1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「祇園祭」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「祇園祭」アーカイブ

7月1日から始まった祇園祭も、宵山、山鉾巡行、神幸祭・還幸祭...と過ぎ、いよいよ終りを迎えようとしています。

7月31日、祇園祭のフィナーレを飾る行事は、「夏越祓(なごしのはらえ)」
八坂神社の中にある「疫神社」の鳥居に大きな茅輪(直径2m!)が設置され、茅輪くぐりをして厄払いをする行事です。
普通、茅輪くぐりをする「夏越祓」は、6月30日前後に行うところが多いのですが、八坂神社の場合は祇園祭のラストに行われるんですね。
(ちなみに、京都では6月30日に「水無月」という和菓子を頂きますがこれもその行事の一環)

この大茅輪くぐりですが、八坂神社の御祭神であるスサノヲノミコト(牛頭天王とされることも有り)が蘇民将来という人の家に泊めてもらい、もてなしてもらったお礼にその後彼の子孫が疫病にかからないように守る約束をします。その際、蘇民将来の子孫だと分かるように、目印として茅輪を授けた、という伝説に由来しています。(疫神社はその蘇民将来をお祀りした神社です)

P1000386.JPGここで「聞き覚えがある」と感じた方もいらっしゃるかと思いますが、この茅輪が後に変化したのが、祇園祭に欠かせないアイテム・厄除け粽なんです。
現在でも、宵山の際に山伏山のお会所では大きな茅輪がありましたし(写真参照)、玄関にさげる茅輪も販売されていました。

元々祇園祭自体が疫病を鎮めて厄を祓う意味を持っていますから、この「夏越祓」は祇園祭の一番古い形を残しているといえる行事なのかもしれませんね。


八坂神社での疫神社夏越祓はまず宮本組など神事に関係する人たちが式典を行い、先に茅輪をくぐります。(お稚児さんも来るらしい)
その後、一般の方も参拝、茅輪をくぐることができます。
茅輪くぐりの後、神主さんにお祓いをしてもらったり、茅を分けてもらったりもできますよ!
勿論、これも厄除け効果があります。

八坂神社では粽や茅輪に欠かせない「蘇民将来子孫也」のお札も販売されるようですので、分けてもらった茅で手作りの茅輪を作って、お守りにしてみるのもいいのでは?
(作り方はその場で教えてもらえるようです)

一ヶ月という長い時間続いた祇園祭も、これで無事終了。
千年以上、このお祭を守り伝えてきた方々には、ただただ頭が下がります。
毎年京都の人はこれで「夏が来た!」と感じ、大文字の送り火で「夏が終わった...」と感じるのだとか。
夏の盛りをしみじみと感じつつ、参加してみては如何でしょうか。


リンク

京都で遊ぼう1周年・特別企 画 「祇園祭 GION-MATSURI 〜京都の街中がミュージアム!〜」


まさに「動く美術館」のパレード・山鉾巡行を見る!

P1000355.JPG
山鉾巡行ルート
いよいよ7月17日は祇園祭のクライマックス・山鉾巡行の日!
各山鉾町から出発した豪華絢爛な山鉾が、お囃子の音と共に京都の街を練り歩きます。
宵山期間中は会所に飾られていた懸装品が取り付けられた山鉾は、まさに「動く美術館」と化します。また、今回は祇園祭がユネスコの世界文化遺産に登録されて、初めての巡行となるそうです。

大まかなスケジュールとしては、9:00ごろに四条烏丸の交差点を出発し、途中で「くじ改め」(巡行の順番を決めるくじを確認する)を行い、河原町通を北上、御池通、新町通へと進んでいきます。

巨大な山鉾が方向転換する「辻回し」は、四条河原町(高島屋前)、河原町御池(京都市役所前)、そして新町御池で計3回行われます。

→巡行ルートはこちら!(2010年7月17日京都新聞)

巡行の順番は、祇園祭特集ページの「山鉾マップ」にも掲載していますので、そちらもご覧下さい!

「巡行を見たいけれど、その場までは行けないなぁ...」という方は、今年からはUSTREAMでも生中継があります!
これなら、全国どこからでも山鉾見物ができちゃいますね。是非ご活用下さい!

【山鉾巡行UST中継が行われるのはこちら!】
御池通(10:30ごろ~)
新町通(11:30ごろ~/KBS京都)


★山鉾の解体も面白い!
山鉾巡行はほぼ午前中一杯で終了。その後、各山鉾町に戻った山鉾は、すぐに、もしくは翌日には解体されてしまいます。
山鉾巡行には、元々街の厄や穢れ(けがれ)を集めるためという役割があるので、集めた厄を留めないようにすぐに解体を行うのです。
解体は早いところは巡行後すぐ、13:00~14:00ごろから始まるところが多いようです。(場所によっては18日、それ以降も有り)
せっかく作ったのにちょっと残念...ですが、この儚さも一種の魅力。ちょっと見に行ってみるのもいいかもしれません。



祇園祭のもう一つ主役、神輿を見る!

派手な山鉾の方がクローズアップされがちですが、本来は神様が乗り込む神輿の方が祭りの主役!
主に、神様を神社から街にお迎えする神幸祭(じんこうさい)、神様を神社へお送りする還幸祭(かんこうさい)の二つが軸となっており、このときには夕方~夜、街中を勇壮に練り歩く神輿の行列を見ることが出来ます。
こちらはいわゆる「暴れ神輿」でとにかく荒々しくてエネルギッシュ。
担ぎ手の若衆たちの誇りとパワーがみなぎる、京都の別の顔を見ることができるはずです。

■神幸祭:17日の18時頃~。
事前に八坂神社で神事を行ったあと、神社正面の石段下を出発。三基の神輿が四条の御旅所まで担がれます(この後、御旅所に神輿は7日間鎮座します)

■還幸祭:24日の17時頃~。
四条御旅所を神輿が出発し、市中を巡って三条御供社(三条会商店街の中)で祭典を行います。
その後八坂神社へ22時~23時に戻ってきます。

リンク

京都で遊ぼう1周年・特別企 画 「祇園祭 GION-MATSURI 〜京都の街中がミュージアム!〜」


7月17日〜18日に京都文化博物館別館で「祇園祭ミュージアムコンサート」が開催されます。

以下、姉妹サイト京都で遊ぼうMUSICからの転載です。


いよいよ京都の町は祇園祭一色!
そんな中、最高潮に盛り上がる今週末、京都文化博物館で開催されるステキなコンサートをご紹介。

100714_no3.jpg
祇園祭ミュージアムコンサート」 (7/17・18開催)
コンサートが開催される京都文化博物館別館は、国の重要文化財ですよ!
http://www.bunpaku.or.jp/index.html

別館は国の重要文化財・旧日本銀行京都支店の建物です。三条通を中心とする「界わい景観整備地区」における景観重要建築物のひとつとして保存公開(入場無料)しています。ホールでは展覧会、音楽会等の文化催事も開催しています。

毎日のように無料のコンサートが開かれていて、音楽が聞こえてきてついつい博物館の中に入ることもしばしばあります。それくらい日常に溶け込んだ、すごく敷居が低い博物館!

祇園祭ミュージアムコンサートとは別ですが、会場(京都文化博物館別館ホール)はこんな感じです。


しかも今回取り上げた「祇園祭ミュージアムコンサート」は、なんとお昼から夜20時まで(!)、一日中音楽を楽しむことができます。
当日のタイムテーブルはこちら。


7月17日(土)
12:30 アールグレイ <Jポップス>
13:00 花とおじさん <60年代オールディーズ>
14:00 ロスアモーレス <ラテンアメリカ音楽>
15:00 THE JUKE BOX <オールディーズ、ポップス>
16:00 サントロペーの仲間たち <シャンソン、カンツォーネ、ラテン>
16:50 くろじん <アコースティック、ポップス>
17:40 Bonappetit(ボナペティ) <MPB、ブラジルポップス>
18:30 LASSiE(ラッシー) <オールドタイムミュージック>
19:00 ヒミツの京子ちゃんパンド<ポップス>
19:30 Purities(ピューリティーズ) <フォークソング、スタンダード等>


7月18日(日)
12:30 Cats and Doll<ジャズコンボ>
13:15 モアニアラ フラ スタジオ&ルアナ<ハワイアン、フラ>
14:00 Cabbage Down(キャベッジダウン)<カントリー&ポップス>
15:00 Drakskip(ドレクスキップ)<オリジナル、北欧伝統音楽>
16:00 ニューサウンズ・コンボ<スタンダードジャズ>
17:00 タンゴ・グレリオ<アルゼンチンタンゴ>
18:00 J・Pickers<アメリカン・フォークソング>
19:00 ニューシャープハードオーケストラ <ジャズ、ポップス、ラテン等>


演奏されるのは、ポップス、オールディーズ、ジャズ、タンゴ...などなどほんとにさまざまなジャンルの音楽で、出演者は、主に京都市内で活動するセミプロ・アマチュアのバンドです。
入場無料なので祇園祭にでかける際に、ふらりと寄ってみてはどうでしょうか(´∀`)


以下、詳細ー。


公演日時

  • 2010年7月17日(土) 12:00~(20:00終演)
  • 2010年7月18日(日) 13:00~(20:00終演)

料金

無料


会場

京都文化博物館別館ホール(京都市中京区)


大きな地図で見る

リンク


オリジナル記事: 【7/17・18】祇園祭ミュージアムコンサート~博物館で一日中音楽に浸ろう!【入場無料】



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗