1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 「アートの楽しみ方」アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

「アートの楽しみ方」アーカイブ

DESIGN WEEK KYOTO 2019|工房見学レポート
「京都をよりクリエイティブな街に」をコンセプトに、京都在住の職人やクリエイター有志により開催されているプロジェクト「DEDIGN WEEK KYOTO」。
今年も1週間限定で実際のモノづくりの現場を公開するオープンファクトリー企画を開催されました。

DESIGN WEEK KYOTOに広報協力している「京都で遊ぼうART」では、そのうち4つの工房をスタッフが実際に見学!その様子を改めて、少しですがご紹介します。

***********


【3】竹影堂(金属工芸)


DSCF2466.jpg

3件目は「竹影堂」の七代目中村榮真こと中村佳永さんです。

場所は京都市役所から少し歩いた、老舗の旅館や商店が立ち並ぶ麩屋町通沿いにあります。

竹影堂は江戸後期に創業し、約230年続く錺(かざり)金具の老舗。
主に茶道具や香道具のほか、寺社などの釘隠しや急須、湯沸(やかん)、襖の引手、舞妓さんが使う花簪などの装飾品まで、幅広い作品の製作や修繕を手掛けられています。

元々は刀の葉佩(はばき)や目貫などの刀装具を手掛けていたそうですが、明治維新を迎え、廃刀令によって刀装具の需要が激減。そこでそれまでに培った技術を生かして美術工芸品・金工品の製作に転身されたそうです。

DSCF2454.jpg現在の場所に移ってきたのはちょうどその頃、明治22年のこと。
建物は禁門の変で京都の中心部が火災に遭ったすぐ後、明治初期頃に建てられた、伝統的な商家タイプの京町家です。ショップスペースとなっている店の間や、おくどさん(台所)、坪庭に奥の間と昔ながらの姿が良く残されています。

DSCF2304.jpg美術品や金工品を作るようになったのは四代目・竹次郎の時。
この竹次郎が素晴らしい職人だったそうで、明治28年に京都で開催された内国博覧会では海外向けの美術工芸品で高く評価された他、明治天皇が行幸された際に滞在した小御所では彼の作品が飾られていたそうで、その旨の証書も残されています。

「"竹影堂"の名前もこの竹次郎が由来なんです。有栖川宮様から、竹次郎の"竹"を取って命名され賜ったものなんですよ」という中村さん。
それから祖父・父と代は続き、現在の中村さんで七代を数えます。

それでも、竹影堂の歴史は決して平坦なものではありませんでした。

DSCF2296.jpg「金属加工の分野は、機械化を進めて大規模に行うか、手作業で一つ一つ物を作るかに特化しています。うちは後者で、手掛ける品からして作家色が濃かったので、手づくりに拘りました。それでも時代によって求められるものは違いますから、その時々によって作るものも変わっていきました。一時は車のフロントにつける企業ロゴマークも作っていたんですよ」

そのロゴマーク製作も、時代が進むと機械生産にとってかわられてしまいます。それでもこれまで続けていくことができたのは、手仕事によるものづくりが求められてきたからだ、と中村さんは言います。

「お茶道具も手掛けていて、その需要はずっとありましたので、ものづくりとしてやっていくことができました。また、(職人の手による)良い手作りの品が欲しい、と手道具が流行した際には仏具や香道の道具も求められましたので、そちらの需要にも応えてきました」

一つのものにこだわらず、自らの技で作れるものなら求められれば挑戦する、その心がこれまでの中村さん、そして竹影堂を支える力となってきたのです。

「私自身も茶道をしていますが、茶筅以外の道具は金属でもできる、と思っています。お茶の先生方にも「こういう使い方・道具も金属でできるのでは」と新しい金属の茶道具を発信しているんですよ」という中村さん。

DSCF2322.jpg見せて頂いたのは風炉や香合、水指など、通常は漆器や陶器など金属以外のものが使われることの多い道具たち。培った技を活かし、金工の可能性を広げていく中村さんの表情は若々しく輝いておられました。

DSCF2303.jpg

続いて、工房を見学させていただきました!

kyotomuseum_Ja.jpg

2019年9月に京都で開催される国際博物館会議(ICOM)のプレイベントとして、#京都謎解きミュージアム 巡り「古き学び舎と封印の石」が1月17日~3月17日の日程で開催!その記者発表と体験会に参加してきました。

icom20190115-6.jpg

毎年この時期にはミュージアムを巡るスタンプラリーイベントが行われてきましたが、今回は陰陽師見習の少女・しずくを主人公にしたストーリー仕立て。人気声優さん演じるキャラクターと共に謎解きをしながら4つの施設を巡る、RPGのような感覚で楽しめる新しいラリーイベントになっています。

今回会場となる施設は、記者発表の行われた漢検・漢字ミュージアムと、京都市学校歴史博物館、京都芸術センター、京都国際マンガミュージアム。
元々明治時代に京都の街衆たちが建てた"日本初の小学校"番組小学校の跡地を利用している施設です。電車やバスはもちろん、徒歩でも移動可能な程度の距離感なので、街歩きついでにも参加できますよ♪

20190115_122852.jpg

予め購入したゲームキット(写真)とスマートフォンでアクセスするブラウザゲームを使って楽しむ仕様で、ストーリーや問題はスマートフォンを見ながら進めていきます。
(なお購入は会場施設や京都駅内の観光案内所「京なび」等で可能で、当日でもOKです!)

icom20190115-2.jpgicom20190115-1.jpgicom20190115-3.jpg

体験会では出演声優の一人で主人公しずくの友人・あきこを演じた森嶋優花さんが、実際に謎解きに挑戦!

icom20190115-7.jpg

会場が漢字ミュージアムということで、問題は漢字にまつわる内容。展示を見ながら問題を解いていきます。謎解き初心者さんでも挑戦しやすい難易度...ということですがなかなか歯ごたえもあり、森脇さんも真剣そのもの!「わかったときはとてもスッキリしました!」と話してくださいました。
※問題の内容は実際のイベントで使われるものとは異なります。

問題は展示をじっくり見て解いていくスタイルで、随所に施設の紹介などの解説もあり、ミュージアムにあまり足を運んだことがない人でも、物語を通して自然と各施設の見どころを楽しめる仕掛けになっています!
また、実際のイベントで出される謎にはヒントも添えてあるので安心。一人はもちろん、グループでワイワイ話し合いながら遊ぶのも楽しそうです。

ちなみに森嶋さんは京都のご出身!今回演じられた役柄も京都育ちの女の子ということで、少しでも京都らしさを感じてほしいとセリフを京都弁にされたそう。こちらも聞き所ですね!

icom20190115-4.jpg

「生まれ育った京都に関わる仕事をしてみたいと思っていたので、今回のお話をいただいて嬉しかったです。謎解きを通して京都の魅力や歴史について発見があり、初めての方もずっと京都にいる人でも新しいことがわかって楽しめる内容になっていると思います。本編にもぜひ挑戦してみてください」と森嶋さん。

なお、クリア後にはアンケートに答えると声優さんの特典ボイスや限定画像のご褒美があるほか、抽選でサイン色紙や博物館からの記念品プレゼントもあります!
この機会に謎解きをしながら楽しくミュージアムを巡ってみてはいかがでしょうか?

icom20190115-5.jpg

ちなみに、物語のプロローグ的内容にもなっている体験版がイベント公式ページで遊べるようになっているので、興味のある方はプレイしてみては♪
(プロローグ版は現地に行かなくても楽しめる内容です)


詳細・お問合せ

開催期間:2019年1月17日(木)~3月17日(日)
料金:一般2,500円/中高生1,600円
※当日購入可・会場施設4館の入館料含む
※会場施設の他、京都市内の観光案内所にて販売
※当日購入の際、京都市営バス・地下鉄の一日乗車券を提示すると100円引き
※前売はセブンチケットにて。後日、京都市学校歴史博物館にて引換

■ 京都謎解きミュージアム巡り「古き学び舎と封印の石」公式ページ
http://game.nazotown.jp/kyotomuseum/

■ 公式twitter
https://twitter.com/miyakomanabi

国際博物館会議ICOM KYOTO2019
DSC_1995.JPG


2018年6月8日(金)からスタートする「生誕150年 横山大観展」(京都国立近代美術館)の内覧会に行ってきました!

2018年はちょうど、明治150年=大観生誕150年&没後60年というトリプル節目の年!ということで企画されたのがこの展覧会。大観の画業の変遷を、全国各地のコレクションから集結した教科書にも載るような代表作揃いで見られる、とても豪華内容です。

***

近代日本画の巨匠・横山大観は明治元年に生まれ、昭和33年に89歳で亡くなるまで絵を描き続けました。
彼は明治・大正、昭和の戦中・戦後という激動の時代をまたにかけて生きた人。その作品には各時代における彼の姿勢が反映されています。
展覧会も、大観の絵の移り変わりがわかりやすいよう、各時代ごとに章立てた形で構成されていました。

DSC_1999.JPG

例えば明治時代はいわば「実験の時代」。岡倉天心に師事した大観は、師匠からの難題に応えるように表現の幅を広げ、ユニークな作品を多数生み出しました。

DSC_2001.JPG

なかにはハレー彗星など、他の人が描かないような題材も!また、かわいいリスなど動物を描いた作品もあり、絵に詳しくなくても楽しめる作品が多く見られます。

また、特に今回は初期の作品に注目されたとのこと。まだ若描きの頃のまだ未熟さが残る絵も独特の味わいがあり、面白いものが並びます。

DSC_1998.JPG

例えば今回約100年ぶりに発見された作品「百衣観音」。、組まれた足はまだちょっと描き慣れなさを感じますが、観音様をインド人女性風に描いているユニークな一品なのです。



続く大正時代は、より画風を発展させ、色彩感を追求した時代。
琳派の表現に学んだ色鮮やかで華やかな着色画や、モノクロームでありながら色彩感を感じさせる水墨画などが並びます。

DSC_2005.JPG

ここの見どころは"日本一長い画巻"、全長40mもある水墨画《生々流転》(重要文化財)!
水が川になって流れていく様を人生に重ねて描いたといわれる大作です。
京都会場ではこれを展示するために、横幅18mもある特製ケースを用意!3回に分けてその全体を公開するとのこと。これはリピートする理由になりますね!


そして昭和時代は、日本的美の意識を強め、繊細な描写が増えた時代とのこと。
大観といえば富士山などをモチーフにした作品が有名ですが、そういった昔から愛されてきた
日本らしさのあるモチーフの作品を手掛けたのは画業の後半が多いのだそうです。

DSC_2007.JPG

この時期を代表する作品が、「紅葉」(足立美術館)と「夜桜」(大倉集古館)。
所蔵元がまったく異なり普段はまず一緒に見ることはできないこの2点が、展覧会では夢の共演を果たします!
色鮮やかな2点の屏風絵が並ぶ光景は、まるで違う季節をそれぞれ窓から眺めているような感覚が味わえますよ。

なお、2点同時公開は前期限定なのでご注意を。入替で後期からはこれまた代表作の「群青富士」や「屈原」が登場予定ですよ。


展示総数は89点とのことですが、一度の展示数は約50点。それを大小合わせて4回ほど展示替で公開を予定しているそうです。なかにはたった一週間から公開されない「無我」などの作品もあるので、コンプリートするにはリピート必須です!
しかし大観の作品は全国各地に散らばっているので、代表作をまとめて見られるのは貴重な機会。このチャンスをぜひお見逃しなく~!

***

DSC_2008.JPG



DSC_2009.JPG

ちなみに今回のグッズラインナップはこんな感じ。
「群青富士」のポップな色合いを活かした作品が目を引きますね。トートバッグがかわいい!
並べて日本一長い画巻「生々流転」を再現できるトランプなどユニークなグッズも。
こちらもチェックしておきたいですね!


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗