1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京遊こぼれ話」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京遊こぼれ話」アーカイブ

DESIGN WEEK KYOTO 2019|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年も1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催されました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力している「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********


【4】藤田染苑(京友禅)

4件目は「藤田染苑」さん。
型友禅を基本に、様々なブランドの浴衣や着物、手ぬぐいなどの染製品を手掛けられている染物屋さんです。近年では京都発の人気ブランド「SOU・SOU」とのコラボレーションもこちらが行われています!

DSCF2549.JPG工場があるのは太秦エリアの一角。代表取締役の藤田丈博さんが自ら案内してくださいました。

DSCF2504.JPG工場に入ると、巨大な染台がずらり!全長26、27mという圧巻の景色です。
作業時は、ここに端から端まで布を広げ、一色ごとに型を替えて一気に染めていきます。浴衣の場合なら一着13mほどの反物を使うので、この部屋全体で24反分を同時に作ることができるそう。

DSCF2547_2559.jpg
着物は身頃や袖など14ほどのパーツで構成されるため、各パーツで柄のパターンが異なります。そこでパーツごとに布を分けて一度に染め、後から既定のサイズに裁断します。(柄を分ける白い線が裁断線)

DSCF2551.JPG染台の縁に取り付けられた枠には一定の間隔で留め具がついており、型をそこに取付けて順々に染めていくことで繰り返しのパターンを作っていきます。その際、型がずれてしまったり、染料を刷毛で乗せる際に力加減を誤ってしまうと、それは商品になりません。
また、染料の粘度も色によって異なっていたり、布地ごとに染料のノリ具合、その日の気候で乾き具合も変わってくるため、経験と技術がものを言う作業です。

DSCF2536.JPGそんな中、スタッフさんのてきぱきとした動きはまさに職人技!ベテランさんはもちろん若い方も多くいらっしゃる印象でしたが、皆さんの手さばきの鮮やかさに思わず見入ってしまいました。

DSCF2525.JPG工場の棚や廊下には染型が山のように並んでいます。その数は千種以上!正直どのくらいあるのか正確な数まではわからないそう。まるで古い図書館の収蔵庫のような、迷路のような不思議な景色でした。
この型は布製で何度も再使用はできるものの消耗品のため、5年ほど使い続けると傷んでしまうそう。限界までは補修をしながら大事に使用されています。

DSCF2508.JPG

DESIGN WEEK KYOTO 2019|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年も1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催されました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力している「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********


【3】竹影堂(金属工芸)


DSCF2466.jpg

3件目は「竹影堂」の七代目中村榮真こと中村佳永さんです。

場所は京都市役所から少し歩いた、老舗の旅館や商店が立ち並ぶ麩屋町通沿いにあります。

竹影堂は江戸後期に創業し、約230年続く錺(かざり)金具の老舗。
主に茶道具や香道具のほか、寺社などの釘隠しや急須、湯沸(やかん)、襖の引手、舞妓さんが使う花簪などの装飾品まで、幅広い作品の製作や修繕を手掛けられています。

元々は刀の葉佩(はばき)や目貫などの刀装具を手掛けていたそうですが、明治維新を迎え、廃刀令によって刀装具の需要が激減。そこでそれまでに培った技術を生かして美術工芸品・金工品の製作に転身されたそうです。

DSCF2454.jpg現在の場所に移ってきたのはちょうどその頃、明治22年のこと。
建物は禁門の変で京都の中心部が火災に遭ったすぐ後、明治初期頃に建てられた、伝統的な商家タイプの京町家です。ショップスペースとなっている店の間や、おくどさん(台所)、坪庭に奥の間と昔ながらの姿が良く残されています。

DSCF2304.jpg美術品や金工品を作るようになったのは四代目・竹次郎の時。
この竹次郎が素晴らしい職人だったそうで、明治28年に京都で開催された内国博覧会では海外向けの美術工芸品で高く評価された他、明治天皇が行幸された際に滞在した小御所では彼の作品が飾られていたそうで、その旨の証書も残されています。

「"竹影堂"の名前もこの竹次郎が由来なんです。有栖川宮様から、竹次郎の"竹"を取って命名され賜ったものなんですよ」という中村さん。
それから祖父・父と代は続き、現在の中村さんで七代を数えます。

それでも、竹影堂の歴史は決して平坦なものではありませんでした。

DSCF2296.jpg「金属加工の分野は、機械化を進めて大規模に行うか、手作業で一つ一つ物を作るかに特化しています。うちは後者で、手掛ける品からして作家色が濃かったので、手づくりに拘りました。それでも時代によって求められるものは違いますから、その時々によって作るものも変わっていきました。一時は車のフロントにつける企業ロゴマークも作っていたんですよ」

そのロゴマーク製作も、時代が進むと機械生産にとってかわられてしまいます。それでもこれまで続けていくことができたのは、手仕事によるものづくりが求められてきたからだ、と中村さんは言います。

「お茶道具も手掛けていて、その需要はずっとありましたので、ものづくりとしてやっていくことができました。また、(職人の手による)良い手作りの品が欲しい、と手道具が流行した際には仏具や香道の道具も求められましたので、そちらの需要にも応えてきました」

一つのものにこだわらず、自らの技で作れるものなら求められれば挑戦する、その心がこれまでの中村さん、そして竹影堂を支える力となってきたのです。

「私自身も茶道をしていますが、茶筅以外の道具は金属でもできる、と思っています。お茶の先生方にも「こういう使い方・道具も金属でできるのでは」と新しい金属の茶道具を発信しているんですよ」という中村さん。

DSCF2322.jpg見せて頂いたのは風炉や香合、水指など、通常は漆器や陶器など金属以外のものが使われることの多い道具たち。培った技を活かし、金工の可能性を広げていく中村さんの表情は若々しく輝いておられました。

DSCF2303.jpg

続いて、工房を見学させていただきました!

ノンバーバルパフォーマンス「GEAR」を知っていますか?
ノンバーバルとは言語に頼らないという意味。具体的な言葉でセリフを話すことなく、キャストのパフォーマンスや光・音などの演出でストーリーを伝えるもので、世代も国籍も関係なく楽しめる舞台エンターテイメントです。

2011年からART COMPLEX1928を会場に公演を開始、現在同会場を専用劇場とし、ロングラン8年目を迎えています。
こちらにご招待を頂いたので、京都で遊ぼうARTのスタッフが行ってきました!

***

20190301_205604.jpg
GEARの物語の舞台は、近未来のとある廃工場。
おもちゃの人形を作っていたのですがそれも昔のこと、既に人々には忘れ去られ、今は4人の人間型ロボット「ロボロイド」だけが工場が廃業していることも知らずに働き続けています。
そこに、かつてこの工場で作られていたおもちゃの人形「ドール」が現れて
...というもの。

会場になっている「ART COMPLEX1928」は、元々戦前に建てられた新聞社の建物の屋根裏スペースを利用した劇場、GEARの公演が始まってからは内部の装飾もGEARの世界観にあわせたスチームパンク風の作りになっています。扉も工場っぽさが出ていますね!

GEARは1日2回、基本的に火曜・木曜以外の毎日行われています。
キャストは5名が日替わりで登場。
それぞれがパントマイム、マジック、ジャグリング、ブレイクダンスと、専門の異なるパフォーマーで構成されています。

キャストが違えば動きやパフォーマンスも違ってくるので、その違いを身にに来られる方や、お気に入りのキャストの日を狙って来られる方もいるなど、リピーターさんも楽しめる仕様になっています。

20190301_204232.jpg
中に入ってみると、舞台と客席の近さにびっくり!(;゚Д゚)
本当に至近距離で、それこそキャストさんに手を伸ばせば触れられるほど。こんなに間近でプロのパフォーマンスアートを見られるところもなかなかないのでは...(パフォーマーさんは皆世界大会優勝者やメディアで注目される気鋭の方などプロフェッショナル揃いです!)

劇中では、光や音の演出が入ったり、突然突風が吹いてきたり、時にはキャストさんが自ら客席に近づいてきて観客を巻き込んでくるような場面も!すっかり物語の住人、見学者というもう一人のキャストになったような気分で夢中になってしまいました。

物語も笑えるコミカルな場面からホロリとくるようなところまであり、表情やしぐさだけでキャラクターの感情も伝わり、セリフがなくとも十分話を追える仕様になっていました。
人間の動きや感覚は言葉を超える、これぞノンバーバル!

公演で使った小道具には一部持ち帰り可能なものもあったり、誕生日などの記念日の人には撮影サービスやプレゼントがあったりと、終わった後にも楽しめる要素が用意されているところもありますよ(((o(*゚▽゚*)o)))

***

GEARは、元々小さな劇場で舞台を行う可能性、観劇の機会と人口を広げることを目標にした企画だったそうです。

確かに、工場の中に入ってしまったような、物語世界自体に観客が取り込まれるような没入感は、小さな劇場空間の特性が活かされています。また、決まった場所で同じ内容の公演を長い期間毎日のように行うというスタイルもあわさって、テーマパークのステージショーのような感覚に近いものを感じます。
それは、「街に根付いた観光名所としての舞台」、「日常的に楽しめる劇場コンテンツ」という、現代における舞台芸術の在り方の提示のように思えました。
肩ひじ張らず、舞台芸術の世界に親しむには、最高の機会なのではないでしょうか!

8年という長い期間を経たGEARですが、これまでも少しずつ様々な部分でアップデートを重ねてきました。2019年は京都だけでなく千葉でも公演を行うなど、活動の幅を広げています。
もちろん、京都での公演は今後も継続。京都にお越しの際は、GEARで舞台に触れる時間も旅の日程に含めてみてはいかがでしょうか?

■ ART COMPLEX1928(GEAR専用劇場)についてはこちら
GEAR公式ホームページはこちら


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗