1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「投稿レポート」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「投稿レポート」アーカイブ

実際の展覧会の様子をご紹介している展覧会レポート。
今回はライターのkeiko.hさんに、こちらの展覧会の感想レポートをお寄せいただきました!
どうもありがとうございます!

ぜんぶ!やなせたかし!~ビールの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.~」 @京都国際マンガミュージアム
(2010/10/02-12/26)




flyer_yanasetakashi.jpg 入り口を通るとすぐ目に入る、白いパネル地に黒で書かれた文字。

なんのために うまれて なにをして いきるのか
こたえられないなんて そんなのは いやだ!

この一節を聞いたことのある人は多いでしょう。 そう、やなせたかしさんの代表作『アンパンマン』のアニメ主題歌、『アンパンマーチ』の一節です。

京都国際マンガミュージアムの「ぜんぶ!やなせたかし!」展に行ってきました。

やなせさんの原点!パントマイム漫画


展覧会名にある通り、この展覧会では『アンパンマン』だけでない、やなせさんのマルチな才能あふれる作品に触れることが出来ました。
たくさんの漫画、絵本、詩、歌詞、抒情画...。
詩集くらいは読んだことがありましたが、やはりアンパンマンのイメージを強く持っていた私は、やなせワールドの広さにただただ驚くばかりでした。

中でも私が特に面白いと感じたのは、やなせさんの原点とも言えるパントマイム漫画、『ビールの王様』。キリンビールのPRとして描かれた、言葉なしの4コマ漫画です。
身体の丸いフォルムが可愛い「ビールの王様」が登場し、 どれを読んでもクスッと笑わせてくれました。
作品横の説明によると、やなせさんがプロの漫画家として最初から認められたのはこの漫画で、やなせさんはパントマイム漫画こそ漫画の原点だと信じられていたそうです。

他に、何をしても上手くいかない...という気の毒さが面白い「泣きツラのカレ氏」という漫画など、面白い漫画が多くて展示されている漫画1つ1つを立ったままじーっと読んでしまいました(笑)。

アンパンマンの本質


あまりにも有名なヒーロー、アンパンマン。 その作品を展示しているコーナーに、「アンパンマンの本質」と題された説明書きがあり、以下のような引用がありました。

自分が死ぬことによって 他を生かす。 それがぼくの使命なのだ。
ぼくは死ぬるが その生命は他者の中で生きる。
ぼくは飢えた人を 救うのではなく、 飢えた人の中に ぼくが生きるのだ。

(やなせたかし著『熱血メルヘン 怪傑アンパンマン』1977年、サンリオより)

アンパンマンの本質には、戦争経験者でもあるやなせさんの考えを読み取ることが出来ると思います。

傷つくことなしに、犠牲を払うことなしに正義は行われない。
だからヒーローは、どこまでも飛んでゆくのだと。

やなせさんは、スーパーマンのような「強い」ヒーローに疑問を感じてらっしゃったそうです。
怪獣と戦ったりするのは本当に正義の戦いなのか。自分の生活を守ってくれる人が正義の味方なのではないか。そう考え、お腹を空かしているときに助けてくれる、地味な正義の味方を描きたかったそうです。

アンパンマンが子供を始め多くの人を魅了するのは、単なる表面的な「強さ」を持っているからではなく、傷つく弱さを自覚した上で犠牲を払える「強さ」を持っているからなのかもしれません。

こんな風に考えながら、展示されていた原画『渚のアンパンマン』には思わず見入ってしまいました。
夜の海の上をアンパンマンが一人で飛んでいる絵です。 いつも賑やかに囲まれているアンパンマンの珍しく孤独な姿ですが、その顔は笑顔。 その表情に優しさだけでなく、1人でどこまでも飛んでゆく強さというか、ヒーローの貫禄のようなものを感じました。
アンパンマン...深いですね。

この展覧会の終盤で見た、やなせさん直筆の言葉が印象的でした。

「生きることにまだ飽きない もっと生きたい ジタバタしたい」
「人生なんて夢だけど 夢の中にも夢がある」

本当に生きるパワーがもらえます!

最後にもう一度、『アンパンマンマーチ』から引用したいと思います。

ときは はやく すぎる  ひかる ほしは きえる
だから きみはいくんだ ほほえんで

あまりにもシンプルな言葉。 だからこそ、心にダイレクトに響いてきます。

文責:keiko.h 編集:京都で遊ぼうART

90歳を越えた今も精力的に活動を続けていらっしゃるやなせさん。
その重ねた人生の分、シンプルな言葉のもつ重みは計り知れません。
人の生きるためのエッセンスも、この展覧会には込められているのではないでしょうか。

ぜんぶ!やなせたかし!~ビールの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.~」展は、いよいよ今週末・12/26(日)まで!
まだの方は、お急ぎ下さい!

関連リンク

ぜんぶ!やなせたかし!~ビールの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.~
京都国際マンガミュージアム


★「京都で遊ぼうART」に参加してみませんか?
京都で遊ぼうARTでは展覧会や施設の感想や、京都のアート情報の紹介を随時募集しています。
展覧会や施設に行ってみた方、生の感想を是非お寄せ下さい!
また、アートイベントや展覧会の開催情報など、アーティストさんや主催者さんなどからの掲載依頼も随時受け付け中です!

ボランティアライターに関する詳細はこちら
お問合せについてはこちら

実際の展覧会の様子をご紹介している展覧会レポート。
今回はひるやまさんに、京都芸術センターで行われた「アーティスト・イン・レジデンス2010」の感想レポートをお寄せいただきました!
ひるやまさん、どうもありがとうございます!


Kyoto Art Center Artist Residence Program 2010
「Kyoto Dinner Experiments A Scandinavian Observation
Bettina Hvidevold Hystad & Simon Torssell Lerin」
京都芸術センター(2010/12/11 - 12/19)

photo_John&Sasha 007.jpg

アーティスト・イン・レジデンスとは?

アーティスト・イン・レジデンスとは、芸術制作を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながらの作品制作を行わせる事業のことだ。
今回、京都芸術センターに招聘されたのが、ノルウェー出身のベティーナとスウェーデン出身のシモン。この二人は、約3ヶ月間にわたり京都の人と魚料理を作り、食卓を囲んだ。

ベティーナとシモンの「魚料理」プロジェクト―「食」を通じた国際交流

なぜ魚料理なのか?日本人と北欧人が共通してよく食すのが、「魚」であるからだそうだ。そんなプロジェクトの様子が、京都芸術センターのギャラリー南に展示してある。

ギャラリーには、ベティーナ・シモンと共にこのプロジェクトを作り上げた参加者の写真が展示してあった。皆良い笑顔だ。「料理する」ことが苦痛な人はよく見かけるが、「食べる」ことが苦痛だという人はなかなかいない。食卓に並べられた料理を前にすると、どんな人でも顔を緩ませずにはいられないのだ。

その隣には、参加者とベティーナ・シモンが作った魚料理のレシピが掲載してある。日本の魚料理、北欧の魚料理、さらには、日本と北欧のハイブリッド魚料理...「料理する」ことが好きな人にとっては、たまらないだろう。

そして、ギャラリーの真ん中に佇む大きな白いオブジェ。京都芸術センターのギャラリーは真っ白なので、ぱっと見ただけでは、山のあるオブジェのようにしか見えない。よく注意して見てみると、五重塔、ムーミン、万里の長城、自由の女神などが置いてあった。なるほど、日本には五重塔があり、ムーミンはフィンランドが生みだしたキャラクターである。そして、万里の長城は中国、自由の女神はアメリカにある。この大きな白いオブジェは、世界をあらわしているのだ。

「食」というものは、人間の普遍的行為だ。文化や言葉は違えども、どの国の人でも「食」は共通のものなのである。人間は、「食」を共にすることで精神的距離が縮まると言われているが、国境を越えてもそれは実現できるのだ。「食」を通じての国際交流というのも、なかなか悪くない。

私は「食べる」ことが好きなので、今回の展覧会を、首を長くして待っていた。ギャラリーを後にした後、案の定お腹が空いてきた。


文責:ひるやま 編集:京都で遊ぼうART


このイベント自体は残念ながら既に終了しています。 しかし「アーティスト・イン・レジデンス」は京都芸術センターで毎年開催されている事業企画で、海外のアーティストさんが京都の人々と触れ合いながら、その事業ならではの様々な作品制作やパフォーマンス活動などを行っています。 海外のアーティストと交流できる機会も用意されているので、随時チェックしてみて下さい!
★「京都で遊ぼうART」に参加してみませんか?
京都で遊ぼうARTでは展覧会や施設の感想や、京都のアート情報の紹介を随時募集しています。
展覧会や施設に行ってみた方、生の感想を是非お寄せ下さい!
また、アートイベントや展覧会の開催情報など、アーティストさんや主催者さんなどからの掲載依頼も随時受け付け中です!

ボランティアライターに関する詳細はこちら
お問合せについてはこちら

関連リンク

京都芸術センター

京都芸術センター「Artist in Residence Program 2010―Bettina and Simon」

実際の展覧会・イベントの様子をご紹介しているレポートコーナー。

今回は、ボランティアライターのアカサカさんより、11月27日~12月26日に美術館「えき」KYOTOで行われた「誕生100年 ローズオニールキューピー展」のレポートを頂戴しました。
アカサカさん、ありがとうございました!

アカサカさんのレポート記事「ぺんときゅーぴー」

flyer_kewpie_01_01.jpg

レポート記事はこちら!

普段は雑貨を手がけていらっしゃるアカサカさんならではの視点での考察、大変興味深いです!
(他にもちょっとした待ち歩き情報も掲載してくださっているのでご参考に。京都駅のクリスマスツリーはちょっとした名物になっていますよね)

会場でローズオニールキューピー誕生100周年記念のオリジナルグッズも販売されているそうですよ。足を運ぶ際に、作品と一緒にご確認くださいませ。

誕生100年 ローズオニールキューピー展」の開催は今週末・12/26までです。
クリスマスにもぴったりの展覧会、まだ見ていないという方は、お急ぎください!


関連リンク

誕生100年 ローズオニールキューピー展

美術館「えき」KYOTO

アカサカさんのブログ「さいきんてあのね」

★「京都で遊ぼうART」に参加してみませんか?
京都で遊ぼうARTでは展覧会や施設の感想や、京都のアート情報の紹介を随時募集しています。
展覧会やイベント、施設に行ってみた方、生の感想を是非お寄せ下さい!
また、アートイベントや展覧会の開催情報など、アーティストさんや主催者さんなどからの掲載依頼も随時受け付け中です!

ボランティアライターに関する詳細はこちら
お問合せについてはこちら
 


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗