1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 【カルチャートーク】Creators@Kamogawa 「建築とコレオグラフィー」「AIは家族になれるか」(7月27日(土)ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

【カルチャートーク】Creators@Kamogawa 「建築とコレオグラフィー」「AIは家族になれるか」(7月27日(土)ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川)

| トラックバック(0)
20190727_Creators@Kamogawa_flyer_omote-330x450.jpg

鴨川のほとりにある、ドイツ人アーティストのレジデンス施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。

ここで開催される「Creators@Kamogawa」は、日本とドイツのクリエイターがアートを語り合うイベントシリーズ。毎回2つのテーマで濃密なトークを展開しています。

トークの後には館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に楽しめる交流会も開催。滞在中のドイツ人芸術家の作品もモニターにてご覧いただけます。
お気軽にご参加ください!

カルチャートークCreators@Kamogawa
「建築とコレオグラフィー」
「AIは家族になれるか」

日時:2019年7月27日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

《第1部》
カイ・フィンガレ(建築家)
永山祐子(建築家)

《第2部》
ジャンヌ・フォークト(文化芸術論/キュレーター)
池上高志(複雑系研究者/東京大学大学院総合文化研究科教授)

司会:小崎 哲哉(アートジャーナリスト)

【第1部】建築とコレオグラフィー(15:00~)

建築設計においては、人間が空間の内部をどのように移動するか、すなわち動線をいかにつくるかが重要視されます。そのためには現代舞踊のコレオグラフィー(振付)が参考になるかもしれません。(狭小住宅や仮設住宅等の)小さな建物に関心を抱く建築家 カイ・フィンガレと、「ダンス保育園」の空間構成も手がける建築家 永山祐子氏が、身体と運動、空間とデザインについて話し合います。

【第2部】AIは家族になれるか(16:00~)

ロボットやAI(人工知能)は今後、家事や介護、さらには「癒し系」と呼ばれる分野にも進出してゆくと目されています。こうした新しい「仲間」たちには、どのような役割を与え、どんな倫理観とどれほどの自由を持たせるべきか。デジタルアートを得意とするキュレーターのジャンヌ・フォークトと、人工生命や複雑系の研究者で、世界的に活躍する 池上高志氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)が対話します。

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:iinfo-villa-kamogawa@goethe.de
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗