1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 若者のための!京都・和の文化体験の日|解説付公演「はじめまして能楽」(2月12日・先斗町歌舞練場)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

若者のための!京都・和の文化体験の日|解説付公演「はじめまして能楽」(2月12日・先斗町歌舞練場)

| トラックバック(0)
wanobunka.jpg

若い人に「和の文化」に触れてもらい伝統産業に親しむ機会を提供することを目的に京都市が提唱している事業「京都・和の文化体験の日」。この一環として、初心者向けの能楽体験イベントが開催されます。

メインとなるのは、2月12日に開催される解説付の能楽公演「はじめまして能楽」。このほかにも、演劇集団ダムタイプのディレクター・藤本隆行さんらを交えて意外な視点から能楽を語るトークイベント「裏能」、そして能楽でも使用される今話題の「京組みひも」を取り上げたワークショップが開催されます。

この機会に、和の伝統文化に触れてみませんか?

http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000179200.html


若者のための!京都・和の文化体験の日


【1】解説付公演「はじめまして 能楽」

わかりやすい解説付の能楽公演。ダイジェスト版の「船弁慶」上演とともに、能楽の楽しみ方をわかりやすく面白くご紹介します。

日時:2017年2月12日(日)13:30開演
会場:先斗町歌舞練場
出演:桂 吉坊(ナビゲーター/落語家)、林宗一郎(能楽師 観世流シテ方)、有松遼一(能楽師 高安流ワキ方)、茂山良暢(狂言師) ほか
定員:350名(要事前申込/申込多数の場合は抽選/1月15日(日)締切)
料金:無料

【2】トークイベント「裏能-これも能楽?!」

さまざまな分野のゲストが能楽を語る、普通じゃない!トークイベント。演劇集団「ダムタイプ」の照明家・ディレクター藤本隆行さんによるLED照明を使った能舞台の話や、音楽家・吉見征樹氏によるインドの民族楽器「タブラ」と能楽の異色コラボの話など、意外な視点から能楽を語り、その面白みを発見します。

日時:2017年1月28日(土)15:00開演
会場:京都メトロ
出演:藤本隆行(Kinsei R&Dディレクター・照明家/「ダムタイプ」メンバー)、吉見征樹氏(タブラ奏者)ほか
定員:70名(要事前申込/申込多数の場合は抽選/1月15日(日)締切)
料金:無料

【3】伝統工芸ワークショップ

能楽でも使われる京都の伝統工芸「京くみひも」を取り上げるワークショップ。
伝統工芸品を間近で見られる「京都伝統産業ふれあい館」ガイドツアーのほか、京くみひもの小物作りを体験します。

日時:2017年1月14日(土)13:00~/15:30~
会場:京都伝統産業ふれあい館(みやこめっせ地下1階)
定員:各回20名程度(要事前申込/先着順受付/1月11日(水)締切)
料金:無料

★申し込み方法

【1】【2】...京都いつでもコール(電話/FAX/メール)にて受付を行います。
(1)イベント名(2)氏名(3)郵便番号・住所(4)電話番号(5)同伴者人数(2名まで)(6)参加希望者全員の年齢(申込者・同伴者とも)を添えてご連絡ください。
※締切後、当選者のみに郵送にて参加票を送付します。
※《京都いつでもコール》TEL:075-661-3755(8:00~21:00)/FAX:075-661-5855
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

【3】...京都市文化芸術企画課にて、受付を行います。
専用申し込みフォーム、または電話(075-366-0033/平日8:45~17:30)にてご連絡ください。
※12月29日~1月3日は電話受付休止となります。


トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗