1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京都ARTNEWS」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京都ARTNEWS」アーカイブ

DESIGN WEEK KYOTO 2018|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年は1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催、22か所の工房が参加しました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力を行った「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********

【1】(有)フクオカ機業(西陣織)


5D4L5737.jpg

最初に訪れたフクオカ機業さんは、西陣織の織屋さんです。

創業は明治時代。以来、多くの西陣織工房と同じく、帯地を中心に制作を行ってきました。現在でも着物や帯、袈裟や十二単といった呉服生地の制作を行われていますが、その傍らで、近年では西陣織の「技」を活かし、特殊繊維を使った織物など新しい製品開発にも力を入れておられます。

5D4L5619.jpg

平屋建ての工房に足を踏み入れると、そこには大きな織機がずらり!全部で12台あり、うち8台で帯、4台を特殊繊維用として使われているそうです。どれも年季が入っていますが、長いもので40年ものを、機械が特殊で替えがきかない分、大切にメンテナンスをして使い続けておられるとのことでした。

5D4L5620.jpg


織機がならぶ工場の様子は、どこかスチームパンクの世界を思わせる美しさがありました。
美しい着物や布地を生み出す現場は、思いのほかメカニック!

5D4L5661.jpg

在籍されている職人さんは10人ほど。若い人も多いそうで、この日案内してくださった西出さんもまだ20代の若い職人さんでした。工房でもベテランさんと若手さんが一緒に仕事をされていましたよ。

通常、西陣織は工程が細分化されていて各作業をそれぞれ専門の職人さんが手分けして行うことが多いのですが、フクオカ機業さんではそれをデザインから織り・仕上げまで一貫して行われているそう。人数は少ないものの、その分小回りが利き、色々なことに挑戦しやすい環境になっているそうです。




特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」(京都国立博物館)
2018年4月7日(土)~5月20日(日)

taiganairan (1).JPG

4月7日(土)からスタートする特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」の記者発表&内覧会に伺ってきました!
池大雅は伊藤若冲や円山応挙らとほぼ同じくらい、江戸時代中期の京都を拠点に活躍した絵師です。若冲らに比べると絵の見た目のインパクトなどの影響もあってか、最近はちょっと知名度が劣りがち。しかしそんな時こそ注目してほしい!と京博さんの気合がたっぷり込められた充実した内容の展覧会となっていました。

なんと国内で池大雅の大規模な展示が行われるのは85年ぶり!それだけ久々の展示ということもあり、展示作品は過去最大の約150件...の予定が、最終的に160点以上の作品の展示が決定したとのこと!
しかも、国宝・重要文化財に指定されている池大雅作品すべてが会期中に登場するという大変豪華なものとなりました。

taiganairan (8).JPG

特に国宝については高野山の塔頭・遍照光院所蔵の「山水人物図襖」(上写真)はギリギリになって展示が決まった逸品で、今後寺外での展示にはほぼ出ない!とも言われたとか(期間中展示替あり)
そのほかにも個人蔵品が多い池大雅、この規模でまとめて楽しめる機会は他にありません。ぜひお見逃しなく!


***

taiganairan (3).JPG

展覧会は7章構成で、初期から晩年までおおよそ時系列順で作品を見ることができます。初期と後年の作品では全く作風が違っているので、変化の流れを見ていくのも展覧会の愉しみ方の一つです。

また、大雅の特徴はその交友関係の広さ!大雅の才能を見抜き支援した武家の重臣をはじめ、時の学者たちや寺院の僧侶、そして同じ書家や絵師仲間まで、とにかく大雅の生涯にはさまざまな人が登場し、彼の画業に影響を与えています。(同時代の絵師だった伊藤若冲とも交友があり、一緒に梅見物にでかけた記録もあるとか...)
展示品には、交友関係のなかで生まれた作品や合作、書簡、大雅が生前実際に使っていた楽器や仏像など、さまざまな資料が登場するので、彼らと大雅の交流や関係性を想像しながら作品を見るのも楽しみ方といえるでしょう。

taiganairan (6).JPG

そして大雅といえば「旅」。展覧会のメインテーマともなっていますが、大雅は生涯に日本のあちこちを積極的に旅し、数多くのスケッチを残しています。そのスケッチをもとに描かれたと考えられる作品もあるので、スケッチと見比べるとより楽しめます。大雅の描く風景画は自分で実際に見た自然の景色をベースにしているためか、その視点は山登りをしてふと頂上から景色を眺めた時のような、実際にその場にいるかのような感覚に見る人を誘ってくれます。大雅の絵の源泉である「旅」を感じながら眺めてみては。

taiganairan (11).JPG

このほかにも、最愛の妻・玉爛と合作した作品や、指を筆代わりにして描く一種のパフォーマンスアート「指墨画」の作品(掛軸から大きな屏風まで!よく見ると指の跡もわかります)、幼いころから絶賛された書作品など、大雅の才能の幅広さを感じさせる品が並びます。

今まで池大雅を知らなかった方も、前からお好きだった方も、満足できること間違いなし。春の日のお出かけに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

***

taiganairan (17).JPG
なお、今回グッズはトラりんと大雅のコラボ商品が登場!ゆる~い絵柄がマッチしてかわいいですよ!

※ちなみに、音声ガイドの担当は俳優の中村梅雀さん。ちょっと雰囲気が、肖像画の大雅と似ているかも?






20180331_Creators@Kamogawa_400x566px.jpg© Klara Bindl

鴨川のほとりにある、ドイツ人アーティストのレジデンス施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。

ここで開催される「Creators@Kamogawa」は、日本とドイツのクリエイターがアートを語り合うイベントシリーズ。毎回2つのテーマで濃密なトークを展開しています。

トークの後には館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に楽しめる交流会も開催。滞在中のドイツ人芸術家の作品もモニターにてご覧いただけます。
お気軽にご参加ください!

カルチャートークCreators@Kamogawa
「手仕事とデジタル革命
職人の道具箱


日時:2018年3月31日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

《第1部》
カイ・リンケ(プロダクトデザイナー)
鞍田 崇(哲学者、明治大学理工学部准教授)

《第2部》
ミヒャエル・ボイトラー(彫刻家)
クララ・ビンドゥル(建築家)
赤尾 建藏(竹中大工道具館館長)

司会:小崎 哲哉


【第1部】手仕事とデジタル革命(15:00~)

デジタル技術は手仕事の分野をも大きく変革しました。3Dプリンターを使えば、簡単に立体造形物を作成できます。陶磁器や家具のデザイン、吹きガラスの制作などをバーチャルに体験できるアプリもあります。リアルな手仕事は、このまま消滅してしまうのかもしれません。しかし、このような方法でアナログのモノづくりを超えることは可能でしょうか。逆に言えば、デジタル化は伝統的な手仕事に良い変化をもたらしうるのでしょうか。気鋭のプロダクトデザイナーと、柳宗悦が始めた民藝にも詳しい哲学者が、21世紀の手仕事の可能性について話し合います。

【第2部】職人の道具箱(16:00~)

大工や職人は、建築技術や道具の使い方を心得ているだけではありません。建築現場の日常、素材の特質、作業の流れなどを熟知していることが相俟って、結果的に設計者の自由度を広げることにつながっています。伝統的な日本の職人たちの「道具箱」とは、いったいどのようなものでしょうか。道具箱の中にある「ハード」と、それを使いこなす「ソフト」について理解を深めると、現代における他分野の仕事にも実りをもたらすことになるかもしれません。アートと建築の境界で仕事をするレジデンツふたりと、日本唯一の大工道具館の館長が意見を交わします。

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:info@villa-kamogwa.goethe.org
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗