1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. MACK TALK SESSIONS at 京都岡崎 蔦屋書店(5月28日(土)京都市国際交流会館)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

MACK TALK SESSIONS at 京都岡崎 蔦屋書店(5月28日(土)京都市国際交流会館)

| トラックバック(0)
KEY VISUAL.jpg
イギリスの出版社「MACK」より、世界に先駆けてこの春同時リリースされた日本人写真家3名の写真集刊行を記念したトークセッションです。

「MACK」は1994 年にドイツの老舗出版社「Steidl」にてアート・フォトブック部門のマネージングディレク ターに就任し、約15 年にわたって300 タイトル以上の出版に携わったマイケル・マックによって、2011 年に イギリスで設立されました。以降、トーマス・デマンドやアレック・ソスなど著名作家から写真集を出版した ことがなかった無名の作家まで、幅広くアーティストとのコラボレーションを行いながら数多くの話題作を生み出し、現代の出版業界を牽引する出版社として世界中に多くの支持者を得ています。

そんな「MACK」から今回写真集を発行したのはこの3人。
1人目はホンマタカシ。『THE NARACISSISTIC CITY』で彼はカメラオブスキュラというカメラ誕生初期に用いられた原始的手法を用い、ニューヨークと東京の建築物を被写体に都市を捉えました。
2人目は深瀬昌久。1990年代初期の作品『HIBI』で深瀬は日々、地面の亀裂を撮影したプリントに自ら一枚一枚着色をほどこし、この作品を仕上げました。
そして3人目は、細倉真弓。『TRANSPARENCY IS THE NEW MYSTERY』はヌードと結晶を撮影したモノクロ写真が収録されています。

トークセッションでは、それぞれの作品について解説するほか、「MACK」から写真集を発行することにになった経緯などをお話します。

また、京都岡崎 蔦屋書店では、イベントに合わせて「MACK」の写真集をご紹介するフェア(5月31日まで)も開催。ぜひあわせてご覧ください。

MACK TALK SESSIONS
at 京都岡崎 蔦屋書店

日時:2016年5月28日(土)14:00~16:00(13:30開場)
料金:チケット1,500円/または整理券付の対象書籍を京都岡崎蔦屋書店にてご購入
※電話予約も承っております
定員:60名

ゲスト

ホンマタカシ、細倉真弓、トモ・コスガ(深瀬昌久アーカイブス)

会場・アクセス

京都市国際交流会館
〒606-8436 京都府京都市 左京区粟田口鳥居町2−1
TEL:075-752-3010

【地下鉄】東西線「蹴上」駅下車、徒歩約6分
【市バス】「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、徒歩約10分

申し込み・お問い合わせ

京都岡崎 蔦屋書店
TEL:075-754-0008
※ご予約の場合は、お名前・電話番号・人数・お申し込み方法(チケット/書籍購入)を添えてご連絡ください。
http://www.mackconcepttokyo.com/#!event-1/jzog4
http://real.tsite.jp/kyoto-okazaki/event-news/2016/04/mack-talk-sessions-at.html



トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗