1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. カルチャートークCreators@Kamogawa『光のアート/文学を超えて』10月21日(土)ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

カルチャートークCreators@Kamogawa『光のアート/文学を超えて』10月21日(土)ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

| トラックバック(0)
20171021_Creators@Kamogawa_330x460px.jpg© Tobias Daemgen

鴨川のほとりにある、ドイツ人アーティストのレジデンス施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。

ここで開催される「Creaters@Kamogawa」は、日本とドイツのクリエイターがアートを語り合うイベントシリーズ。2017年からは2部制となり、より濃密な内容のトークを目指します。
今回のテーマは第1部が「光のアート」、第2部が「文学を超えて」。

トークの後には館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に楽しめる交流会も開催。滞在中のドイツ人芸術家の作品もモニターにてご覧いただけます。
お気軽にご参加ください!

カルチャートークCreaters@Kamogawa
「美術と舞台のハイブリッド」
「写真表現の可能性」

日時:2017年10月21日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

《第1部》
トビアス・デームゲン(美術家)、クワクボ リョウタ(美術家)

《第2部》
ディーター・M・グレーフ(作家、詩人)、 吉増 剛造(詩人)

司会:小崎 哲哉


【第1部】美術と舞台のハイブリッド(15:00~)

トビアス・デームゲン氏は、「光」と「アート」をテーマに、自身の創作活動やアーティスト集団「RaumZeitPiraten(時間と空間のパイレーツ)」でのプロジェクトを行なっています。同じく「光」が重要なキーワードとなる能動的な空間インスタレーションを制作している日本の美術家クワクボリョウタ氏とともに、このような「光のアート」では、光と影の関係性はどのように作り出され、公共空間のダイナミクスにどのような可能性が生み出されるのかを話し合います。


【第2部】文学を超えて(16:00~)

吉増剛造氏とディーター・M・グレーフ氏は、詩を起点にしながら、他の媒体を用いた表現活動も行なっています。何がふたりを文学以外のメディアや技術を使った創作活動へとつき動かしたのでしょうか? 両氏にとって、文学と文学以外のジャンルはどのような関係にあるのでしょうか? それらは、他の手段を用いた"詩的表現の続き"なのでしょうか、それとも、まったく異なるものでしょうか? ふたりの作家が、それぞれの芸術に対する姿勢や、文学の好み、日本とドイツの詩の状況などについて語り合います。

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:info@villa-kamogwa.goethe.org
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa


トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗