1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2015年7月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2015年7月アーカイブ

8EVtirasi2.gif
まか通プロジェクトの夏のイベント!恒例の「地獄絵絵解き」をはじめ、夏にぴったりのイベントが8月7日~10日の「六道参り」にあわせて今年も開催されます!
事前申込制で毎年人気ですので、お早めにチェックを!

まか通プロジェクト
摩訶不思議。真夏の饗宴



熊野観心十界図 地獄絵絵解き


六波羅蜜寺の横、あの世とこの世の境目と呼ばれる「六道の辻」に建つお寺、西福寺。
ここでは毎年、「六道参り」の行われる8月7日~10日にあわせて、お寺に伝わる地獄絵が公開されます。これにあわせて行われる絵解きイベントです。
関西学院大学教授の西山克先生による絵解きの後には、音楽ライブも開催。
時を越えて、見る人に多くの気づきと戒めを伝えてくれる先人からの贈り物「地獄絵」の世界を深く味わってみてください。

日時:2015年8月7日(金)18:00~20:00(開場17:30)
料金:一般1,000円
定員:25名※要申込
出演:西山克氏(関西学院大学文学部教授)、瀬戸信行氏(楽士)、イガキアキコ氏(楽士)

会場:西福寺
(京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町81)→ 地図
【市バス】100、204号系統にて「清水道」下車、徒歩約4分
※駐車場はございません。お近くのコインパーキング・公共交通機関をご利用ください。

子ども版絵解き地獄絵のおはなし


子どもにもわかりやすく地獄の世界を語る「子ども版絵解き」もあわせて開催!
京都造形芸術大学の学生さんがオリジナルの地獄のおはなし読み聞かせするほか、地域の皆さんと一緒にイベントを盛り上げます。お化け屋敷とは一味違う夏の思い出に、いかがですか?

日時:2015年8月9日(日)18:00~(開場17:30)
料金:無料(カンパ制)
定員:30名※要申込
会場:やすらぎふれあい館(六原自治会館/京都市東山区梅林町576)→ 地図
【市バス】「五条坂」下車、徒歩約3分https://goo.gl/maps/KtMdv

《地獄絵絵解きイベント申込方法》
上記2件のイベントは事前の予約が必要です。
この記事最下部に記載の「詳細・お問い合わせ先」へ、電話またはメールにて
「申込希望イベント名」「お名前」「ご連絡先」を添えてお申し込みください。

陶器人形展


昨年好評だった、五条坂途中にある若宮八幡宮での「陶器人形展」が今年も開催!
「陶器人形」とは、既存の陶器を組み合わせて作る清水地域に伝わっていた人形。
今年は戦後70年×琳派400年をテーマに、琳派の代表的モチーフである「風神」「雷神」に加え、まか通オリジナルの神様「ハレ神」の3体を制作。五条陶器まつりの行われる8月7日~10日の期間に神社境内にて公開します。ぜひ足をお運びください。
※「風神」は6月27日に開催したワークショップにて、開睛小学校(東山区)の皆さんと制作したものです。

日時:2015年8月7日(金)~10日(月)
※期間中入場自由
料金:無料
会場:若宮八幡宮(京都市東山区五条橋東5-480)→ 地図
【市バス】「五条坂」下車、徒歩約3分

詳細・お問い合わせ・申込み


京都造形芸術大学プロジェクトセンター
まか通担当:久保・濁川
E-mail maka2pro@gmail.com
TEL 075-791-8763 ※受付時間 9:00~17:00 (土日祝を除く)
URL http://maka2log.blog43.fc2.com/




フェスタちらし表_R.jpgフェスタちらし裏_R.jpg


東山区に有る東山青少年活動センターでは、アートをテーマにしたワークショップや展示などの総合イベント「東山フェスタ2015」が開催されます。

期間中には、若手アーティストによる「食」をテーマにした器展をはじめとした展示イベントのほか、不要になったおもちゃやアクセサリーなどを交換するマーケットイベント「かえっこバザール」や手づくり市、落語やバンド、アイドルによるライブ、そして陶芸やガラス工芸などを体験できるワークショップなど、イベントが盛りだくさん!
大人も子どもも一緒に参加できる催しが多数予定されています。
ユニークなものでは、時代劇でおなじみの殺陣(たて)が体験できる教室も!

会場は陶芸の町・清水エリアに程近く、昔からものづくりで発展してきた場所。
夏休みに、ものづくりとアートの世界を体験しに出かけてみてはいかがでしょうか?

東山フェスタ2015
あ~とで遊ぼッ!発表×展示×ものづくり

日時:2015年8月1日(土)~9日(日) 10:00~20:00
※8月5日(水)は休館
※ワークショップやライブ公演、手づくり市などの各種イベント・プログラムはそれぞれ時間が異なります。詳細は公式Webサイト、ちらしなどでご確認ください。
※ワークショップなど、一部プログラムは事前申込が必要です。下記お問い合わせ先にお電話いただくか、直接窓口にてお申込ください。

会場・アクセス

京都市東山青少年活動センター+東山区総合庁舎展示ホール
〒605-0862 京都市東山区清水5-130-6
【市バス】「清水道」下車、徒歩すぐ
【京阪】「清水五条」駅下車、徒歩15分

詳細・申込・お問い合わせ

京都市東山青少年活動センター(東山区総合庁舎北館2階)
TEL:075-541-0619
MAIL:higashiyama@ys-kyoto.org
開館時間:平日10:00~21:00/日・祝 10:00~18:00(水曜休館)
URL:http://ys-kyoto.org/higashiyama/


anewal_photowaorkshop.jpg
独特の発色や、個人レベルで製作ができる古典写真技法は、最近では写真雑誌やメディアに取り上げられルナ度、再び注目を浴びつつあります。

そんな古典写真の技法を体験できるワークショップが開催されます!

ワークショップで行うのは、鶏卵紙とサイアノタイプ。
鶏卵紙はセピア色に、サイアノタイプは青色、いわゆる"青写真"に仕上がります。

どちらも19世紀半ばに盛んになった技法で、太陽の光を使って露光・焼付けを行うもの。
季節や天候、湿度にも左右されやすいため、同じ作品を作ることは難しい技法です。言い換えれば、絵画のように世界で1枚のオリジナル作品を作ることができるのです。

この機会に、世界で1枚の写真作品を残してみてはいかがでしょうか?

古典写真技法ワークショップ
太陽光で写真プリント!
『鶏卵紙プリント・サイアノタイプ』

日時:【1】「鶏卵紙プリント」ワークショップ:2015年8月1日(土)
    【2】「サイアノタイプ」ワークショップ:2015年8月2日(日)
    各日11:00~15:30(受付開始10:30~)
※途中お昼休憩を挟みます(昼食はご持参ください)
※雨天決行
※ワークショップの終了後、16:00より完成作品を囲んだ座談会を行います。(座談会のみ参加の方は無料)

講師:横山達也(名古屋学芸大学メディア造形学部 映像メディア学科助手)
※アシスタントとして名古屋学芸大学の学生さんが参加します。

会場:ANEWAL Galery
定員:各回15名(先着予約制/7月30日(木)締切)
料金:各回3,500円(両日参加希望の方は各回3,000円)

※ワークショップでは【1】鶏卵紙プリント は2枚、【2】サイアノタイプ は3枚の作品を作成します。
※印刷サイズはポストカード大となります。
※申込頂いたワークショップでは、ご自身の撮影データをお送り頂き、その撮影データからモノクロのデジタルネガシートを制作し、太陽光で焼き付け写真を作ります。
※印刷した写真は、当日持ち帰り可能です。
※当日は会場にてエプロン・手袋を準備していますが、薬品なども使用しますので、気になる方は汚れても良い服装でお越しください。

申込・お問い合わせ

《申込方法》
参加希望の方は、(1)参加希望のワークショップ名(2)お名前(3)電話番号を、下記メールアドレスまでお申込ください。折り返し、詳細をご連絡いたします。

ANEWAL Galery
MAIL:contact@anewal.net




  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗