1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京遊こぼれ話」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京遊こぼれ話」アーカイブ

DESIGN WEEK KYOTO 2018|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年は1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催、22か所の工房が参加しました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力を行った「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********

【1】(有)フクオカ機業(西陣織)


5D4L5737.jpg

最初に訪れたフクオカ機業さんは、西陣織の織屋さんです。

創業は明治時代。以来、多くの西陣織工房と同じく、帯地を中心に制作を行ってきました。現在でも着物や帯、袈裟や十二単といった呉服生地の制作を行われていますが、その傍らで、近年では西陣織の「技」を活かし、特殊繊維を使った織物など新しい製品開発にも力を入れておられます。

5D4L5619.jpg

平屋建ての工房に足を踏み入れると、そこには大きな織機がずらり!全部で12台あり、うち8台で帯、4台を特殊繊維用として使われているそうです。どれも年季が入っていますが、長いもので40年ものを、機械が特殊で替えがきかない分、大切にメンテナンスをして使い続けておられるとのことでした。

5D4L5620.jpg


織機がならぶ工場の様子は、どこかスチームパンクの世界を思わせる美しさがありました。
美しい着物や布地を生み出す現場は、思いのほかメカニック!

5D4L5661.jpg

在籍されている職人さんは10人ほど。若い人も多いそうで、この日案内してくださった西出さんもまだ20代の若い職人さんでした。工房でもベテランさんと若手さんが一緒に仕事をされていましたよ。

通常、西陣織は工程が細分化されていて各作業をそれぞれ専門の職人さんが手分けして行うことが多いのですが、フクオカ機業さんではそれをデザインから織り・仕上げまで一貫して行われているそう。人数は少ないものの、その分小回りが利き、色々なことに挑戦しやすい環境になっているそうです。




京都の夏を語る上で欠かせないのが、「五山送り火」です。
京都では祇園祭で夏が始まり、五山送り火を終えると夏が終わる、という人もいるくらい、親しまれている行事。
季節の移り変わりを告げる「夜空に浮かぶ炎のアート」とも言えるかもしれません。

でも「送り火」とは何か、どう見ればよいのか、案外知らないことも多いかも...?
ここでは「五山送り火」の豆知識や見所ポイントをご紹介します!
お出かけの前の予習にどうぞ!

「五山送り火」とは?

正確には「京都五山送り火」といいます。
「大文字の送り火」「大文字焼き」とも呼ばれていることがありますが、まず京都の人はその呼び方はしませんのでご注意を。

本来お盆の間にお迎えしていた先祖の霊たちをあの世にお送りする、「精霊送り」のための宗教行事です。
京都盆地を囲む五つの山に「大文字」(東山如意ケ嶽)、「妙法」(松ヶ崎東山・西山)、「船形」(西賀茂船山)、「左大文字」(金閣寺北山)、「鳥居形」(嵯峨鳥居本・曼荼羅山)のかたちが配されています。これに8月16日の20時ごろから次々に火を灯していきます。

起源については諸説ありはっきりしていませんが、「精霊送り」のために火を焚いて松明を灯していた「万灯」が変化したものといわれ、一般庶民にまで浸透したのは室町~江戸時代のこととされています。

かつては現在の5つ以外に、
「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に雀」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺山)もあったそうですが、現在は廃れてしまっています。いったいどのような形だったのでしょうか...?

五山送り火に参加しよう!


「送り火」を見るのによいスポットは?

送 り火を全部まとめて見るには、山から離れた視界が開けた場所、または高いところから見ることになります。そのため、文字からは遠くなってしまいますから、ひとつひとつの見え方が小さくなってしまうことは覚悟しましょう。人も多いかもしれません。
(数少ない「全山鑑賞ポイント」としては「船岡山公園」が知られていますが、結構な有名ス ポットなので混雑覚悟!)
ホテル屋上やビルの上階にあるレストランなどが、有料プランを用意している場合もあります。

じっくり楽しむのなら、ひとつの山に絞って見たほうが無難です
準備をしている人たちの様子や、関連行事が楽しめるところもあります。

※なお、当日は山には関係者以外立ち入り禁止ですのでご注意を。

護摩木を納めてみよう!

各山(妙・法を除く)では、送り火の際に焚く護摩木の受付を行っています。
これは一般の方も参加可能!昔から、自分の名前と持病のあるところを書いて納めると、病気が治るといわれています。
護摩木はひとつ300円程度。
各山の近くに受付所が設けられているので、当日までに行ってみましょう。
※ 数に限りがあります。予定時刻より早くなくなってしまう場合もあるので、お求めはお早めに。


五山の鑑賞ポイント


大文字(東山如意ヶ嶽)

「送り火」で最もよく知られる代名詞的な山。一般に「大文字」というとこの山のことを指します。
弘法大師空海に起源を持つといわれ、当日は19時ごろから山上の弘法大師堂で般若心経が上げられます。五山の中で一番最初に点火されます。

点火時間:20:00ごろ
鑑賞スポット:賀茂川堤防西岸
護摩木受付:
銀閣寺門前にて 8月15日 12:00~20:00 /8月16日 6:00~14:30

妙法(松ヶ崎西山・東山)

「妙」「法」の二つセットになっている山。
この二つは同時に始まったわけではなく、まず「妙」が鎌倉時代にでき、その後江戸初期になって「法」が加えられたそうです。
点火の際は絶妙なタイミングで二つの文字に同時に火がつけられる様子が見どころのひとつです。

松ヶ崎題目踊り

15日20:00/16日21:00~
送り火の前日と当日(送り火終了後)日本最古の盆踊りといわれる「松ヶ崎題目踊り」が
涌泉寺にて行われます(見学自由)。
【アクセス】地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅下車、東口より徒歩約12分

点火時間:20:10ごろ
鑑賞スポット:「妙」北山通(ノートルダム女学院附近)、「法」高野川堤防(高野橋北)、地下鉄松ヶ崎駅周辺
護摩木受付:なし


船形(西賀茂船山)

西賀茂にある寺院・西方寺の開祖、慈覚大師が847年、唐留学からの帰りの船上で暴風雨にあったが、南無阿弥陀仏を唱えると嵐が収まって無事帰国できた、という話から、船をかたどったといわれています。点火の際は西方寺の鐘を合図に点火します。
ちなみに西方寺は北大路魯山人の墓があるお寺です。

六斎念仏

空也上人に起源をもつ、踊念仏の一種。重要無形民俗文化財。
送り火の終了後、21時頃から西方寺にて行われます。
【アクセス】京福電鉄北野線「常盤」駅下車、徒歩6分

点火時間:20:15ごろ
鑑賞スポット:北山通、御薗橋周辺
護摩木受付:西方寺門前にて 
8月5日~15日 8:00~16:00/8/16 8:00~10:00

左大文字(大北山)


o0400030010235291516.jpg

金閣寺の近くにあるもうひとつの「大文字」。
形は東山の「右大文字」と似ていますが、規模や点火方法などは異なります。ほかの山よりは遅れて登場した山のようで、以前は横に一角加えて「天」の字だった時代もあるとか。

点火時間:20:15ごろ
鑑賞スポット:西大路通(四条~衣笠・金閣寺)
護摩木受付:金閣寺門前にて
8月15日 9:00~15:00/8月16日 7:00~14:00

鳥居形(嵯峨鳥居本・曼荼羅山)


o0400030010234546258.jpg

ほかの4つの山からは離れた、嵐山・広沢池の近くにあります。そのため京都の市街地からでも見える箇所が少なくなります。
点火方法もほかと異なり、井形に火床を組むのではなく、松明を燭台に乗せるかたちで火を灯します。

点火時間:20:20ごろ
鑑賞スポット:松尾橋、広沢池、嵯峨清涼寺北
護摩木受付:化野念仏寺駐車場にて 8月3日~15日 10:00~16:00/8月16日 9:00~15:00

関連リンク

京都五山送り火(京都市観光協会HP)
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/daimonji.html

京都新聞・五山送り火
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.php

京都五山送り火・鑑賞ポイントはここ!
http://bigkarasu.com/


【そのほかにも京都の夏のイベントはいろいろ!こちらもチェック!】

・ 京都をぐるっと歩いてみた。「夜の京都」編(京の七夕、燈明会など)
http://www.kyotodeasobo.com/art/theme/gurutto/summer/

・ 夏のミステリーアートスポット7選
http://www.kyotodeasobo.com/art/pickup/mystery-spot/

京都には、絵画、彫刻、建築、歴史資料、大小さまざまな文化財が残されており、 ゴールデンウィークには、あちこちの寺院や社寺で普段は非公開の文化財が特別公開されます。

この春、京都で遊ぼうARTでは、 公益財団法人京都古文化保存協会が主催する「平成24年度 京都春季非公開文化財特別公開 」から 国宝 を拝観できるスポットをクローズアップしてご紹介します。

時空を超えた遺産をめぐる旅に出かけてみましょう。


賀茂別雷神社(上賀茂神社) 本殿/権殿

上賀茂神社の名で知られる賀茂別雷神社(かも わけ いかづち じんじゃ)は 賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社で 雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。また、皇城鎮護の神、鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、今日も建築関係等の方除祈願が多くあります。

葵祭でも有名ですね。

境内には数多くの社殿が残されており、そのうち最深部に祀られている 本殿権殿 の二棟が国宝に指定されています。いずれも社殿の一環として1863年に造られたものです。

上賀茂神社

この四脚中門の奥に本殿と権殿がある。

期間
平成24年4月27日(金)より5月6日(日)まで
拝観料
大人800円/中高生400円、小学生以下は保護者同伴一名につき一名無料
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
http://www.kamigamojinja.jp/

地図


大きな地図で見る

大徳寺 方丈及び玄関、唐門

大徳寺は臨済宗大徳寺派大本山で、境内には仏殿、法堂をはじめとする中心伽藍のほか、 20を超える塔頭が立ち並び、京都でも有数の規模を有する禅宗寺院です。

歴代多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院であり、本坊および塔頭寺院には、建造物、庭園、障壁画、茶道具、中国伝来の書画など、多くの文化財があります。

国宝は 方丈及び玄関唐門

方丈は、もともと住職の居室でしたが、後にその居間は別所に移転され、 朝廷の勅使や幕府役人の接待・宗教行事などに用いられる空間となったようです。

寬永十三年に再建され、八室からなる特殊な規模をもち、禅宗様建築である法堂や仏殿と異なる日本様式の建物となっています。

ファイル:Japan Kyoto Daitoku-ji 3.jpg

写真は庫裏(くり)。方丈は庫裏の奥にある

唐門 は方丈の正面にあります。聚楽第の遺構と伝えられており、華麗な装飾彫刻と彩色を持つ桃山時代の代表的建物となっています。

期間
平成24年4月27日(金)より5月6日(日)まで
拝観料
大人800円/中高生400円、小学生以下は保護者同伴一名につき一名無料
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
http://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku/

地図


大きな地図で見る

下鴨神社(賀茂御祖神社) 本殿

下鴨神社の名で知られる賀茂御祖神社(かも みおや じんじゃ)は上賀茂神社とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社です。

古くから縁結、子育ての神さまとして信仰されているほか、導びきの神として方除、厄除け、入学、就職の試験などの合格、交通、旅行、操業の安全など、多方面にご利益があるとされています。

境内の奥最深部に祀られている 東本殿西本殿 の二棟が国宝に指定されています。

下鴨神社

写真は楼門。

期間
平成24年4月27日(金)より5月6日(日)まで
拝観料
大人800円/中高生400円、小学生以下は保護者同伴一名につき一名無料
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

地図


大きな地図で見る

知恩院 三門

浄土宗総本山の知恩院は浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院です。

現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降で、徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれています。

国宝の三門は本堂へ向かう急勾配の石段の途中に西面して建ち、高さ24メートル、横幅50メートル、 屋根瓦約7万枚もあり、わが国現存の木造建築として最大の三門(山門)となっています。

ファイル:Chion-in Temple Kyoto Japan.jpg

特別拝観では三門の内部が公開される。

期間
平成24年4月28日(土)より5月31日(木)まで
拝観料
大人800円/中高生400円、小学生以下は保護者同伴一名につき一名無料
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
http://www.chion-in.or.jp/03_gyoji/recordEvent.php?id=595

地図


大きな地図で見る

法性寺 木造千手観音立像

法性寺(ほっしょうじ)は藤原忠平の創建した浄土宗西山禅林寺派の寺院で、藤原氏の寺として栄え、 当時は現在の清水寺や大徳寺ぐらいの寺だったようですが 藤原氏の没落と共に衰退し、現在はとても小さな尼寺となり当時の面影は全くありません。

国宝は平安時代に作られた「木造千手観音立像」。

法性寺 - IMG_1769

写真は法性寺正面。

期間
平成24年4月28日(土)より5月6日(日)まで
拝観料
大人800円/中高生400円、小学生以下は保護者同伴一名につき一名無料
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
なし

地図


大きな地図で見る

教王護国寺(東寺) 五重塔

京都駅にほど近い、千年以上の歴史を持つ弘法大師空海ゆかりの古刹。 特別拝観では五重塔の初層内部が公開されます。

五重塔は、江戸幕府によって再建された五重塔で、初重内部では心柱の四方に金剛界四仏が安置されています。 高さ54.8mは、現存する木造塔として国内最高を誇り、かつ均整のとれた姿で、古都京都のシンボルとなっています。

ファイル:Toji-temple-kyoto.jpg
期間
平成24年4月28日(土)より5月6日(日)まで
拝観料
詳細は東寺のホームページ をご覧ください。
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
http://www.toji.or.jp

地図


大きな地図で見る

仁和寺 金堂

仁和寺は真言宗御室派総本山の寺院で、桜のさく春には多くの参拝者でにぎわいます。

国宝の金堂は、仏堂として建てられたものではなく、慶長18年(1613年)に建立された 旧皇居の正殿・紫宸殿を移建改築したものなので宮殿建築の雰囲気をよく残しています。

ファイル:Ninnaji Kyoto07n4500.jpg
期間
平成24年4月28日(土)より5月4日(金)まで
拝観料
大人800円/中高生400円、小学生以下は保護者同伴一名につき一名無料
受付時間
午前9時から午後4時
ホームページ
http://ninnaji.jp/

地図


大きな地図で見る


期間や拝観料、受付時間は2012年4月11日現在の 京都古文化保存協会のホームページに掲載された情報 にもとづいています。変更などもございますのであらかじめご了承下さい。

平成24年度 京都春季非公開文化財特別公開についての問合せ
京都古文化保存協会 Tel:075-561-1795 受付時間:9時~17時


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗