芸運動など...正統と革新が織りなす「京都の美術」の懐の深さを紹介します。

【第3部】
戦後から現代へ:未来への挑戦(10月3日~12月6日)

戦後の価値観の転換は、美術においても大きな影響を与えました。ここでは戦後再出発し、1960年代以降に生まれた現代美術やその後の若い作家たちによる伝統の継承や新たな表現と、現代までの多種多様な展開、そして未来へ挑む京都の美術を展観します。

なお、会場はクラシックな内装デザインが特徴的な本館の北回廊1階(第3部は1階&2階)予定。
建築に刻まれた時代に思いを馳せながら、豊かな京都の美術世界をたっぷり味わってみては?

次回は新館のオープニングを飾る杉本博司さんの個展を紹介!
2020年3月21日のリニューアル・オープンに向けて、現在準備が進んでいる京都市京セラ美術館(京都市美術館)。そのオープニング・ラインナップが8月28日に公表されました!
こちらに参加してきましたので、プレス発表会の様子やプログラム内容の詳細を、複数回に分けてみっちり!たっぷり!ご紹介します♪


***

1933年(昭和8)に開館した京都市美術館は、現存する日本最古の公立美術館建築です。しかし80年以上の年月が過ぎ、設備や展示形態、アメニティ施設など様々な問題が浮上。そこでリニューアルに向けた大型プロジェクトがスタートしました。

京都市京セラ美術館のリニューアルに向けた建物の基本設計は青木淳さん・西澤徹夫さんが担当。昭和初期の建築様式や外観を活かしつつ、新たな機能や展示施設を備えた、過去と未来、古さと新しさを併せ持つ美術館として生まれ変わることになります。

DSCF0302.jpg
京都市京セラ美術館 新館長 青木淳さん(建築家)


そして美術館の新館長には、基本設計を担当した建築家・青木淳さんが2019年4月より就任!

代表作として青森県立美術館など多くの文化施設の設計経験を持つ青木さん。京都市京セラ美術館の設計にあたっては「人が集う新たな場所として提案しました」とのこと。

「京都市美術館の建つ岡崎の地は、平安時代は貴族の別荘であり白河天皇らが建立した御寺があった場所。江戸時代には各藩の屋敷が立ち並び、明治時代には内国勧業博覧会の会場となり、平安神宮が建てられ疏水が作られるなど、様々な"層"が重ねられてきた場所です。今回、そこに新たな層を加えることになります」


リニューアルで生まれる新たな展示空間!


DSCF0306.jpg


本館

昭和初期のレトロな建物外観はそのままに、従来から親しまれていた回廊型スペースは美しく整備されます。

honkanrenu (2).jpgコレクションルーム イメージ

本館内には企画展示スペースや、美術団体などの公募展スペース、美術館の収蔵作品を常設する「コレクションルーム」が新設されます。約3か月ごとに入れ替えられますが、春には桜、冬には雪景色といったように、季節に合わせたセレクトで常に美術館が誇る名品が楽しめるようになります。
(有名作品・人気作品は年に一度は公開する予定で計画されているそうです!)

honkanrenu (1).jpg
天の中庭 イメージ


また、これまで非公開だった2つの中庭も開放され、竣工当時の外壁デザインを活かした、展示・イベント空間に。片方はガラス屋根をかけた室内空間「光の広間」、もう片方は屋根のないコートヤード「天の中庭」となります。コレクションルームの一部としてこちらに作品が展示されたり、インスタレーションを展開したり、ワークショップやイベントなどの会場にも使われます。

新館「東山キューブ」

新館「東山キューブ」は、現代美術の他、アニメやマンガ、デザイン、ファッションなどの展示スペース。これまで京都市美術館といえば、日本画や有名な西洋画の巡回展などが中心のイメージでしたが、これまで以上に多彩で幅広いジャンルのアートが集う空間となります。
新刊のこけら落としは、世界的に活躍する写真家・アーティスト、杉本博司さんの個展!(こちらの詳細はまた追記します!)


ガラス・リボン

本館正面には新たにカフェやショップエリアを備えたガラス張りのエントランス「ガラス・リボン」が新設。グッズや展覧会とのコラボメニューなども提供される予定です。
ショップ奥には三角形のミニギャラリー「ザ・トライアングル」も設置され、こちらでは主に新進作家の作品を中心に展示。外からも作品が見えるので"街にアートが染み出す"イメージをしているそうです。

美術館のリニューアルにあたってのコンセプトや、新たな施設についての詳細は、こちらの特集記事でもご紹介していますので、併せてご覧ください♪

京都MUSEUM紀行。Special【京都市美術館 リニューアル特集】


→ 次回はオープニング記念展覧会の詳細をご紹介!!!




  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗