1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. Creators@Kamogawa ドイツアートBar 座談会「夜の市長(ナイトメイヤー)って何だ?」(9月24日(土)ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

Creators@Kamogawa ドイツアートBar 座談会「夜の市長(ナイトメイヤー)って何だ?」(9月24日(土)ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川)

| トラックバック(0)
20160924-Creators@Kamogawa-Omote-mini-330x235.jpg
鴨川のほとりにある施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。この施設で開催されるイベ ントシリーズ「Creaters@Kamogawa」。
日本とドイツのクリエイターが、Barのようなくつろいだ雰囲気で、アートを語り合う座談会イベント です。

今回のテーマは「夜の市長(ナイトメイヤー)って何だ?」。
現代の文化芸術は、日中、陽光の下で生まれるものだけではありません。日が暮れた後や深夜に、外界と隔絶された人工照明の下でこそ花開くカルチャーがあります。20 世紀後半のナイトライフは、伝統的なハイカルチャーと一線を画するポップカルチャーの革命を生む土壌となりました。
特にクラブカルチャーは、いまや日本はもちろん多くの国で社会生活における重要な構成要素となっています。それは日常のストレスを発散する娯楽の場であるにとどまらず、実験的な視聴覚表現を行ったり、LGBT など少数派が自己主張したりする、先鋭的で政治的な場にもなっています。
ヨーロッパのいくつかの都市では、ナイトカルチャーを円滑に楽しむための「夜の市長(ナイトメイヤー)」が選出されています。

座談会では、ヴィラ鴨川に滞在中のドイツ人芸術家と日本人ゲストが、自らの経験に基づき、ないとカルチャーについて意見を交わします。

座談会後は、館内の「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを楽しめる交流会も開催。現在京都に滞在中のドイツ人アーティストによる作品もモニターで鑑賞できます。
お気軽にご参加ください!

Creaters@Kamogawa ドイツアートBar座談会
夜の市長(ナイトメイヤー)って何だ?」


日時:2016年9月24日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

トーマス・ケーナー(作曲家・メディアアーティスト)
ノラ・ゴムリンガー(作家)
沖野修也(DJ/KYOTO JAZZ MASSIVE)
梅沢高明(経営コンサルタント/A.T.カーニー日本法人会長)
斎藤貴弘(弁護士/ニューポート法律事務所)
小崎哲也(司会、構成)

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:info@villa-kamogwa.goethe.org
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa




トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗