1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京遊こぼれ話」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京遊こぼれ話」アーカイブ

7月14日より、いよいよ宵山の期間が始まりました。
京都はすっかりお祭りムード一色!特に夕方(17時、18時)以降は山鉾の提灯に明りが灯ったり、お囃子がなっていたり、屋台が並んだり、会所から子供たちの呼び込みのわらべ歌が聞こえてきたり...ちょっと街を歩いただけで、すっかり気分が高揚してしまいそうです。

さて、宵山の期間中のお楽しみのひとつが、京都の旧家が、家や所蔵する美術品の数々を一般の人に見せてくれる「屏風祭」。
先日は、一足早く「杉本家住宅」さんにお伺いした様子をレポートでご紹介しましたが、
今回は「横山商店」さんの屏風祭りについて、面白いお話をお伺いしたのでご紹介します。

「横山商店」さんは、西洞院綾小路南西角、四条通から南へ少し下がったところにあります。
本業は呉服屋さん。振袖から訪問着、帯や小物などを幅広く扱っていらっしゃいます。
(ちなみにホームページはこちら→ http://www.yokoyamashoten.gr.jp/ )

byoubumatsuri1.jpg

ここでは、呉服屋さんらしく、帯地を屏風に仕立てたものを展示されていらっしゃいます。
帯は〆てしまうと全体の柄はどうしても見えなくなってしまいますが、このように広げて見ると、全体のパターンの美しさがよりよくわかります。

こちらのご主人に今回特に見て欲しいものは、とたずねると、こちらを紹介してくださいました。

022.jpg

『花樹対鹿文錦(かじゅたいろくもんにしき)』。
100年ほど前にシルクロード探検調査を行った東洋学者・大谷光瑞(おおたにこうずい/1876-1948)が、トルファン(敦煌)の古墓(7世紀)からミイラを発掘した際に発見した、ミイラの顔を覆っていた錦のボロ布。これを日本に持ち帰り、京都を代表する西陣織の職人・龍村平蔵(1876-1962)が復元したものです。
(龍村平蔵は現在も、西陣織において文化財などの復元などで活躍する西陣織の有名な会社です)

ご主人いわく、正円をきちんと連続させ、かつ中にとても細かい文様を織り込むのは、織物の表現としては大変高度な技術が要求される、とても難しいものだそう。
「よくここまで完璧に復元したと思います。職人技がよくわかりますね」とのこと。

色合いや文様の雰囲気はとてもエキゾチックで、遠くシルクロードの文化を感じさせます。
この動物が円の中にあしらわれて連続したパターンは、特にササン朝ペルシャで用いられた文様だそう。現在日本の国宝となっている、奈良・法隆寺で発見された「獅子狩文錦」とよく似てた雰囲気です。

祇園祭には、こんな異国情緒が感じられる美術品を、様々なところで見ることができます。
屏風祭で展示されているものの中にはとてもモダンで現代風の屏風もありますし、山鉾の懸物を見ても、ベルギーからかつて輸入された、聖書をモチーフにした西洋風デザインのものがあります。
様々な国の文化が垣間見えるのも、祇園祭の隠れた魅力のひとつかもしれませんね。

屏風祭は宵山期間中、16日(土)までの開催が殆どです。
ぜひ、宵山めぐり中の楽しみとして、覗きに行ってみてください!
(あくまで一般の建物を利用していますので、観覧マナーにはご注意を。)

屏風祭や、祇園祭関連の展示については、
特集ページ、またはルート提案コンテンツ「京都をぐるっと歩いてみた。第一回祇園祭編」をご参考に!

関連リンク

祇園祭~京都の街中がミュージアムに!~

京都の街歩きコーナー「京都をぐるっと歩いてみた。」第1回「祇園祭」をテーマにぐるっと歩いてみた。




宵山期間中、各山鉾町や八坂神社で販売される、「厄除け粽(ちまき)」。
祇園祭を代表する名物ともいえるこのお守りですが、実際にはどんな風に準備が行われているか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか?

今回、特別に7月11日に行われた八幡山さんの粽作りの様子を覗かせていただきましたので、その様子をご紹介します!

粽(ちまき)についてはこちらから!


hachiman6.jpg
会場はいくつかあり、こちらは八幡山のお会所向かいにある紫織庵さん。
こちらでは、課外授業の一環として近隣の小学生の子供たちに粽作りの体験を行っています(地域の伝統文化に触れる機会を、ということで5,6年前から行われているそうです)。
まずその前に、子供たちへのレクチャー役にもなる学生さんやボランティアへのレクチャーが行われていました。

hachiman7.jpg粽(ちまき)本体は予め農家の方にお願いして、いくつかの山鉾町の分をまとめて作っておいてもらうのだそう。(その作業は大体6月半ば頃とのこと。主に北区上賀茂周辺の方)もちろん、これは笹の葉をひとつひとつ手で巻いて作った手作りです。

hachiman8.jpg hachiman9.jpg
納入された粽は、今度は各町内で独自の熨斗紙(のし)や護符、飾りなどを手作業で取り付けられます。とにかく数が膨大なためほぼ町内総出の作業になるそうです。八幡山さんの場合は熨斗と「蘇民将来子孫也」「福寿海無量」と書かれた二色の護符をとりつけていきます。
(この時の様子は後日動画コンテンツでもご紹介予定です)

hachiman10.jpg子供たちがやってきました。上手にできるかな?

tenmon0.jpg京都の町のあちこちには過去の歴史や文化を今に伝える史跡や寺社などのスポットが点在しており、それを巡る町歩きツアーなども数多く開催されています。
今回、スタッフはなかでもちょっと変わった切口の町歩きツアーに参加してきました!

「京都千年天文学街道ツアー」というこの町歩きツアー。千年の都・京都の歴史と天文学を絡めて関連スポットを巡るという、ユニークなテーマのツアーです。
京都と天文学??と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は両者はかなり関わりが深いんです。
国の行事などを執り行う上で暦、要するにカレンダーを作ることは政治的にもとても大切なことでした。そのためかつて朝廷にも幕府にも「陰陽寮」「天文方」という専門の天文学や暦の専門機関が存在し、日々天体観測を行っていました。また、映画や小説などでもお馴染みの陰陽師・安倍晴明も、本来の役割は暦作りや天体観測が仕事の天文学者。呪術や祈祷などはその仕事の一環として行っていたものです(それがクローズアップされてまるで魔法使いのように思われていますが...)

今回は「明月記」コースとして、星にかかわりのあるスポット・安倍晴明を祀る晴明神社から、京都に唯一残る公家屋敷・冷泉家まで歩きました。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗