1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京都ARTNEWS」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京都ARTNEWS」アーカイブ

20180303_flyer_omote_250x360px.jpg
© TENMYOUYA HISASHI

鴨川のほとりにある、ドイツ人アーティストのレジデンス施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。

ここで開催される「Creators@Kamogawa」は、日本とドイツのクリエイターがアートを語り合うイベントシリーズ。毎回2つのテーマで濃密なトークを展開しています。

トークの後には館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に楽しめる交流会も開催。滞在中のドイツ人芸術家の作品もモニターにてご覧いただけます。
お気軽にご参加ください!

カルチャートークCreators@Kamogawa
ポストデジタル時代のオリジナルとコピー
空間から映像へ/映像から空間へ


日時:2018年3月3日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

《第1部》
メルレ・ラートケ(キュレーター・作家)

篠原 資明(哲学者、詩人、美術評論家)

《第2部》
カアン・ミュジデジ(映像作家)
SHIMURAbros(映像作家、美術家)

司会:小崎 哲哉

【第1部】ポストデジタル時代のオリジナルとコピー(15:00~)

デジタル技術の普及に伴い、コピーやコピペは当たり前のことになっています。消費社会における「オリジナルなきシミュラークル(模像)」は、もはや当然の存在となりました。現代アートにおいても、アプロプリエーション(流用・盗用)がやや廃れたとはいえ、従来のオリジナル信仰は相対的に位置が低下してきています。一方、日本文化においては、複製や反復が西洋とは異なる価値を持っているように思えます。伊勢神宮の式年遷宮は、その一例かもしれません。時代の変遷について、東西の価値観の違いについて、ふたりの美学研究者が意見を交わします。

【第2部】空間から映像へ/映像から空間へ(16:00~)

さまざまな領域で映像が多用されるようになり、映像の可能性は、この数十年の間に劇的に広がりました。映像はスクリーンから独立し、解放され、新しいアプローチと語りの形が生まれています。映画館ばかりでなく、建造物の内外における映像の使用も増え、「建築」とも大きく関わるようになってきました。映像と空間の関係は今後どうなるか? 映像とアートのさらなる融合の可能性とは? 制作中の映画の物語構造をインスタレーションという物理的な形でも具体的に表現する映画監督が、映像の可能性を追求する現代アーティストユニットと語り合います。

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:info@villa-kamogwa.goethe.org
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa

flyer_icomsuisin.png

世界約140の国と地域からさまざまな分野の博物館や専門家が参加している、博物館振興を目的とした国際的NPO「国際博物館会議(ICOM)」。その世界大会が、2019年に日本で初めて、京都で開催されることになりました。

これを記念し、京都市内博物館連絡協議会(京博連)と京都市教育委員会の共催により、「ICOM京都大会推進月間イベント」が2018年2月~3月にかけて開催!
展覧会はもちろん、スタンプラリーやシンポジウムなど、ミュージアムがより楽しくなる多彩な関連イベントが多数予定されています。

詳細については京博連の公式ページより。
「ICOM京都大会推進月間イベント」をまとめた「楽しくって面白い!冬の京都のミュージアム」パンフレットもダウンロードできますよ!
詳細はこちらから

京都で遊ぼうARTでも一部イベントをご紹介していく予定です。
この冬は京都のミュージアムで楽しく暖まりましょう♪

20171202_Creators@Kamogawa_flyer_omote-330x460px.jpg

鴨川のほとりにある、ドイツ人アーティストのレジデンス施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。

ここで開催される「Creaters@Kamogawa」は、日本とドイツのクリエイターがアートを語り合うイベントシリーズ。2017年度からは毎回2つのテーマで濃密なトークを展開しています。

トークの後には館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に楽しめる交流会も開催。滞在中のドイツ人芸術家の作品もモニターにてご覧いただけます。
お気軽にご参加ください!

カルチャートークCreaters@Kamogawa
「DIYの芸術表現」
「演劇が街に出るとき」

日時:2017年12月2日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

《第1部》
レーナ・ヴィリケンス(音楽家)、ザラ・チェスニー(美術家)
江村幸紀(音楽プロデューサー、文筆家、DJ)、呉山夕子(音楽家)

《第2部》
ミヒャエル・グレースナー(舞台美術家、舞台衣装家)、 高嶺格(美術家・演出家)

司会:小崎 哲哉


【第1部】DIYの芸術表現(15:00~)

ポピュラーカルチャー(大衆文化)とハイカルチャー("高尚"文化)の上下関係は、いまや世界的に消えつつあります。テクノロジーが進歩し、専門的な機材が安価になってきたこともあって、アマチュア的な表現手法と、プロとは異なる独特な作風が芸術文化の世界で市民権を得つつもあります。「偶然」を前提にし、失敗・不完全さ・間違いなどを許容する創作活動。その中では、作品の良し悪しは、どのような基準で評価されるのでしょうか。


【第2部】演劇が街に出るとき(16:00~)

昨今、舞台芸術のありようが大きく変わろうとしています。受身の観客を単に楽しませるのではなく、今日的な主題について、作者や演出家や出演者とともに、アクティブに考えさせようとしているのです。その結果、演劇が劇場の外に出てゆくケースが増えてきました。公共空間において社会的なプロジェクトへの参加を促そうというわけですが、このやり方はうまく機能するのでしょうか。演劇は新しい社会的役割を果たすことができるのでしょうか。

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:info@villa-kamogwa.goethe.org
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa





  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗