1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 立命館大学京都学専攻 成果発表会 「京都学の魅力を考える」(3月12日(土)・櫻谷文庫)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

立命館大学京都学専攻 成果発表会 「京都学の魅力を考える」(3月12日(土)・櫻谷文庫)

| トラックバック(0)
flyer_oukoku2016_spring.jpg
金閣寺に程近い衣笠にある公益財団法人櫻谷文庫(旧木島櫻谷家住宅)で、3月12日(土)に立命館大学文学部・京都学専攻による成果発表会が行われます。

立命館大学文学部京都学専攻では、授業の一環として、伝統工芸に従事する職人さんをゲストに招き、その手技を学ぶと共に、伝統産業の現状に関する聴き取りを行っています。受講生は実際に和菓子や水引、染色、陶芸などの基礎を学び、体験について記録しており、今回はその作品や報告集などを展示します。

また、京都学専攻と産業社会学部の小澤亘先生ゼミ(多文化共生論)、京福電鉄とが協力し、「嵐電北野線沿線 駅から散策マップ 鳴滝駅~龍安寺駅編」を制作。京都学から参加したメンバーがマップ作成に際して行った調査で発見した、この地域の魅力について、ポスター展示を行います。

当日は随時、ギャラリートークを行うほか、15:00頃より、学生・教員や職人さん、地域の方々も加わり、京都の魅力や課題について、ざっくばらんに語り合います。また、大きな周辺地域マップの上に、来場者が思い出の場所やお勧めポイントを書き込んでいただくコーナーも設けます。

会場の櫻谷文庫は、明治~昭和初期にかけて京都画段で活躍した日本画家・木島櫻谷の住居兼アトリエだった建物で、現在春の特別公開が開催中です。国の有形文化財に登録されている建物のほか、今回は伊藤若冲や与謝蕪村の絵画、雛人形、竹久夢二デザインの人形展示が行われています。こちらもあわせて見学可能です!

京都の美術史の一端と、現在の京都の魅力を同時に味わえる機会です。足を運んでみてはいかがでしょうか?

※周辺の「今小路通り」沿いの施設も現在特別公開を同時開催中です!


立命館大学京都学専攻 成果発表会
京都学の魅力を考える


日時:2016年3月12日(土) 10:00~17:00
※15:00~ 座談会「京都学の魅力や課題」

発表内容

・嵐電沿線まち歩きマッププロジェクト
・京都学フィールドワークⅢ(伝統工芸について学ぶ)

料金

参加無料
※ただし、施設への入場料は別途必要です。詳細は下記特別公開についてをご参照ください。

櫻谷文庫(国登録有形文化財 木島櫻谷旧邸)
特別公開について

日時:2016年3月5日(土)~4月3日(日)の金・土・日・祝
   各日10:00~16:00(受付終了)
料金:一般 600円、小学生 300円
   (15名以上の団体は1割引/障害者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料)
内容:室内見学/絵画展示(伊藤若冲・与謝蕪村の作品初公開)/雛人形・人形展示
※成果発表企画参加とあわせて見学可能です


会場・アクセス

公益財団法人櫻谷文庫(旧木島櫻谷家住宅)
※成果発表会は「大画室」(国指定有形文化財)にて開催
〒603-8343 京都市北区等持院東町56 →【MAP
TEL/FAX:075-461-9395、MOBILE:080-5197-1117
【市バス】204号系統にて「北野白梅町」下車、西へ徒歩500m
【京福】北野線「北野白梅町」駅下車


【同時開催】今小路通 京の歴史街道が甦る 「道と人」

2016年春、櫻谷文庫横の「今小路通」周辺の施設が春の特別公開を開催します。
初の同時期公開、こちらもあわせて足をお運びください。

《参加会場・企画》
等持院
真如寺(等持院東側・通常非公開)
櫻谷文庫/立命館大学京都学専攻
平野の家 わざ永々棟/高津古文化会館

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗