1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「お知らせ」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「お知らせ」アーカイブ

好評頂いている京都で遊ぼうARTの iPhone アプリが、新しい機能「地図から探す」を追加してバージョンアップしました!


app-map.gif

「地図から探す」でできること。


「地図から探す」機能では、地図上に展覧会の開催場所がピンで表示されます。
これから行く目的地の近くで開催されている展覧会を簡単に探すことができるんです!

また、GPS機能を使えば、現在自分がいる場所を地図上に表示することも可能
現在地の近くの展覧会を簡単に見つけることができますよ!

「京都駅から近い展覧会はどこ?」
「ちょっと時間が余っちゃった。。。私の居る場所の近くで展覧会やってないかな?」

こんなシーンにぴったりです。

もちろん、今までどおりタイトルから展覧会を探すこともできますので、開催地の場所をを確認したりするのに使ってもいいかもしれませんね。


アプリはこれまでどおり無料で提供!

アプリはこれまでどおり、無料でご利用いただけます。
まだインストールをされていない方は、この機会にぜひダウンロードしてみてください!
既にアプリをインストールされている方は、アップデートを行っていただければ機能が追加されますので、紹介ページへアクセスしてみてくださいね!

iPhone アプリは今後も随時バージョンアップしていく予定です。
今後の開発にも役立てさせていただきたく思いますので、
ぜひ、Twitter や App Store のレビューで、ご意見やご要望をお寄せください。お待ちしてます!

今後も「京都で遊ぼうART」をどうぞよろしくお願いします!


ダウンロードはこちらから!

matsudaira02.jpg

「京都で遊ぼうART」と関西の美大生団体「SHAKE ART!」によるコラボ企画「KYOTO NEW WAVE」。
京都で新しいアートの波を生み出す旬の若手アーティストをご紹介していくインタビュー連載です!

好評だった第一回に引き続き、第二回目が更新されました!
今回は京都市立芸術大学で日本画を学ぶ、松平莉奈さん。
日本画、そして自分としっかりと向き合うその姿勢には感銘を受けます。
きっと何か刺激がもらえるはず!今回も大変読み応えのある内容になっておりますので、ぜひご一読ください。
作品も紹介していますよ!

京都で輝くフレッシュなアートの才能から目が離せません!

今後もKYOTO NEW WAVEは、月一、二回程度のペースで連載していく予定です。
どうぞお楽しみに!

KYOTO NEW WAVE へ!


CIMG1314.JPG4月20日(水)から京都高島屋で始まった「生誕120年河井寛次郎 生命の歓喜」展。
こちらの公開初日に、早速スタッフSが行って参りました!

今回の展覧会は、大正~昭和にかけて京都を拠点に活躍した陶芸家・河井寛次郎の生誕120年記念の回顧展。
これまで、東京、大阪と巡回してきましたが、いよいよホームタウン・京都での開催です!
初日から会場はかなりの賑わい。沢山の方がいらっしゃっていました。


kanjiro120-2この日には、ちょうど河井寛次郎記念館の学芸員、鷺珠江さんによるギャラリートークが開催されていました。鷺さんは河井寛次郎のお孫さんでもあります。(いつも「京都で遊ぼうART」では何かとお世話になっています...!)
この展覧会の企画は鷺さんが全面的に担当されたのだそう。つまり河井寛次郎記念館の全面プロデュース展なんです!
また、会場となっている高島屋も、寛次郎が初めての個展から最後の展覧会まで、ずっと会場にしてきた場所なのだそうです。
(その際に出会った高島屋美術部の川勝堅一さんとはその後40年以上もパートナー関係になっていたそう。川勝さんはその後寛次郎作品の一大コレクターとなり、コレクションは現在「川勝コレクション」として京都国立近代美術館に収められています)


展覧会は「技」「暮らし」「交わり」「生命」「造形」「祈り」の六つのテーマで構成されています。
企画を考える上で鷺さんが意識したのは、寛次郎の生き方や暮らしぶりなど、「河井寛次郎」その人をどのように伝えるか、だったそう。
一応、全体の順序は若いころから晩年までの流れにそった形になっているのですが、その作風の変化と共に、寛次郎がどのような考えで作品を作っていたのか、どんな人だったのかが、テーマを追っていくと確かに見えてきます。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗