1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「京都ARTNEWS」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「京都ARTNEWS」アーカイブ

8月9日(金)からスタートの「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」(京都国立近代美術館)内覧会に行ってきました!

この展覧会は、京都国立近代美術館と、京都服飾文化研究財団(KCI)による共同企画。5年に1度、毎回テーマを変えてファッションに関する様々な展示を行っています。
今年はちょうど世界博物館会議(ICOM)京都大会の関連で服飾に関する研究部会(コスチューム部会)が行われるため、世界に向けての発信も視野に入れられているそう(チラシも最初から日英版が!)

最近はハイブランドが自ら企画して美術館で展覧会を開催することも増えており、ファッション展が一種のメディアとなっている流れもあります。

これに対し「ドレス・コード?」展はそれとは異なり、批評的視点を持ったファッション展として、「着る」という行為そのものを、KCIのコレクションを中心にどのように表現できるか、という考えに基づき企画したとのこと。
ファッションの他、現代アート、写真、映像、漫画やアニメ、SNS...といった他の分野との関連性にも大きく視野を広げた内容となっています。


***

展覧会は0~12、計13のセクションで成り立っています。

20190808_162654.jpg

「裸で外を歩いてはいけない?」といったように、全て質問文になっているのが特徴。見る人が考えながら展示を見て欲しいという意図からだそうです。

20190808_162819.jpg
漫画「イノサン Rouge」とのコラボ展示コーナー。実際にKCIが所蔵する漫画と同時代(フランス革命時頃)の衣装と、それをキャラクターに着せた描きおろしイラストが並びます。とにかく細工の細かさは必見!(コラボグッズもありますよ)

展示される服はKCIがこれまでに収集した歴史的に貴重な服飾資料から、コム・デ・ギャルソンやゴルチエ、ルイ・ヴィトンなどなど外題の有名ハイブランドや世界的デザイナーの手掛けたものまでが揃っています。

20190808_163224.jpg
こちらは1900年代から現代までのスーツをずらっと並べた一角。年代ごとのスタイルの違いを見比べて楽しめます。

「スーツ」「ミリタリー」「タータンチェック」といったようにアイテムごとにまとめられた形での展示が多く見られます。これはSNSで使う"ハッシュタグ"をイメージしたそう。
ファッションの普及に今やSNSは欠かせないもの。一般の人が自らファッションをカテゴライズし発信していく感覚を取り入れたかったとか。

会場デザインを担当した建築家の元木大輔さんも、「作品ひとつひとつを楽しむこともでき、群れとして見ることもできるように」というイメージで空間を作っていったそうです。

"群れ"として見ると、その服のジャンルが持つ特徴が見えてきます。
例えばスーツは、本来は組織に属する人の制服的位置づけであったり、フォーマルさをイメージさせるものでした、それが時代を経るとその「スーツはフォーマルなもの」と言った感覚、いわばスーツのもつドレス・コードから逸脱したデザインや色柄のものが生まれていくことがわかります。

20190808_163118.jpg
こちらはミリタリー。今ではお馴染みの迷彩柄やトレンチコートなども、元は軍隊で使うために生まれたもの。それがいつしかそのドレス・コードから外れ、こんなにバリエーション豊かに。

元は炭鉱の労働服として生まれたデニムが、ジェームス・ディーンが映画で着用したことでお洒落なものとして認識・一般化された例が知られますが、時代を経て当初とは違う昨日や意味に変化していくというファッションの特徴の一つを感じることができました。

20190808_164312.jpg
中にはセクションの表示板に飾られているものも!
こちらはアート作品とコラボレーションしたもののコーナー。「描かれているものが何か」をわかるとより楽しいものです。

20190808_164706.jpg
いわば着られる・身に着けられるアート。本来なら美術館にある作品を持ち歩くことができたり、それどころか自分自身がアートの一部になってしまうような...

20190808_165048.jpg
こちらは全部シャネルブランドのスーツ!創業者であるココ・シャネルによるものから、カール・ラガーフェルドがデザイナーを務めた現代の作品まで大集合しています。
手掛ける人が変われば同じシャネルスーツでもその印象は大違い。また、シャネル自身も女性の社会進出のアイコンとなり、シャネルスーツもその象徴になりました、まるで時代を映す鏡のようです。20190808_165206.jpg
19k003-001_fb.jpg

日本でも有数のアナログレコード愛聴家 湯浅学さんをお招きし、いしいしんじさんを進行役に、アナログレコードの魅力をビギナー向けに1から10まで徹底的に教わる、4時間のレクチャーです。
音が空間を伸び縮みさせながら自分に向かってくる迫力を感じるもよし、身と心を音にゆだね、徐々に耳や毛穴さえもが開いていく感覚を発見するのもよし。
お盆明けの土曜日の午後、ゆるやかに繋がりながら思い思いの心のゆらぎを一緒に楽しみませんか?

湯浅学&いしいしんじの
「アナログレコードのある暮らし」

日時:2019年8月17日(土)13:00~17:00(12:30受付開始)
講師:湯浅学(音楽評論家)、いしいしんじ(作家)
会場:ワコールスタディホール京都
料金:2,160円(税込/途中入退場自由/要申込)

※このイベントの申し込みには、スクール会員登録(無料)が必要です。
※申込・詳細についてはワコールスタディホール京都のイベント公式ページをご確認ください。


湯浅 学

1957年神奈川県横浜生まれ。「幻の名盤解放同盟」常務。 バンド「湯浅湾」リーダー。著者に『人情山脈の逆襲』『音海』『音山』『嗚呼、名盤』『あなのかなたに』『音楽が降りてくる』『音楽を迎えにゆく』『てなもんやSUN RA伝』『ボブ・ディランーロックの精霊』『大音海』(単著)、『ディープ歌謡』『豪定本ザ・ディープ・コリア』『時代の体温』『モータウン・ハンドブック』『ドントパスミーバイ』(共著)、『踊る目玉に見る目玉』『サン・ラー伝』(監修)など。現在、ロックバンド「湯浅湾」の10年ぶりの新譜、5枚目のアルバムを制作中。

いしい しんじ

1966年大阪生まれ。京都在住。1994年『アムステルダムの犬』でデビュー。 2000年、初の長編小説『ぶらんこ乗り』刊行。著作に、小説『麦ふみクーツェ』『トリツカレ男』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』『みずうみ』『港、モンテビデオ』『よはひ』『悪声』など、エッセイ『熊に見えて熊じゃない』『遠い足の話』『且座喫茶』など。音楽エッセイをまとめた『いしいしんじの音ぐらし』もある。京都や日本各地で蓄音器を聴くイベントをひらいている。文芸誌「新潮」にて長編小説『チェロ湖』連載中。
20190727_Creators@Kamogawa_flyer_omote-330x450.jpg

鴨川のほとりにある、ドイツ人アーティストのレジデンス施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。

ここで開催される「Creators@Kamogawa」は、日本とドイツのクリエイターがアートを語り合うイベントシリーズ。毎回2つのテーマで濃密なトークを展開しています。

トークの後には館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に楽しめる交流会も開催。滞在中のドイツ人芸術家の作品もモニターにてご覧いただけます。
お気軽にご参加ください!

カルチャートークCreators@Kamogawa
「建築とコレオグラフィー」
「AIは家族になれるか」

日時:2019年7月27日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

《第1部》
カイ・フィンガレ(建築家)
永山祐子(建築家)

《第2部》
ジャンヌ・フォークト(文化芸術論/キュレーター)
池上高志(複雑系研究者/東京大学大学院総合文化研究科教授)

司会:小崎 哲哉(アートジャーナリスト)

【第1部】建築とコレオグラフィー(15:00~)

建築設計においては、人間が空間の内部をどのように移動するか、すなわち動線をいかにつくるかが重要視されます。そのためには現代舞踊のコレオグラフィー(振付)が参考になるかもしれません。(狭小住宅や仮設住宅等の)小さな建物に関心を抱く建築家 カイ・フィンガレと、「ダンス保育園」の空間構成も手がける建築家 永山祐子氏が、身体と運動、空間とデザインについて話し合います。

【第2部】AIは家族になれるか(16:00~)

ロボットやAI(人工知能)は今後、家事や介護、さらには「癒し系」と呼ばれる分野にも進出してゆくと目されています。こうした新しい「仲間」たちには、どのような役割を与え、どんな倫理観とどれほどの自由を持たせるべきか。デジタルアートを得意とするキュレーターのジャンヌ・フォークトと、人工生命や複雑系の研究者で、世界的に活躍する 池上高志氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)が対話します。

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:iinfo-villa-kamogawa@goethe.de
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗