1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「投稿レポート」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「投稿レポート」アーカイブ

実際の展覧会の様子をご紹介している展覧会レポート。
今回はライターの梅田たけしさんに、こちらの展覧会の感想レポートをお寄せいただきました!梅田さん、どうもありがとうございます!

ぜんぶ!やなせたかし!~ビールの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.~」 @京都国際マンガミュージアム
(2010/10/02-12/26)


「アンパンマン」に込められた作者・やなせたかしの歴史と思い


flyer_yanasetakashi.jpgのサムネール画像のサムネール画像極端な大器晩成型と言おうか、「漫画家やなせたかし」こと柳瀬嵩は、こと漫画に関しては、驚くほど遅咲きだ。

もちろん「アンパンマン」がヒットするまでにも漫画を描く機会はあった。35歳で独立してから描いた四コマ漫画が、ここ国際マンガミュージアムの展示場には所狭しと並ぶ。
私事で恐縮だが、いくら文章を書く機会があっても、それ一本で食べて行けるまでには私も相当苦労している。漫画家やなせたかしが、漫画以外にもテレビや作詞の仕事も来るものはすべてやったというエピソードには、そんな苦悩が裏にはあっただろうことが想像できる。


ところで、ヒット作「アンパンマン」が、やなせたかし50歳の時に晴れて日の目を見るのであるが、この「アンパンマン」という作品には、戦争体験を持つ、やなせたかしのこんな思いが込められているのをご存じだろうか。

「人は傷つかないで正義を行うことはできない」

yanasetakashi-2.jpg会場展示風景(提供・京都国際マンガミュージアム)
アンパンマンの顔が、簡単に取り替えられるものであることは、誰もが知っていることだろう。例えバイキンマンとの闘いで傷ついても、顔を取り替えて元気を取り戻す姿は、皆が目にするシーンだ。
しかし、この、アニメでは当たり前の事情が、漫画ではいささか異なるという事実を知っている人は、稀であろうと思う。まさに、その、顔を取り替えるという行為において、やなせたかしの信条が、はっきりと現れているのである。

アンパンマンは、例えその顔が傷ついても、町のみんなに残りの顔を全部食べてもらわないと顔を新しくすることができない。これが、「アンパンマン」という漫画に、やなせたかしが込めた思いなのである。


今回の「やなせたかし展」では、順路に従って、漫画家やなせたかしの歴史が、写真などとともに紹介されていた。しかし、代表作である「アンパンマン」にも、いや、代表作だからこそなおさら、漫画家であるとともに一人の人間としてのその歴史が、色濃やかに、反映されているのが見て取れた。いつの時代も「表現者」は、無意識であっても己を作品の中に込めてしまうものなのだなあと、そんなことを考えていた。


文責:梅田たけし 編集:京都で遊ぼうART

ぜんぶ!やなせたかし!~ビールの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.~」展は、12/26(日)まで開催されています。
現在90歳を超えるご高齢ながら、いつまでも「表現者」として精力的に創作活動をされているやなせたかし先生。その作品の中には、常に人生経験に裏打ちされた共通した思いがあるのでしょう。
この展覧会は、「やなせたかし」という一人の人間の人生を辿る旅、ともいえるのかもしれません。

ミュージアムではお子さんも参加できる関連イベントも色々企画されています。この週末やクリスマス時期に、親子でお出かけしてみるのも良いかもしれませんね!
(イベント情報は展覧会のご紹介ページに掲載しています)

関連リンク

ぜんぶ!やなせたかし!~ビールの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.~
京都国際マンガミュージアム

梅田たけしさんのブログ「人生ほーろー記」

★「京都で遊ぼうART」に参加してみませんか?
京都で遊ぼうARTでは展覧会や施設の感想や、京都のアート情報の紹介を随時募集しています。
展覧会や施設に行ってみた方、生の感想を是非お寄せ下さい!
また、アートイベントや展覧会の開催情報など、アーティストさんや主催者さんなどからの掲載依頼も随時受け付け中です!

ボランティアライターに関する詳細はこちら
お問合せについてはこちら


実際の展覧会の様子をご紹介している展覧会レポート。
今回はlicoluiseさんに、こちらの展覧会の感想レポートをお寄せいただきました!licoluiseさん、どうもありがとうございます!

「上村松園展」 @京都国立近代美術館
(2010/11/02-12/12)


上村松園展に行ってきました。


repo_shoen11.jpg 「花がたみ」
(大正4年/1914、松伯美術館蔵)
11月22日(月)、本来なら休館日の月曜日ですが、24日に展示替えのため、開館です。

秋の京都で松園展、しかも開館時間の延長なし!
東京での評判も踏まえてもありえない!!

と思っておりましたが、どうしても私と松園の出会いの絵である「花がたみ」(何度観ても良い!)と今回のお目当ての「焔」には会いに行かねば。

twitterのお蔭で、夕方が比較的空いているということで、午後3時に入りました。
圧倒的なのはやはり「序の舞」。
その作品の大きさ、緊張感がびしびし伝わってきます。

homura_shoen.jpg「焔」(大正7年/1918、東京国立博物館蔵)
松園の作品は、着物の模様がすばらしく綺麗、薄手の着物や羽織りものや御簾の透け感が松園ならではの技量です。一気に引いたと思われる線の力量(これは日曜美術館でも銅版画家が言ってましたね)、実際に観るとまさにまさにです。
伝わってくるのは、京女の内に秘めたる凛とした強さと気品です。これは他の画家では描けない実体験でしょう。

これだけの松園の作品を一気に観られるのは、私の生涯ではもうないと感じました。
後期にまたでかけるのが楽しみです。後期は前期見られなかった絵だけを集中的に見るつもりです。


文責:licoluise 編集:京都で遊ぼうART

上村松園展は、12/12(日)まで開催されています。
25日からは後期展示が開始されました。
『序の舞』は残念ながら前期のみの展示でしたので入れ替わってしまっていますが、文章にも出てきた『焔』や『草紙洗小町』など、代表作が新たに展示されています!
前期に足を運ばれた方も、後期の方がお目当て!という方も、噂を聞いて気になっている...という方も、是非足を運んでみて下さいね。

licoluiseさんの仰っている通り、この規模で上村松園の作品を(それも代表作ばかり)一気に見ることが出来る機会はこの先はほとんどないかも...お見逃し無く!
(twitterでも#shoen2010のハッシュタグで上村松園展の情報が分かりますので、ご活用下さい)

なお、上村松園展については、より展覧会が楽しめる特集記事や、「京都で遊ぼうART」スタッフのレポートも掲載しておりますので、併せてご覧下さい。

★「京都で遊ぼうART」に参加してみませんか?
京都で遊ぼうARTでは展覧会や施設の感想や、京都のアート情報の紹介を随時募集しています。
展覧会や施設に行ってみた方、生の感想を是非お寄せ下さい!
また、アートイベントや展覧会の開催情報など、アーティストさんや主催者さんなどからの掲載依頼も随時受け付け中です!

ボランティアライターに関する詳細はこちら
お問合せについてはこちら


関連リンク

上村松園展特集ページ 「松園の前に松園無く、松園の後に松園無し」
京都ゆかりの作家「上村松園」
京遊×橋本関雪記念館 白沙村荘の庭から 第七回
【速報レポート】「上村松園展」(京都国立近代美術館)に一足早く行ってきました!

上村松園展
京都国立近代美術館
実際の展覧会・イベントの様子をご紹介しているレポートコーナー。
今回は、ボランティアライターのアカサカさんより、秋の京都のアートなイベント&展覧会のレポートを頂きました!

アカサカさんのレポート記事
「あれ?もみじは?ないちにち」

そのいち窯元大陶器市 もみじまつり
→ 東福寺や泉涌寺近辺にある、「青窯会窯」の陶器市イベント。この近辺は、清水五条坂と並ぶ京焼の代表的な生産場所になっています。ユニークな作品や町並みの様子など、ご紹介してくださってます!

そのに「メイキング・ワークショップ2011 ECO/DECO」「猫の宴 in 京町家」))
→ ArtNewsでご紹介していた展覧会イベント2件にはしごして下さいました!

まさに京都で過ごすアートな1日。実に羨ましいです...
こんな休日、過ごしてみたい!と思いたくなるレポート。
今度のお休みは、京都で芸術の秋を楽しむ1日、なんていかがですか?

アカサカさん、レポートのご提供ありがとうございました!

関連リンク

窯元大陶器市 もみじまつり
「メイキング・ワークショップ2011 ECO/DECO」(京都文化博物館)
「猫の宴 in 京町家」(嶋臺/しまだい)
アカサカさんのブログ「さいきんてあのね」


★「京都で遊ぼうART」に参加してみませんか?
京都で遊ぼうARTでは展覧会や施設の感想や、京都のアート情報の紹介を随時募集しています。
展覧会やイベント、施設に行ってみた方、生の感想を是非お寄せ下さい!
また、アートイベントや展覧会の開催情報など、アーティストさんや主催者さんなどからの掲載依頼も随時受け付け中です!

ボランティアライターに関する詳細はこちら
お問合せについてはこちら

  


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗