1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「アートの楽しみ方」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「アートの楽しみ方」アーカイブ

京都の夏を語る上で欠かせないのが、「五山送り火」です。
京都では祇園祭で夏が始まり、五山送り火を終えると夏が終わる、という人もいるくらい、親しまれている行事。
季節の移り変わりを告げる「夜空に浮かぶ炎のアート」とも言えるかもしれません。

でも「送り火」とは何か、どう見ればよいのか、案外知らないことも多いかも...?
ここでは「五山送り火」の豆知識や見所ポイントをご紹介します!
お出かけの前の予習にどうぞ!

「五山送り火」とは?

正確には「京都五山送り火」といいます。
「大文字の送り火」「大文字焼き」とも呼ばれていることがありますが、まず京都の人はその呼び方はしませんのでご注意を。

本来お盆の間にお迎えしていた先祖の霊たちをあの世にお送りする、「精霊送り」のための宗教行事です。
京都盆地を囲む五つの山に「大文字」(東山如意ケ嶽)、「妙法」(松ヶ崎東山・西山)、「船形」(西賀茂船山)、「左大文字」(金閣寺北山)、「鳥居形」(嵯峨鳥居本・曼荼羅山)のかたちが配されています。これに8月16日の20時ごろから次々に火を灯していきます。

起源については諸説ありはっきりしていませんが、「精霊送り」のために火を焚いて松明を灯していた「万灯」が変化したものといわれ、一般庶民にまで浸透したのは室町~江戸時代のこととされています。

かつては現在の5つ以外に、
「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に雀」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺山)もあったそうですが、現在は廃れてしまっています。いったいどのような形だったのでしょうか...?

五山送り火に参加しよう!


「送り火」を見るのによいスポットは?

送 り火を全部まとめて見るには、山から離れた視界が開けた場所、または高いところから見ることになります。そのため、文字からは遠くなってしまいますから、ひとつひとつの見え方が小さくなってしまうことは覚悟しましょう。人も多いかもしれません。
(数少ない「全山鑑賞ポイント」としては「船岡山公園」が知られていますが、結構な有名ス ポットなので混雑覚悟!)
ホテル屋上やビルの上階にあるレストランなどが、有料プランを用意している場合もあります。

じっくり楽しむのなら、ひとつの山に絞って見たほうが無難です
準備をしている人たちの様子や、関連行事が楽しめるところもあります。

※なお、当日は山には関係者以外立ち入り禁止ですのでご注意を。

護摩木を納めてみよう!

各山(妙・法を除く)では、送り火の際に焚く護摩木の受付を行っています。
これは一般の方も参加可能!昔から、自分の名前と持病のあるところを書いて納めると、病気が治るといわれています。
護摩木はひとつ300円程度。
各山の近くに受付所が設けられているので、当日までに行ってみましょう。
※ 数に限りがあります。予定時刻より早くなくなってしまう場合もあるので、お求めはお早めに。


五山の鑑賞ポイント


大文字(東山如意ヶ嶽)

「送り火」で最もよく知られる代名詞的な山。一般に「大文字」というとこの山のことを指します。
弘法大師空海に起源を持つといわれ、当日は19時ごろから山上の弘法大師堂で般若心経が上げられます。五山の中で一番最初に点火されます。

点火時間:20:00ごろ
鑑賞スポット:賀茂川堤防西岸
護摩木受付:
銀閣寺門前にて 8月15日 12:00~20:00 /8月16日 6:00~14:30

妙法(松ヶ崎西山・東山)

「妙」「法」の二つセットになっている山。
この二つは同時に始まったわけではなく、まず「妙」が鎌倉時代にでき、その後江戸初期になって「法」が加えられたそうです。
点火の際は絶妙なタイミングで二つの文字に同時に火がつけられる様子が見どころのひとつです。

松ヶ崎題目踊り

15日20:00/16日21:00~
送り火の前日と当日(送り火終了後)日本最古の盆踊りといわれる「松ヶ崎題目踊り」が
涌泉寺にて行われます(見学自由)。
【アクセス】地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅下車、東口より徒歩約12分

点火時間:20:10ごろ
鑑賞スポット:「妙」北山通(ノートルダム女学院附近)、「法」高野川堤防(高野橋北)、地下鉄松ヶ崎駅周辺
護摩木受付:なし


船形(西賀茂船山)

西賀茂にある寺院・西方寺の開祖、慈覚大師が847年、唐留学からの帰りの船上で暴風雨にあったが、南無阿弥陀仏を唱えると嵐が収まって無事帰国できた、という話から、船をかたどったといわれています。点火の際は西方寺の鐘を合図に点火します。
ちなみに西方寺は北大路魯山人の墓があるお寺です。

六斎念仏

空也上人に起源をもつ、踊念仏の一種。重要無形民俗文化財。
送り火の終了後、21時頃から西方寺にて行われます。
【アクセス】京福電鉄北野線「常盤」駅下車、徒歩6分

点火時間:20:15ごろ
鑑賞スポット:北山通、御薗橋周辺
護摩木受付:西方寺門前にて 
8月5日~15日 8:00~16:00/8/16 8:00~10:00

左大文字(大北山)


o0400030010235291516.jpg

金閣寺の近くにあるもうひとつの「大文字」。
形は東山の「右大文字」と似ていますが、規模や点火方法などは異なります。ほかの山よりは遅れて登場した山のようで、以前は横に一角加えて「天」の字だった時代もあるとか。

点火時間:20:15ごろ
鑑賞スポット:西大路通(四条~衣笠・金閣寺)
護摩木受付:金閣寺門前にて
8月15日 9:00~15:00/8月16日 7:00~14:00

鳥居形(嵯峨鳥居本・曼荼羅山)


o0400030010234546258.jpg

ほかの4つの山からは離れた、嵐山・広沢池の近くにあります。そのため京都の市街地からでも見える箇所が少なくなります。
点火方法もほかと異なり、井形に火床を組むのではなく、松明を燭台に乗せるかたちで火を灯します。

点火時間:20:20ごろ
鑑賞スポット:松尾橋、広沢池、嵯峨清涼寺北
護摩木受付:化野念仏寺駐車場にて 8月3日~15日 10:00~16:00/8月16日 9:00~15:00

関連リンク

京都五山送り火(京都市観光協会HP)
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/daimonji.html

京都新聞・五山送り火
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.php

京都五山送り火・鑑賞ポイントはここ!
http://bigkarasu.com/


【そのほかにも京都の夏のイベントはいろいろ!こちらもチェック!】

・ 京都をぐるっと歩いてみた。「夜の京都」編(京の七夕、燈明会など)
http://www.kyotodeasobo.com/art/theme/gurutto/summer/

・ 夏のミステリーアートスポット7選
http://www.kyotodeasobo.com/art/pickup/mystery-spot/
残暑も厳しい日が続いていますが、朝晩は大分涼しくなってきました。
着実に季節が移り変わってきている様子が感じられますね。

さて、京都の旅といえば、春の桜と並んで秋の紅葉も見所です。
今年も、京都で紅葉狩りを楽しみたい、秋の京都に行きたい!とお考えの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方の強い味方!京都で遊ぼうARTでは、
京都の秋の旅をより楽しむためのアプリ「京都で遊ぼう 《秋》」を作りました!

iPhone版、Android版、両方用意しておりますので、お使いのスマートフォンにDLしてお使いください!
利用料も無料です。

ss-480-0-0.jpg mzl.bctaghtp.320x480-75.jpg ss-480-2-0.jpg

「京都で遊ぼう《秋》」でできること。


秋の京都を彩るライトアップの実施場所をチェック!

観光シーズンになると、京都のあちこちの寺院などでは、期間限定のライトアップイベントが開催されます。
なかなか夜のお寺に入る機会は少ないのでは?
日中とはまた違った、幻想的な姿が楽しめますよ!

「京都で遊ぼう《秋》」では、2011年の秋シーズン中にライトアップが行われる場所を地図とリストで調べられます。
知っている場所はもちろん、自分がいる場所の近くでライトアップをしているところはどこか探すなんてこともできます。(GPSをONにしてご利用ください)
実施期間・時間も併記されているので、行く前にしっかりチェックもできますよ!

この時期だけしか見られない!特別公開・拝観場所をチェック!

秋に行われる、特別公開・特別拝観もこのアプリでチェックできます!
普段は一般に公開されていない場所をじっくり堪能できるチャンス!
ちょっとマイナーな場所でも、アクセス方法も併記してあるので足を運びやすくなっています。
もちろん地図検索もOKですよ!

アプリを片手に。まだ見ぬ京都の艶姿、堪能してください。




こちらも宜しく!秋の展覧会をチェックする「京都で遊ぼうART」アプリ

詳しくはこちら!

9月13日(火)より始まった、「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派奇跡のコレクション」。
先に開催された東京展でも行列ができるほどの盛況ぶりだった展覧会が、いよいよ京都にやってきました!
東京展の様子はこちら!(展覧会レポート)

行くぞ!と決めている方も、どうしようかなぁ、と迷っている方もいらっしゃるかと思います。
ここでは、そんな注目の展覧会の、見所ポイント、そして気になる作品を少しご紹介したいと思います。
ビビっと来たら、ぜひ展覧会に足を運んでみてください!

「美術館展」の開催が極めて困難なワシントン・ナショナル・ギャラリー


mane_washington.jpg エドゥアール・マネ 《鉄道》 1873年
National Gallery of Art, Washington
Gift of Horace Havemeyer in memory of his mother, Louisine W. Havemeyer

明快な色彩や平板な空間表現、大胆な構図により、ヨーロッパの絵画に変革をもたらしたマネは、その後「印象派」が生まれるきっかけとなり、「印象派の祖」とも呼ばれます。 これは彼がパリで最も権威ある展覧会「サロン」に1874年に出品した三点の作品中、唯一の入選作でした。
二人の人物の視線や年齢、服の色のコントラストが印象的。リズミカルな鉄格子の配置は画面全体のアクセントになっています。題材がちょうど当時普及し近代化のシンボル的存在だった鉄道というところも時勢を感じさせます。
常設コレクションの作品のひとつ。
ワシントン・ナショナル・ギャラリーでは、作品寄贈者の意向などにより所蔵作品の多くは貸し出しが厳しく制限されています。
特に「常設コレクション作品」と呼ばれる作品群(2,334点)は美術館の「顔」ともいえる傑作の多くがそれに指定されており、「ある決まった点数以上、一度に館を離れてはならない」という不文律があります。
つまり、一気に多くの作品を持ち出して展示する「○○美術館展」の形式での展示が難しい美術館なんです。
しかし、今回の展覧会ではそのうち9点が出展!これは一つの展覧会に出される点数としてはワシントン・ナショナル・ギャラリー史上最多の数となります!

印象派・ポスト印象派ファン必見!日本初公開作品が約50点!


renoir_washington.jpg ピエール=オーギュスト・ルノワール 《モネ夫人とその息子》 1874年
National Gallery of Art, Washington / Ailsa Mellon Bruce Collection

印象派を代表する画家であるクロード・モネ。彼の家は1870年台半ば、一時期印象派の画家たちの集まる中心的な場所になっていました。
この絵は、モネの友人で印象派の仲間でもあったルノワールが、モネの妻カミーユと息子ジャンを描いたもの。実はこのとき、マネもモネの家を訪ねており、二人を隣で描いていました。そして家主のモネはその絵を描いているマネを描いていたのだとか。画家たちの親密な交流が伺える作品です。モネもお気に入りだったようで、生涯手元に置き、晩年には寝室に飾っていたそうです。
こちらは今回の展覧会で日本初公開となります。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵作品12万点の中でも、特に質の高さと人気を誇るのが、うち約400点の印象派とポスト印象派の作品群です。
今回はその中から日本初公開作品約50点を含む、全83点が展示されます。
展示は、クールベやコローらバルビゾン派・写実主義の作品を導入部とし、印象派の先駆けとなったマネを経て、モネ・ルノワール・ドガなど印象派に至り、そし てセザンヌやゴッホ、ゴーギャンなどそれぞれの表現を模索し印象派のその先を目指したポスト印象派の画家たちへと続きます。
マネの『鉄道』は17 年ぶりの来日。また、展覧会のポスターにもなっているゴッホの『自画像』は日本初公開となる作品です。
その他、ルノワールの『モネ夫人とその息子』、セザンヌの初 期の名作『「レヴェヌマン」紙を読む画家の父』やスーラの『オンフルールの灯台』なども日本初公開。
ぜひ、貴重な作品たちとの出会いをお楽しみください。

ワシントンでもなかなか見られない作品も!


lautrec_washington.jpg アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
《アンバサドゥールの粋な人々》 1893年
National Gallery of Art, Washington
Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon
現在もパリの観光名所になっているキャバレー「ムーラン・ルージュ」のポスターで知られるロートレック。
彼は印象派より少し後、ポスト印象派の時代に活躍しました。ゴッホの友人の一人でもあります。

この作品は、当時のパリで最も人気だったカフェ・コンセール(シャンソン喫茶)「アンバサドゥール(大使たち)」を描いたもの。出演が決まった彼の友人の歌手の依頼によるこのポスターは、「ムーラン・ルージュ」に続き大成功を収め、一躍ロートレックは人気画家となります。

洗練されたカフェで食事を楽しむ若いカップルが描かれていますが、服装は当時の流行最先端。楽しそうに会話する姿が生き生きと描かれています。

この作品は厚紙に貼られた網目紙に、黒炭でラインを引き、それに油彩で着色されています。

印象派やポスト印象派の画家たちは、素描や水彩、パステル、様々な版画など、キャンバスではなく紙に描く作品にも積極的に取り組みました。特に今回は版画作品が多く出展されています。
彼 らが活躍した時代は、写真が広く普及した時代でもあり、それまで複製メディアとしての役割を担ってきた版画は、芸術家の独自表現や芸術性を追及する「アー ト」としての方向を強めていきました。また、油彩画の影に隠れがちな素描や水彩なども、芸術家の個性と表現がより自由に探求されています。
このような紙に描かれた作品は、作品保護のためにめったにワシントン・ナショナル・ギャラリー内でも展示されません。また、これらの作品は「1作品あたり計15回までしか館外に貸し出ししてはならない」という規定もあります。今回の出展はその貴重な1回分にあたります!
現地でもなかなか見られない作品に出会えるチャンス、お見逃しなく!

関連リンク

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派奇跡のコレクション

京都市美術館




  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗