1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京都ARTNEWS」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京都ARTNEWS」アーカイブ

DESIGN WEEK KYOTO 2018|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年は1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催、22か所の工房が参加しました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力を行った「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********

【3】弘誠堂(京表具)

5D4L5989.jpg


3か所目は京表具の弘誠堂さんです。

表具とは、和紙や糊、布地などを用いた伝統的な紙工芸。
絵や書などを掛軸の形にに表装する仕事が知られますが、弘誠堂さんでは、その他にも屏風仕立てや額装、古い絵や書の修復作業までを一手に行われています。

5D4L5984.jpg


ちょうど修復作業途中のものがあったので見せていただきました。
古い絵や書は経年劣化でシワシワになってしまったり、ニスの役目をしている漆部分が変色して茶色っぽくなったり、絵の具が剥げてしまったりシミや汚れが出ていたりします。これを洗浄し、きれいな形によみがえらせます。

5D4L5986.jpg


作業前と後ではこんなに色の違いが!

5D4L5905.jpg


あまりに難しい作業になると文化財修復を行う専門の機関が手掛けることが多いそうですが、弘誠堂さんではある程度のものまでなら自分達だけで対応できるとのこと。以前には寺院に収められた大きな仏画の修復作業も担当されたそうです。(写真はその作業の様子を写したスライドの一部。人と比べるとサイズ感がよくわかります)

5D4L5907.jpg

5D4L5899.jpg


表具に使う裂地や、掛軸の軸の部分も、扱う作品や用途、収める場所に対応するため、常にいろいろな種類をそろえてある程度ストックされているそうです。
表具は作品を飾る衣服のような存在と思うと、これらは作品のためのブティック、ともいえるかもしれませんね。

DESIGN WEEK KYOTO 2018|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年は1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催、22か所の工房が参加しました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力を行った「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********

【2】(有)西村商店(引箔)


5D4L5755.jpg


2か所目に訪れたのは、(有)西村商店さん。西陣織に用いる「引箔」を作る工房です。

引箔とは、西陣織の生地のベースになる素材の一つ。

5D4L5745.jpg


和紙に金銀やアルミなどの箔や色漆などの素材と、加熱や特殊加工など多彩な技を駆使して模様を描き、これを上の写真のように糸状に細く裁断して織り込むことで、織物の柄や地にキラキラとした輝きやグラデーション、パターンなどの風合いを生み出します。
西陣織が、織物なのにまるで絵具のような滲みや漆器の蒔絵のような風合いをつけることができるのは、この引箔のおかげなのです。

でも織り上がった状態の生地からは、引き箔はいったいどんなものなのかは知ることができません。
それを見ることができるのは、工房見学ならでは!

5D4L5796.jpg

西村商店さんは親子代々の引箔職人である西村さんがお一人で経営されています。

工房見学の前に、まずこれまでに手掛けた引箔の見本帳を見せていただきました。
ご自身で作られたものもあれば、先代であるお父様の作品、またもっと以前に作られた今ではどうやって制作したのか方法がわからないものまでが収められているそうです。

※引箔のデザインは織り上げる図柄にあわせてオーダーメイドで制作することが多いため、見本帳の引箔も企業秘密(非公開)扱いの作品が多々。写真はその中から大丈夫なものを選んで撮影させていただいています。


引き箔は、和紙(原紙)全体にベースとなる色漆やラッカーを塗り、その上に他の色漆で模様を描いたり金銀箔を貼るなどして模様を描くことが一般的。色の組合せや特殊加工の付け方によって表情は無限に変わります。

5D4L5811.jpg


5D4L5817.jpg

下地が青か赤かだけでも、上に撒かれた金箔の色合いがちょっと違って見えますね。

5D4L5808.jpg


箔を貼るにも、そのまま貼るか艶消しをするかだけで、色合いも表情も全く違うものになりますし、紙をわざと揉んでくしゃくしゃにすることで生まれるシワを模様に利用することもあるそうです。

5D4L5783.jpg


他にも、写真のような銀に熱を加えると変色する性質を利用して、焼き鏝などで熱を加えて虹色のような変化をつける「焼箔」や、マーブル模様のような効果を出す「墨流し」、引き箔自体に絵を描く「絵箔など。このような技法をさまざまに組み合わせて模様を生み出します。

見本帳に収められた引き箔の多彩なパターンは、それだけでもとってもアーティスティック!
それこそ織物の形にせずともこのままで十分作品として成立するほどの美しさです。
織物にした際には裁断して糸状になってしまうのでこれらは見えなくなってしまうのですが、それがとてももったいなく思えるほどでした。

DESIGN WEEK KYOTO 2018|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年は1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催、22か所の工房が参加しました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力を行った「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********

【1】(有)フクオカ機業(西陣織)


5D4L5737.jpg

最初に訪れたフクオカ機業さんは、西陣織の織屋さんです。

創業は明治時代。以来、多くの西陣織工房と同じく、帯地を中心に制作を行ってきました。現在でも着物や帯、袈裟や十二単といった呉服生地の制作を行われていますが、その傍らで、近年では西陣織の「技」を活かし、特殊繊維を使った織物など新しい製品開発にも力を入れておられます。

5D4L5619.jpg

平屋建ての工房に足を踏み入れると、そこには大きな織機がずらり!全部で12台あり、うち8台で帯、4台を特殊繊維用として使われているそうです。どれも年季が入っていますが、長いもので40年ものを、機械が特殊で替えがきかない分、大切にメンテナンスをして使い続けておられるとのことでした。

5D4L5620.jpg


織機がならぶ工場の様子は、どこかスチームパンクの世界を思わせる美しさがありました。
美しい着物や布地を生み出す現場は、思いのほかメカニック!

5D4L5661.jpg

在籍されている職人さんは10人ほど。若い人も多いそうで、この日案内してくださった西出さんもまだ20代の若い職人さんでした。工房でもベテランさんと若手さんが一緒に仕事をされていましたよ。

通常、西陣織は工程が細分化されていて各作業をそれぞれ専門の職人さんが手分けして行うことが多いのですが、フクオカ機業さんではそれをデザインから織り・仕上げまで一貫して行われているそう。人数は少ないものの、その分小回りが利き、色々なことに挑戦しやすい環境になっているそうです。






  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗