1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「お知らせ」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「お知らせ」アーカイブ

10月15日~11月27日に京都国立博物館で開催される特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」の内覧会に行ってまいりました!

前回の記者発表についてはこちら(Facebook)

ryoma150 (1).jpg 実は本日10月14・15日は、約150年前に大政奉還の行われた日。徳川慶喜が政権を朝廷に返す大政奉還を宣言し、翌日朝廷がそれを受理したという歴史的な日です。
坂本龍馬はその大政奉還に大きく関わった幕末を代表する偉人。
その展覧会がこの日にスタートするということに何か感慨深いものを感じさせます。

「龍馬は新しい日本の在り方を目指し、奔走した立役者。150年前を思い返しながら、龍馬の功績を振り返ってみてほしいと思います」(佐々木丞平館長)

*****

来年が大政奉還、そして龍馬が没して150年目にあたることを機に開催される今回の展覧会では、龍馬が残した手紙を中心に、約200点が展示されます。
現在残っている・存在がわかっている龍馬の手紙はおよそ140点。展覧会ではそのうち72点(展示替含む)が登場。展示される手紙は、まだ江戸に剣術修行に出たばかりの若かりしころのものから、亡くなる直前のものまでがそろっています。

一般に昔の人の手紙は何を書いているかわからず、難しい、面白くない...と思われがちですが、この展覧会ではほぼ全ての手紙に書き下しや内容の解説パネルが添えられており、楽しく読むことができます。

「龍馬の手紙は、例え話が多かったり、擬音語を多用していたり、今も聞くような言葉も使っていたりと、親しみやすいものが多いんですよ」と仰るのは、今回の展示企画を担当した宮川禎一先生。

ryoma150 (17).jpgあて先も、兄・権平や姉・乙女ら故郷の家族から、海援隊の仲間たちや桂小五郎ら幕末の志士たち、そして妻のおりょうなどさまざま。内容も薩長同盟や大政奉還といった大仕事を目の前にした大変緊迫した状況を伝えるものから、日々のことをイラストなどを交えてユーモアたっぷりに伝えるものまで幅広くあります。

「手紙を読んでいると、龍馬は人に心配りができ、基本的に楽天的で、"話せばわかる"という精神を持っていたことがわかります。龍馬は手紙のなかに生きているんです」(宮川先生)

ryoma150 (28).jpg手紙のほかにも、龍馬が剣術・武術の修行で得た免状や、雑記帳(メモ帳)や日誌、実際に使用していた湯飲みや着物(着物は京都展のみ)といった遺品類、近江屋で暗殺された際に部屋にあった掛軸や屏風幕末の様相を描いた瓦版や錦絵など、さまざまな資料が並び、色々な角度から坂本龍馬という人と彼の生きた時代をたどることができます。
また、近年NHKのバラエティ番組内で見つかったことで話題となった龍馬の手紙「越行の記」など、新発見に基づくものが多数登場しています。

ryoma150 (25).jpgそして今回の展覧会では、京都国立博物館が所蔵している龍馬の刀「銘吉行」「銘 山城国西陳住埋忠明寿作」と、昨年新たに発見された龍馬佩用の脇差が、3振りそろって公開されます。
この3振りがそろうのは、1929年に行われた展覧会以来87年ぶり。京都展のみの限定公開です。
刀はこの他にも、龍馬の友人であった武市半平太が使用していたものや、大政奉還の後、京都で英国公使が襲われた「パークス事件」で使われた襲撃犯と警護者双方の刀なども登場します。

坂本龍馬は本当はどんな人だったのか、彼が生きた幕末はどのような時代であったのか。
新たな一面や魅力に出会える展覧会です。

※ちなみに、音声ガイドは歌舞伎役者の尾上松也さんが担当。龍馬の手紙の朗読もあり!

フォトレポート(Facebook)はこちら


展覧会の詳細はこちら

いつも「京都で遊ぼうART」をご覧頂きまして、ありがとうございます。
「京都で遊ぼうART」運営事務局では、以下の期間、誠に勝手ながら年末年始休業とさせて頂きます。

2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)

この期間に頂きましたお問合せにつきましては、1月5日(月)以降の対応となります。
ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。
※なお、掲載のご依頼につきましては12月24日以降頂戴致しましたものにつきましては
 手続きの都合上、年明け以降の対応とさせていただきます。ご了承くださいませ。

2014年も「京都で遊ぼうART」をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
2015年もスタッフ一堂、よりよいサイトを目指して頑張ってまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
京都に今年も芸術の秋がやってきました!
2014年秋の京都は注目の展覧会やアートイベントが盛りだくさん。日中も過ごしやすくなってきたお出かけ日和の時期に、ぜひチェックしておきたい展覧会をピックアップしてご紹介します。
アートを楽しむ京都の一日、この機会にいかがですか?

*****

第1回目の注目スポットは、岡崎公園
京都でも美術館やギャラリー、イベント会場が集まる文化ゾーンです。
今年は向かい合う京都市美術館と京都国立近代美術館がともに「ジャポニスム」に関する展覧会を開催します。(別に打ち合わせたわけではなく、同時期の開催となったのは本当に偶然だそう)
相互割引も行われるので、つながりのあるテーマ同士、はしごで行ってみるのもありかも?


ホイッスラー展

京都国立近代美術館 2014年9月13日~11月16日

flyer_whistler2014.jpg



ホイッスラーは、19世紀末~20世紀初頭にかけて活躍したアメリカ人画家。印象派とほぼ同時期の人で、イギリスやフランスを拠点にしていたこともあってモネらとも親しくしていたそうです。

このホイッスラーが主張していたのが「唯美主義」です。
それまでの西洋美術は歴史の一場面や宗教の物語などを題材にしたものが主流で、画面にキーアイテムを描いて何かしらの意味を暗示したり、といったことがよくありました。しかし、ホイッスラーは「絵画は教訓を伝えるためにあるものではない」とそれを否定。端的にいえば、物語性の有無は絵自体の美しさとは関係ない!ということを唱えたのです。

つまり、ホイッスラーの絵を見るときに、この絵の背景にはこういう物語が...この仕草はこういうことの暗示で...タイトルからして...といったことは考えなくてもよし。素直に絵の美しさや面白さを楽しめばよいのです。(そもそも、ホイッスラーは絵と全く関係のないタイトルをつけてそこの関連性を否定しています)

ホイッスラーがより美しい絵を描くために自らの画風において大切にしたのは、色の配色やコントラスト、そして構図のとり方でした。この点には、日本の美術が大いに影響を与えています。また、ホイッスラーは随所に日本の絵団扇や着物などもモチーフとして描きこんでいます。そのため、ホイッスラーは「ジャポニスムの巨匠」としても知られています。

日本美術のどこにホイッスラーが惹かれたのか、ホイッスラーにとっての「ジャポニスム」を絵の中に探して見ると、より楽しめるかもしれません。

学芸員さんにお伺いしたところ、絵そのものだけでなくサインの仕方も日本を意識したものなのだとか。日本の花押にインスピレーションを受けてデザインした絵のようなサイン、ぜひ会場で探して見てください。

■ 「ホイッスラー展」の詳細についてはこちら


ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

京都市美術館 2014年9月30日~11月30日

flyer_japonism-boston.jpg

そもそもジャポニスムってなに?という方は、まずこちらの展覧会から見るとよりわかりやすいかも!
10万点を超える充実した日本美術コレクションと印象派のコレクションで有名なアメリカ・ボストン美術館から、「ジャポニスム」をテーマに選んだ約150点の作品を一挙公開する展覧会です。

ジャポニスムとは19世紀末~20世紀はじめにかけて、日本の美術品が欧米で大流行した現象のこと。この展覧会では、最初期の作品からはじまり、モチーフや主題ごとに作品をわけてジャポニスムの広がりや影響を紹介しています。

この展覧会は、西洋の作品と、それに関係のある浮世絵などの日本の作品を一緒に展示しているところがポイント。両方見比べて、似ているところや影響しているところを探して見るとより楽しめますよ!
工芸品なども、日本の技法をなんとか再現しようと苦心している様子が伺えたり...また、日本では道具として考えられていたものが欧米では「素敵なデザイン!」ととらえられていたり。
欧米と日本の視点の違いや、影響の大きさを実際の作品を通して感じられる展覧会です。
西洋と日本の絵や工芸品を色々まとめて見られるところも、最後まで飽きずに楽しめるポイントかもしれません(笑)

展覧会グッズも気合が入った品々がいっぱい!モネの「ラ・ジャポネーズ」とリラックマのまさかのコラボレーションなどは必見ですよ!

「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」についてはこちら

■ 展覧会の内覧会フォトレポートはこちら(Facebookページ)



岡崎公園アートフェスティバル 2014
artDive 2014

岡崎公園アートフェスティバル:2014 2014年10月11日・12日
artDive 2014:2014年10月25日・26日
ともに みやこめっせ(京都市勧業館)

秋はイベントも多数開催される時期!
みやこめっせでは2週続けて、大型のアートフェアが開催されます。
作家さん本人がブースを出店し、自分の作品を展示販売するアートフェアは、手ごろな価格でアート作品をゲットできたり、普段なかなか出会う機会の少ない作家さんと直接交流ができるチャンス。
この機会に、素敵なアートに出会ってみてください!
美味しい手づくりお菓子などが楽しめたり、ワークショップで実際に作品を作ったり、ライブパフォーマンスを見たり、楽しみ方は色々ですよ。

《岡崎公園アートフェスティバル2014》
2日間に渡り、アート&クラフト作品を作家本人が直接展示・販売します。ジャンルは不問、ベテラン作家から若手アーティストまで多彩な作品が並びます。
手作りワークショップや飲食ブースもあり。貴方の暮らしを彩るアート&クラフトを見つけてください! http://okazakipark-artfes.net/


《artDive 2014》
2009年から開催されている、若手アーティスト限定のアートフェア。出展数はなんと500!関西でも最大級の規模になっています。
絵画や写真、オブジェなどハイクオリティなアートから、手軽に暮らしに取り入れられるポストカード、雑貨やアクセサリーまで幅広いラインナップ。展示を見るだけでも、ギャラリーをめぐっているような感覚で楽しめます。作家さんが直接指導してくれるワークショップ(予約制)や、実際にその場で絵が出来上がっていく過程を見られるライブペインティングも開催されます!
http://www.artdive.net/

■ その他のアートフェア・手づくり市イベントについてはこちら
 → 【特集】京都の手づくり市まとめ



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗