1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 【レポ】「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」内覧会

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

【レポ】「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」内覧会

| トラックバック(0)
2016年に催され、人気を博した「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が、2年ぶりに開催されています。
今回はその内覧会に出席させて頂きました! 


こちらはオープニングセレモニー前の様子。

まだ空が明るいです。


「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」とは、今話題のウルトラテクノロジスト集団・チームラボと、TOKIOインカラミ協賛のアートプロジェクト。

世界遺産である下鴨神社の糺の森が、仕掛けの施された幻想的な光のアート空間に変わっています。

その光が、ここ数年の災害の復興の光になりますように、という京都市の願いも込められているそうです。


今回の展示作品は2つ。

「呼応する、たちつづけるものたちと森」






それと、「呼応する球体」



(こちらも幻想的ですが、まだ早い時間帯のものです。

日が落ちてからの様子は下記をご覧ください。)



糺の森の木々や参道沿いに置かれた球体("たちつづけるもの"と呼ばれています)、桜門の中に漂う球体。
光が明るくなったり消えたり、まるでそれぞれが呼吸をしているかのような球体もあります。
押され倒れかけたり、人の手が触れた衝撃があったりすると、その光の色を変え、その色それぞれの音を響かせる。
それが周りの球体や森の木々に次々と伝播し、色を変えていく。
音と光の波が静かに、鮮やかに押し寄せる様は、"日常"は違う別の世界に足を踏み入れたかのようでした。

日が完全に落ちると、球体の光がより際立ちます。

音に合わせて森や球体が呼び合うように色が変化していく様は本当に幻想的です。




開催期間は9月2日まで。

幻想的な光のアート空間に変えられた世界遺産に、足を踏み入れてみては?

***

■ 当日撮影した写真をFacebookにてご紹介しています。こちらも併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1774623122606846&type=1&l=a9e439e0e3


■ 「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」の詳細はこちら!

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗