1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 湯浅学&いしいしんじの「アナログレコードのある暮らし」 ビギナー編(8月17日(土)ワコールスタディホール京都)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

湯浅学&いしいしんじの「アナログレコードのある暮らし」 ビギナー編(8月17日(土)ワコールスタディホール京都)

| トラックバック(0)
19k003-001_fb.jpg

日本でも有数のアナログレコード愛聴家 湯浅学さんをお招きし、いしいしんじさんを進行役に、アナログレコードの魅力をビギナー向けに1から10まで徹底的に教わる、4時間のレクチャーです。
音が空間を伸び縮みさせながら自分に向かってくる迫力を感じるもよし、身と心を音にゆだね、徐々に耳や毛穴さえもが開いていく感覚を発見するのもよし。
お盆明けの土曜日の午後、ゆるやかに繋がりながら思い思いの心のゆらぎを一緒に楽しみませんか?

湯浅学&いしいしんじの
「アナログレコードのある暮らし」

日時:2019年8月17日(土)13:00~17:00(12:30受付開始)
講師:湯浅学(音楽評論家)、いしいしんじ(作家)
会場:ワコールスタディホール京都
料金:2,160円(税込/途中入退場自由/要申込)

※このイベントの申し込みには、スクール会員登録(無料)が必要です。
※申込・詳細についてはワコールスタディホール京都のイベント公式ページをご確認ください。


湯浅 学

1957年神奈川県横浜生まれ。「幻の名盤解放同盟」常務。 バンド「湯浅湾」リーダー。著者に『人情山脈の逆襲』『音海』『音山』『嗚呼、名盤』『あなのかなたに』『音楽が降りてくる』『音楽を迎えにゆく』『てなもんやSUN RA伝』『ボブ・ディランーロックの精霊』『大音海』(単著)、『ディープ歌謡』『豪定本ザ・ディープ・コリア』『時代の体温』『モータウン・ハンドブック』『ドントパスミーバイ』(共著)、『踊る目玉に見る目玉』『サン・ラー伝』(監修)など。現在、ロックバンド「湯浅湾」の10年ぶりの新譜、5枚目のアルバムを制作中。

いしい しんじ

1966年大阪生まれ。京都在住。1994年『アムステルダムの犬』でデビュー。 2000年、初の長編小説『ぶらんこ乗り』刊行。著作に、小説『麦ふみクーツェ』『トリツカレ男』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』『みずうみ』『港、モンテビデオ』『よはひ』『悪声』など、エッセイ『熊に見えて熊じゃない』『遠い足の話』『且座喫茶』など。音楽エッセイをまとめた『いしいしんじの音ぐらし』もある。京都や日本各地で蓄音器を聴くイベントをひらいている。文芸誌「新潮」にて長編小説『チェロ湖』連載中。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗