1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 金沢舞踏館 舞踏公演「ふいご少年と煙玉少女」(3月5・6日|京都芸術センター)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

金沢舞踏館 舞踏公演「ふいご少年と煙玉少女」(3月5・6日|京都芸術センター)

| トラックバック(0)
KBK_fuigo19_F_web.jpeg

少年少女は周りを見てその物や小さな生き物になろうとする。いったい私は何かの生まれ変わりなのか? 夕闇の道端で転んで膝を擦りむいても、血が出てきても黙って一人走り続けるしかない。怖い大人の背後にも遊んで逃げ込んだ押入れの中にも、闇と死が繋がっている。彼らはもうとっくの昔に決心したことがあったに違いない――

石川県金沢市を拠点に舞台活動を行う「金沢舞踏館」の京都公演が、3月5・6日の2日間京都芸術センターにて行われます。

演目は「ふいご少年と煙玉少女」。2016年、日本を代表する舞踏家・土方巽(ひじかた・たつみ)の没後30年を記念し、彼の作品「病める舞姫」を基に創作された新作舞踏です。
京都でのお目見え、ぜひご高覧下さい!

金沢舞踏館 舞踏公演
ふいご少年と煙玉少女

日時:2019年3月5日(火)・6日(水)各日19:00~
会場:京都芸術センター フリースペース

料金:一般3,500円(前売3,000円)、学生3,000円(前売2,500円)

チケット申込・お問合せ

金沢舞踏館
TEL:090-9440-6903
MAIL:butohkan@spacelan.ne.jp
URL:http://www.spacelan.ne.jp/~butohkan/
※チケットは京都芸術センター窓口でも販売(10:00~20:00)

金沢舞踏館

石川県金沢市を拠点に舞踏で活動する。1976年土方巽の暗黒舞踏派・白桃房から独立。これまで欧州で「変身」「シンクロン」を制作するなどButohの海外普及に努めている。2013年グラーツで国際共同制作をおこない「彼らの喜びを奪うことなかれ」公演。2014年ルーマニアとモルドバにて「記憶の海」「晩秋の閃光」を公演。2015年京都で「Ophelia Glass - 暗黒ハムレット -」の演出をする。能、狂言、日本舞踊と舞踏の刺激的な出会いであった。2017年シンガポールにてワークショップ、上海にて「晩秋の閃光」上演。2018年は北京でワークショップ、天津で「暗黒石棺」の公演をする。近年、蔵スタジオでの小公演、年1~2回の舞踏合宿に力を入れている。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗