1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「お知らせ」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「お知らせ」アーカイブ


flyer_kaii2018.png

2018年8月29日(水)からスタートする「生誕110年 東山魁夷展」(京都国立近代美術館)の内覧会に行ってきました!

東山魁夷(ひがしやま・かいい)は1999年に90歳で亡くなった近代・現代を代表する日本画家です。割と最近まで活躍されていた方なので、名前や作品を知っている方も多いかもしれませんね。

今回はその展示の様子や見どころを少しご紹介します!

***

20180828_163604.jpg

20180828_163533.jpg

20180828_163750.jpg

東山魁夷の大型展覧会は、京都では30年ぶりの開催となります。
東山魁夷といえば風景画。なかでも美しい青や緑色を駆使したことで知られ「東山ブルー」とも呼ばれます。
魁夷は生前、「群青」「緑青」を日本の風景に特徴的な"あお"として挙げており、その表現に注力しました。
展示作品にもいろいろな「あお」があるので、色合いを見比べながら楽しむのも良いかもしれません。

20180828_164009.jpg

20180828_164117.jpg

魁夷は横浜出身ですが、実は幼少期は神戸で過ごしており、京都もたびたび訪れスケッチを行うなど、関西にもゆかりの深い画家でもあります。
なかでも代表作として知られるのが連作「京洛四季」。友人だった作家・川端康成の薦めもあって描いた作品だそうで、京都のさまざまな名所を地図を頼りに歩き回り描き貯めたスケッチを元にした、いわば絵の紀行文といった趣です。

20180828_164247.jpg

面白いのがその構図。風景の中でも特徴的な一部分にぐっとクローズアップして切り取ったような大胆なレイアウトが特徴的で、よりその風景の魅力を際立たせています。どこかで見たことのあるモチーフもあるので、どの絵が京都のどこの場所を描いたものか考えながら見るのも楽しいですよ。

20180828_164554.jpg

圧巻なのが、今回68面全てを展示しているという「唐招提寺御影堂障壁画」。
魁夷が60代半ば~70代にかけて制作した大作です。

20180828_164654.jpg

本来の展示場所である奈良・唐招提寺御影堂の内部を会場にセットで再現!現地の空間に近い形で作品を楽しめます。ちゃんと「襖絵」の状態で(違い棚のところも!)、かつ、お寺よりも明るい美術館の空間で間近に作品を楽しめる貴重な機会なので、ぜひじっくりと楽しみたいところです。

20180828_164933.jpg

また、唐招提寺の障壁画を手掛けたことがきっかけで描かれた、白馬のいる風景のシリーズ作品も第二会場(4階)に展示されています。

20180828_165852.jpg

晩年に近くなると、魁夷は現地取材が難しくなったこともあり、今まで見てきた風景のイメージを組み合わせ想像した「心の風景」を描いた作品が多くなります。それはどこまでも優しく穏やかで美しい世界が広がっています。

20180828_165205.jpg

絵の額がそのまま窓枠になり、窓の外に広がる魁夷の心の風景を眺めているような、そんな気持ちになる展覧会でした。

全体的に涼しげな青や緑を多用した作品や、秋冬をテーマにした作品も多かったので、観ているだけでなんだか涼しげな感覚にもなれました。ちょうど美術館は冷房も効いていますし、暑い時期に涼みに行くにもぴったりかもしれません。ぜひ足を運んでみてください!

***


flyer_kokuhou2017.png京都国立博物館で2017年10月3日より開催される「国宝展」の内覧会に参加いたしました!

今年2017年は京都国立博物館の開館120周年、そして日本で「国宝」という言葉が初めて法的に使われた「社寺保存法」の制定から120周年という節目の年。「国宝展」はこれを記念して開催されるものです。関西での開催はなんと41年ぶり!

展示は12のジャンルに分かれて構成され、それぞれ専門の研究員さんのこだわりたっぷりのテーマ展示が展開します。4期構成で1期(約2週間)ごとにテーマが決められていて、それに合わせて作品も大きく入れ替わるので、いわば「約2週間ごとに違うテーマ展が見られる」といったところ。足を運ぶたびに違った展示が楽しめます。

今回はその様子を写真を交えて少しご紹介します!

10月15日~11月27日に京都国立博物館で開催される特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」の内覧会に行ってまいりました!

前回の記者発表についてはこちら(Facebook)

ryoma150 (1).jpg 実は本日10月14・15日は、約150年前に大政奉還の行われた日。徳川慶喜が政権を朝廷に返す大政奉還を宣言し、翌日朝廷がそれを受理したという歴史的な日です。
坂本龍馬はその大政奉還に大きく関わった幕末を代表する偉人。
その展覧会がこの日にスタートするということに何か感慨深いものを感じさせます。

「龍馬は新しい日本の在り方を目指し、奔走した立役者。150年前を思い返しながら、龍馬の功績を振り返ってみてほしいと思います」(佐々木丞平館長)

*****

来年が大政奉還、そして龍馬が没して150年目にあたることを機に開催される今回の展覧会では、龍馬が残した手紙を中心に、約200点が展示されます。
現在残っている・存在がわかっている龍馬の手紙はおよそ140点。展覧会ではそのうち72点(展示替含む)が登場。展示される手紙は、まだ江戸に剣術修行に出たばかりの若かりしころのものから、亡くなる直前のものまでがそろっています。

一般に昔の人の手紙は何を書いているかわからず、難しい、面白くない...と思われがちですが、この展覧会ではほぼ全ての手紙に書き下しや内容の解説パネルが添えられており、楽しく読むことができます。

「龍馬の手紙は、例え話が多かったり、擬音語を多用していたり、今も聞くような言葉も使っていたりと、親しみやすいものが多いんですよ」と仰るのは、今回の展示企画を担当した宮川禎一先生。

ryoma150 (17).jpgあて先も、兄・権平や姉・乙女ら故郷の家族から、海援隊の仲間たちや桂小五郎ら幕末の志士たち、そして妻のおりょうなどさまざま。内容も薩長同盟や大政奉還といった大仕事を目の前にした大変緊迫した状況を伝えるものから、日々のことをイラストなどを交えてユーモアたっぷりに伝えるものまで幅広くあります。

「手紙を読んでいると、龍馬は人に心配りができ、基本的に楽天的で、"話せばわかる"という精神を持っていたことがわかります。龍馬は手紙のなかに生きているんです」(宮川先生)

ryoma150 (28).jpg手紙のほかにも、龍馬が剣術・武術の修行で得た免状や、雑記帳(メモ帳)や日誌、実際に使用していた湯飲みや着物(着物は京都展のみ)といった遺品類、近江屋で暗殺された際に部屋にあった掛軸や屏風幕末の様相を描いた瓦版や錦絵など、さまざまな資料が並び、色々な角度から坂本龍馬という人と彼の生きた時代をたどることができます。
また、近年NHKのバラエティ番組内で見つかったことで話題となった龍馬の手紙「越行の記」など、新発見に基づくものが多数登場しています。

ryoma150 (25).jpgそして今回の展覧会では、京都国立博物館が所蔵している龍馬の刀「銘吉行」「銘 山城国西陳住埋忠明寿作」と、昨年新たに発見された龍馬佩用の脇差が、3振りそろって公開されます。
この3振りがそろうのは、1929年に行われた展覧会以来87年ぶり。京都展のみの限定公開です。
刀はこの他にも、龍馬の友人であった武市半平太が使用していたものや、大政奉還の後、京都で英国公使が襲われた「パークス事件」で使われた襲撃犯と警護者双方の刀なども登場します。

坂本龍馬は本当はどんな人だったのか、彼が生きた幕末はどのような時代であったのか。
新たな一面や魅力に出会える展覧会です。

※ちなみに、音声ガイドは歌舞伎役者の尾上松也さんが担当。龍馬の手紙の朗読もあり!

フォトレポート(Facebook)はこちら


展覧会の詳細はこちら



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗