1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

五条のGallery Mainにて開催の浜中悠樹 写真展 「UTSUROI」を観覧してきました。
展示室の中に入るとそこには掛軸のようにしつらえられた作品がずらり。一見すると写真展というより日本画の展覧会に来たような印象を受けます。
作品は全て伊勢和紙に刷られており、和紙ならではのザラっとした質感に、シルエット風に撮影された植物の姿が相まって、まるで絵画のような雰囲気を生み出しています。実際、遠くから見ると繊細なタッチの日本画に、近づいてみてやっと写真だ!とわかるほど。(壁に描いた絵のようにも見えますね)
額装したものも、写真というよりは版画のような感じを受けます。
出展作家の浜中さんによれば、「元々西洋生まれの表現ツールである写真を、日本的に表現してみたかった」とのこと。そのために、日本画で一般的なモチーフである植物を被写体に選び、写真の特徴である立体感や奥行きを極力封じて敢えて平面的な表現を目指したそうです。
曇天の日に撮影することで背景をシンプルな白一色にするところは、日本画でいう「間」の表現を意識。また、花にだけピントを合わせ、背景の枝木をぼかすことで水墨画のような滲みのような色合いを生み出すところはまさに絵画の様相です。
写真は一瞬をリアルに切り取るものというイメージがありましたが、このようなこともできるのだ、と写真の表現の幅広さを感じることができました。
ちなみに、被写体となっている植物は、下鴨神社や京都市立植物園など、京都市内の各所、街中にあるものだそう。つまり、どれも人が剪定などの手入れをしている、人が育てている植物たちです。
「以前は、人の手が入っていない状態こそが自然の美しさと思っていました。でもいざ撮り始めると、京都の街中の植物ばかり撮っていた。人の手が適度に入れられた植物に、美しさや安心感を見意識に見出していたのだと思います。そこに、僕が表現したい"人と自然の共存の美"があった」と浜中さん。
手つかずの自然がもつ、どこか人を寄せ付けない美しさとは違う、人が手入れした自然がもつ日常の中にするりと入り込むような、親しみのある美しさ。作品一枚一枚にそんな温かさを感じられた気がしました。
展覧会は7月15日(月)まで。
詳細:http://www.kyotodeasobo.com/art/search/gallery/gallery-main/UTSUROI
7月3日、京都観世会館で夏の恒例イベント「面白能楽館」の記者発表に参加してきました!

「面白能楽館」は、毎年夏休み時期に合わせて開催されている、能楽に初めて触れる方やお子さんでも楽しめる体験型のイベント。
毎年観世会の若手能楽師さんが中心となって企画を行っており、今回は「お化け屋敷」をテーマに"恐怖の館~のがすまじきぞ~"というタイトルとなっています。
今回は記者発表での説明内容とその様子をご紹介します!

***

20190703_140655.jpg
今回主に企画の説明をしてくださったのは林宗一郎さん('写真中心)
左は京都観世会会長の片山九郎右衛門さんです。


【1】組曲「こんなはずじゃなかった」13:00~(約40分程度)


お化け屋敷と言えば「恐怖」。しかし恐怖といってもその種類や性質は様々です。
第一部では、"外見""内面""景色"とそれぞれ違う恐怖を、
《鉄輪(かなわ)》
《善知鳥》
《恋重荷》
この3つの能楽の演目から"恐怖"の部分をピックアップして紹介。演じ手が次々入れ替わって連続して舞う"組曲(メドレー)"の形式で楽しめます。昔の人が何に怖さを感じていたのかを体験してみては...?


【2】体験コーナー


①謡体験(全員参加)
能楽において語りとBGMを兼ねる欠かせない存在である「謡(うたい)」。これを実際に能楽師さんの指導の下体験します。

ピックアップする演目は、《安達原》。人食い鬼が住むという東北の安達原に一人の旅の僧が訪れ、一人暮らしの老婆の家に宿を求めるのですが、老婆は何かを隠しているようで...

この演目に登場する、怖い効果音のような「地取」と、鬼退治をするお経「真言」の2つの謡を参加者皆で謡います。皆で謡うことでボリュームが上がると怖さも増しそう...!
※こちらは2回に分けての体験となります。イベント参加者全員が参加できます。

②能面&能装束体験(能装束体験は事前申込制)
実際に使われる能面をかけたり能装束を着付けてもらうことができます。
鬼に変身した気分が味わえるかも...?
※能装束体験は既に応募多数のため締切となりました

③ホラールーム
会場2階フロアがホラールーム、能楽の世界を再現したここだけで楽しめるお化け屋敷です。詳しい内容は当日のお楽しみ!
※こちらは事前申込制です。定員に達した場合早期販売終了となります。


【3】能楽《安達原》


最後は《安達原》を実際に観覧!クライマックスの鬼が現れる場面をピックアップして上演します。
なお、今回は特別にライティングを少し落として会場を暗めにし、より怖い雰囲気を増した演出で行われます。

「本来能は野外に作った舞台で行うもの。なので、野外の自然の音や光の加減がそのまま演出になります。その雰囲気を屋内の舞台でもやってみたかった」という林さん。
普段とはちょっと違う試みを体験できるのも、楽しみですね!

20190703_143802.jpg20190703_143914.jpg20190703_143927.jpg

記者発表ではデモンストレーションで実際の舞を見せていただきました!
安達原のクライマックス、隠し通してきた秘密を暴かれ鬼が現れる場面。
時間は短くとも、目の前で繰り広げられる感情の籠った美しい所作や迫力ある謡の声には圧倒されます。

難しいイメージのあった能の世界ですが、先にお話の内容や解説を聞かせていただいていたおかげで、すんなり世界観に入っていくことができました。

イベント当日は、片山九郎右衛門会長自らが演じられる予定です!

「能は参加型の芸能。舞台の人物に観客が感情移入することで楽しむものです。この機会にぜひ参加して、楽しんでもらいたい」と林さん。
わかりやすく楽しく能楽の世界に触れられる機会、一度体験してみてはいかがでしょうか?

このイベントの他にも、演目と縁ある場所での公演や、親しみやすい内容の公演も随時企画されています。京都観世会館は場所も岡崎公園・平安神宮から徒歩すぐなので、興味のある演目を見つけたら、ぜひ一度足を運んでみては♪


crs_ex065.png

6月24日に、細見美術館で開催の「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」内覧会に参加してきました!

タラブックスは、南インドのチェンナイを拠点に活動している出版社。中でも少数民族の芸術(民俗芸術)とコラボレーションしたハンドメイドの絵本やビジュアルブックで世界的に高い評価を受けています。展覧会ではこれまでの代表作から選んだ本や原画など約300点が展示されます(なんと!全て撮影OK!!)
20190624_125709.jpg


最初の第一展示室ではインド中央部に暮らすゴンド族のアーティストと制作した絵本「夜の木」が特集されています。なんと全てシルクスクリーンの手刷!日本を含め8か国語で出版されています(表紙もすべて違う木)

20190624_132858.jpg

木はゴンド族を象徴するモチーフ。例えば、枝葉から楽器を作る木は「うたの木」など、全ての木にそれぞれ違う物語があるのだそう。絵本を作る際にも先に絵を描いてもらい、その木のお話を聞いたうえで本の形にしていったそうです。

20190624_131310.jpg

内覧会で作品解説をしてくださったタラブックス編集長のギータさん(右)は、「彼ら(少数民族)は文字を書けない人も多いが、その内に広い世界や文化を持っていて、それを絵として表現している。彼らとの出会いで文字を書かぬ人々に伝わる豊かな文化がたくさんあること、自分たちの知らない世界がたくさん広がっていることを知ることができました。アートはその人の出自や環境に関わらず生み出されるものなんです」と話してくださいました。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗