1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「お知らせ」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「お知らせ」アーカイブ

夏休み、いかがお過ごしですか?節電が叫ばれる今年の夏、それでも暑い!そんなときは、美術館で涼むのはいかがでしょうか。
今回は、相国寺承天閣美術館で開催されている「ハンブルク浮世絵コレクション展」に行ってきました!

ukiyoe-1.jpg

この展覧会は、ドイツの北部にあるハンブルク美術工芸博物館に所蔵されている5,000点以上にも登る浮世絵コレクションのなかから、前期100点・後期100点の計200点を選りすぐって日本で「里帰り」公開しているもの。

約150年前、この博物館の初代館長だったユストゥス・ブリンクマンさんという方がウィーン万博で日本美術に出会い、その表現や職人の技術に大変感銘を受け、日本人の美術商の協力の元で収集をはじめたのがコレクションのきっかけだそう。
当時はちょうどヨーロッパではフランスのアール・ヌーヴォーのように新しい美術を生み出そうという動きが盛んで、その上で構図や表現がとても斬新に感じられた日本美術は大変大きな影響を与えていました。
ドイツでも「ユーゲント・シュティール」という同じような動きがあり、ブリンクマンさんもドイツの美術工芸界を改革するよい手本と捉え、優れた日本美術の収集をしたといわれているそうです。

ukiyoe-2.jpg

入口には広重・歌麿・写楽・北斎のタペストリーが!
そう、この展覧会には誰もが名前を聞いたことがあるような浮世絵の有名絵師の作品が数多くラインナップされているんです!

主に展示は浮世絵の祖といわれる初期の鈴木晴信の作品から、年代を追って、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、そして江戸末期の歌川国芳や河鍋暁斎まで、ほぼ浮世絵の歩んだ歴史を概観できるようになっています。(ここに挙げた作者だけでもものすごいですが...)
しかもその殆どは、色もくっきりとのこっている状態のよいものばかり。
カラフルなグラデーションや着物の文様もよくわかります。
作品も、有名な広重の「東海道五十三次」(これは京都・三条大橋が展示されていました。見慣れた景色の昔の姿にちょっと感慨深さを覚えます)、北斎の「富岳三十六景」や「百物語図」(「いちま~い、にま~い...」のフレーズでおなじみの番町皿屋敷の絵でした。お化けなのに何だかユーモラス)など、お馴染みの作品が並んでいました。
あのゴッホが模写をし、大変影響を受けた、広重の「亀戸梅屋敷」も!
浮世絵のオールスター展、といってもよいほどの豪華内容でした。

ふと感じたのが、題材は人気の舞台役者か、吉原の人気の遊女たち(今で言えばアイドルや人気女優のような認識のところもあったのかも)、あとは町の普通の人々の生活が取り上げられたものが多かったことでした。風景画も、人気の旅スポットが取り上げられていて、一般の人が好みそうな題材が意識されているように感じました。
ちょうど京都市美術館で「フェルメールからのラブレター展」が開催されていますが、こちらも普通の人々を題材にした作品がほとんどでした。
両方に共通しているのは、どちらも一般の人々を顧客として描かれたものであること。
日本とオランダ、全く文化は違いますが、「普通の人が美術と親しんでいた」というところが、題材選びには影響していたのかもしれません。
(面白いことに、フェルメール展の作品は17世紀のものなのですが、こちらの浮世絵も17世紀ごろから生まれたものなんだそう。同じくらいの時期なんですね)

また、今回の展示は浮世絵の製作過程にもスポットをあてた内容になっているところも特徴的でした。
浮世絵は大衆向けの印刷物ということから、あまり印刷時の過程をうかがわせるような下準備に使用したものはあまり多くが残っていないそう。
でも、今回展示されているハンブルクのコレクションでは、実際に使用された版木や絵師が注文を受けて描いた画稿(ラフスケッチ)、版下絵(下書きの絵)などもあわせて収集されており、一緒に展示されています。
これは、コレクションの際に「美術・工芸のお手本になること」を考えていたブリンクマンさんの思いによるものかもしれません。
画稿や版下絵は絵師本人が自分の手で描いているものなので、細かな筆のタッチの違いもよく分かります。(絵師の上手下手もここでレベルがわかっちゃうらしいです)

ukiyoe-3.jpg

(↑ 今回の展覧会グッズ。右は図録で、前期のみの展示品も見られます(2,500円)。左はクリアファイル。手前の猫は広重の作品。後ろのこうもりさんは実際に展示品の浮世絵に描かれているもの!どの作品にいるか探して見てください。)

特に興味深かったのは「校合刷」と呼ばれるもの。主線部分だけを彫った版木の一番最初の試し刷りで、この時点で絵師が実際に印刷を行う摺師に色指定や修正指示をするのだそう。
どうしても何回も刷っていると版木が磨り減ってしまうので段々線がつぶれてきてしまうのですが、最初の刷りだけあって線がとてもシャープ。版画なのに、元の下絵の細やかなタッチが見事に再現されているのがわかり、版を作った職人さんの腕のよさが伝わってきます。
(隣に完成作品が並んでいるものもあるので、比べて楽しめますよ!)

また、線画に使う色も黒ではなくわざと藍色で刷っていたり、と細かな工夫も紹介されていました。
実際に作品を作る工程も、版木を使う順番に並べて展示されていたり(版木のどこに色をつけているか、などもわかります)
ただ絵を見ているだけではわからない部分もわかる、とても面白い展示内容だったと思います。
絵師だけではなく、それを作品に仕上げる職人さんも凄い!と思える展覧会でした。

展覧会は9月11日まで。

ukiyoe-4.jpg

また、8月21日までは、期間限定の特別展示として、伊藤若冲の版画作品「玄圃瑤華(げんぽようか)」も展示されています。こちらは一般の浮世絵(凸版印刷)と違い、主線部分を彫っておき、水でぬらした紙を版木に貼り付けて上から墨をこすりつけるという「拓版刷り」という方法で製作されたもの。こちらも版木と一緒に紹介されています。(現役で営業中の老舗の木版印刷会社さんの所蔵品です!)
こちらもあわせてぜひ。
(上の写真はその「玄圃瑤華」の図柄をあしらったミニファイル。5、6種類ほどあります)

※なお、展示室では浮世絵のほか、通常展示の伊藤若冲による金閣寺大書院の障壁画なども見ることができます。

関連リンク

日独交流150周年記念「ハンブルク浮世絵コレクション展」
相国寺承天閣美術館
ご好評頂いている京都で遊ぼうARTのiPhoneアプリ。
このたび、多くのご要望の声にお答えして、
Android版のアプリを公開しました!
スマートフォンをお使いの方、この機会にぜひダウンロードしてみてください!

「京都で遊ぼうART」Andoroid版でできること。


Andoroid版も、多くの方にご利用いただいているiPhone版とほぼ同じ機能を装備しています!

展覧会情報をチェック!リスト表示


list.png

最新の展覧会のタイトルをリスト表示。
気になったものをタッチすると、展覧会の情報ページが表示されます。
新たに追加されたものには「旗」マークが表示されます。
また、リスト上でも右端の☆マークをタッチするだけで、簡単に「お気に入り」リストに追加することができます。
気になったものはどんどんリストに追加して、見逃し防止!

会場までの行き方をチェック。


info.pngmap2.png

展覧会の会場にはどういったらいいの?
その場合は、展覧会情報ページの下に表示される地図マークをタッチ。
マップアプリが起動し、会場までの道のりや交通手段を調べることができます。
これで、初めての場所も安心!
また、☆マークをタッチすればここからも「お気に入り」リストに追加できます。
(予めGPS機能をONにしてご使用ください)

今いる場所の近くの展覧会も探せます。

map.png

「地図から探す」メニューでは、展覧会が開催されている施設がマップ上にピンで表示されます。
これから行く場所、今いる場所の近くの展覧会もここから簡単に探せます!
ピンをタッチすると、その施設で開催されている展覧会の情報を確認できますよ。
(現在地の表示は、GPS機能をONにしてご使用ください)

ポスターやチラシから展覧会を探そう!

gallery.png

Webでも好評の京都で遊ぼうARTの特徴、
チラシやポスターの画像から展覧会を探すこともできます!
「ギャラリー」メニューを選ぶと、登録されている展覧会の画像が並べて表示されます。
左右に動かして、気になる展覧会を探しましょう!


iPhone アプリ同様、Andoroidアプリも今後も随時改良・バージョンアップしていく予定です。
今後の開発にも役立てさせていただきたく思いますので、
ぜひ、Twitter やAndroid Market のレビューなどで、ご意見やご要望をお寄せください。
お待ちしてます!

今後も「京都で遊ぼうART」をどうぞよろしくお願いします!


ダウンロードはこちらから!

Android Marketの「京都で遊ぼうART」アプリページへ

iPhone版もよろしくお願いします!
【レポート】「京の七夕」を見に行ってきました!(堀川会場/8月7日)(1)

光あふれる幻想の道をのんびり散歩。(堀川遊歩道)


二条城を後にし、川沿いの堀川遊歩道へ向かいます。
(移動の際には、一度地下鉄「二条城前」駅に入り、地下から向かったほうがわかりやすいです。係員の方が誘導してくださいます)

遊歩道会場は、御池通から今出川通まで、堀川に沿ってライトアップが行われています。
歩きながらライトアップを見て楽しむ感じ。
(川自体は浅いのですが暗闇なので危険です。足元にはご注意ください)

この遊歩道は北側への一方通行。御池通からスタートしのんびりと歩きます。

tanabata2011-10.jpg

川にはぷかぷかと青く光るカプセルのようなものがたくさん流れています。
これは「いのり星」。青色LEDを使ったもので、水に触れるとセンサーが反応して灯りがつく仕組みだそう。現代版の灯篭流しといったところでしょうか。ブルーの光がなんとも幻想的です。

tanabata2011-11.jpg

道の横にはこんな行灯も。これは京友禅の型紙を再利用したものだそうで、型紙がまるでステンドグラスのような効果を出しています。

tanabata2011-12.jpg

別の場所にはこんなのも。これは西陣織の織機「ジャカード」で文様を織り出すときのプログラミングの役割を果たす「紋紙」を再利用したもの。パンチ穴のパターンはそれぞれ違うので、それぞれ違った表情が楽しめます。
京都ならではのライトアップですね~。

tanabata2011-13.jpg

京都造形芸大の学生さんによる「鳥獣人物戯画」をモチーフにした光のアート。
ウサギやカエルが夏のすごし方をユーモラスに紹介してくれています。
こちらはお子さんに人気でした。

tanabata2011-14.jpg

色鮮やかな友禅染の布を川に広げた「光の友禅流し」。
ここも時間がたつと少しずつライティングの色が変化し、違った表情が楽しめます。

tanabata2011-15.jpg

もう少し進むと、沢山の七夕飾りが。小学校や幼稚園の子供たちが書いた短冊が飾り付けられています。まさに七夕だなあといった雰囲気。

tanabata2011-16.jpgtanabata2011-17.jpg

途中にはこんな、竹で灯りを組み合わせたオブジェも沢山!これは京都・大阪の芸術大学の学生さん(京都市立芸大、京都造形芸大、嵯峨芸大、精華大、池坊短大、成安芸大、大阪成蹊大)が中心となってデザイン・製作したもの。各グループ個性があり、同じ素材を使っているのにこんなにも違うものができるのか!と驚きます。ぜひ歩きながらお気に入りを見つけてみて下さい!

そして...堀川遊歩道のライトアップといえば、これ!

tanabata2011-18.jpg

ビューティフル!「光の天の川」です!
竹で作ったアーチにLEDを約8万個組み合わせたものです。時間がたつと瞬いたり、少しずつ光るところが変わったりします。まるで満点の空の下にいる気分が味わえました。

頭上の星を眺めつつもうしばらく歩いたところで、ゴール地点の堀川いこいの広場に到着!

tanabata2011-19.jpg

友禅流しと、水車が奏でる水の音。そしてその奥には「仙台七夕」の吹流し飾りが飾られていました。

tanabata2011-20.jpg

これは実際にお祭りでも飾られていた本物を仙台から出張してきてもらったそうです。
ちょうど同じ日、仙台では京都から祇園祭のお囃子方さんや舞妓さんも出張していましたので、交換コラボといったかたちになっていました。
京都とは違った雰囲気の華やかさで、土地によってまた違うのだなぁと実感。
お祭りのコラボレーションというのはなかなか見たことがないのですが、とても面白い試みだと思いました。

そして、東北地方で被害にあった町の、一日も早い復興を願ってやみません。

鑑賞アドバイス!


さて、ここまで来るのに、スタート地点の二条城前から大体1時間半...
ライトアップを見ながらのんびり歩くので、少々時間がかかります。
また、一方通行になっているので、逆走ができません。
途中で飲み物を買ったり、お店に寄ったりしたい場合は(遊歩道の外にはお店や、屋台を出しているところもあります)、途中に横へ抜ける道があるのでそこから一度外に出ましょう。
お手洗いは遊歩道にはないので、その場合もコースから一度出ることになりますのでご注意を。
ゴール地点には飲み物やアイスクリームを販売しているところがあります。

夜間とはいえ、蒸し暑さはどうしても免れられないので、熱中症には気をつけて楽しんでくださいね。

また、ゴール地点周辺には地下鉄の駅がありません。
交通手段はバスのみになります。堀川通沿いなら川沿いにバス停がいくつかありますので、そちらを利用してください。
(堀川今出川の交叉点付近なら東西南北移動できます。また、タクシーも多く走っているのでそちらを利用するのも有りです)

京の七夕・実施期間:2011年8月6日(土)~8月15日(月)
ライトアップ点灯時間:19:00~21:30
※ 鴨川会場はライトアップは14日(日)までとなります。


関連リンク

晩夏の京都を彩る光のアート。「京の七夕」(8/6-8/15)
↑ イベント詳細はこちら

第2回 京都をぐるっと歩いてみた。テーマ「夜の京都」
↑ 京都の夏の夜を楽しむイベント、まとめました!


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗