1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2015年4月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2015年4月アーカイブ

flyer_villakamo_guzen-art.PNG
鴨川のほとりにある施設「ヴィラ鴨川」では、現在ドイツの芸術家たちが滞在し、京都を拠点にさまざまな創作活動を行っています。この施設で開催されるイベ ントシリーズ「Creaters@Kamogawa」。
日本とドイツのクリエイターが、Barのようなくつろいだ雰囲気で、アートを語り合う座談会イベント です。

テーマは「偶然の芸術」。
芸術の世界では、思い込みや想定外のインスピレーションから生み出された作品が多く存在します。ともすれば軋轢や問題の原因になりそうな「誤解」「勘違い」ですが、それは芸術の創作においていかに創造的たりうるのでしょうか。また、それは芸術以外の分野にも受け入れられるものなのでしょうか。

今回は4月中旬から日本に来日しているドイツ人芸術家5名が、3ヶ月間のレジデンス期間の最初に「創造的な誤解」から偶然生まれる芸術について自身の思い込みも含めて話し合います。
ゲストとして、国内外で活発な活動を展開している演出家・三浦基氏と美術家・宮永愛子氏が参加。
座談会後には館内の「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを楽しめる交流会も開催されます。

Creaters@Kamogawa
ドイツアートBar 座談会「偶然の芸術」

日時:2015年4月25日(土)15:00~
※入場無料(カフェでの飲食代は別途となります)
※日独同時通訳付き

出演

スザンナ・ヘアトリッヒ(美術家)、アンティエ・テプファー(人形劇作家)、フィリップ・ヴィトマン(映画製作者)、イリス・ドレーゲカンプ(ラジオドラマ演出家)、トーマス・ヴェーバー(音楽家)
三浦 基(演出家/劇団「地点」代表)、宮永愛子(美術家)
小崎哲哉(司会/構成)

会場・お問い合わせ

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
MAIL:info@villa-kamogwa.goethe.org
URL:http://www.goethe.de/villa-kamogawa

MARIKOJIomote.jpg
京都に拠点を置く狂言大蔵流の名門・茂山千五郎家。近年では「親しみやすい狂言」を目指し、現代人にも分かりやすい新しい演目の制作や、メディア活用など積極的な活動を行っています。

そんな
茂山千五郎家が送る新作狂言が、昨年の第一弾に続き、第二弾開催されます。

『マリコウジ』は、あくまで演出法は古典にならったものを用いながら、時代の風雪に耐えうる普遍的な笑いを追求した新作狂言。
今回は二人の山伏が法力の力比べをする「二人山伏」と、人里離れた山中にある鬼の造り酒屋を舞台にした「鬼ヶ酒屋」の新作2本と、古典狂言「右近左近」を上演します。
今は古典とされるものもかつては「新作」。未来に受け継がれる新しい「古典」の世界が展開します。

公演の後には、制作・演出を担当した茂山童司さんと、「木ノ下歌舞伎」主宰・木ノ下裕一さんとのトークショーも行われます。

狂言は難しく感じるかもしれませんが、元々「笑い」の表現を追求した舞台芸術です。現代人が見てもぷっ、と笑いがこみ上げるような、楽しくわかりやすい演目も多くあります。
未来に向けての新たな「狂言」の初演となるこの機会に、「狂言」の世界に触れてみてはいかがでしょうか?


茂山童司作:新作 "純" 狂言集
マリコウジ

日時:2015年4月19日(日)14:00開演(13:30開場)
料金:4,500円(全席自由/入場整理番号付)

【チケット購入方法】
http://dojicompany.jp/(24時間受付)
TEL:075-9046/070-5345-1811(平日10:00~18:00)

出演

【作・演出】 茂山童司
【出演】 茂山あきら ・ 丸石やすし ・ 茂山正邦 ・ 茂山茂・茂山逸平 ・ 島田洋海 ・ 茂山童司
【企画・制作・主催】 童司カンパニー

会場・アクセス

大江能楽堂
〒604-0944 京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町646
TEL. 075-231-7625
【地下鉄】烏丸線「烏丸御池」駅下車、1番出口より徒歩5分
【地下鉄】東西線「京都市役所前」駅下車、西へ徒歩4分
【京阪】「三条」駅下車、徒歩15分

詳細・お問い合わせ

株式会社 童司カンパニー
URL:http://dojicompany.jp/
MAIL:office@dojicompany.jp
main_manabi.jpg2015年は、京都で琳派が誕生して400年!これにあわせ、今年は京都各地で琳派関連のイベントや展覧会などが開催・予定されています。
この機会に琳派の世界に触れてみたい!京都で琳派を鑑賞してみたい!という方も多いでしょう。
そんな方に向けて、気軽に琳派関連スポットをまわったり体験できるツアー企画が京都の旅行会社さん主催で開催されています。
ガイドさんの案内付で、京都のあちこちに点在する関連スポットの紹介や見学のほか、お菓子なども味わえますよ。
さまざまなメニューが用意されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

※まなびとたび:美術史や芸能、建築、古美術、暮らしなど京都の歴史や文化に触れ、知識を感性を高める旅をコンセプトにしたツアーブランド。京都はもちろん、関連する国内各地や海外へのプランも予定されています。

ビューティフルツアー :まなびとたび
身近に感じる琳派街歩き《入門編》

京都市内にある琳派の祖・本阿弥光悦の菩提寺「本法寺」と琳派の大成者・尾形光琳の菩提寺「妙顕寺」をめぐるツアー。手描き友禅職人さんの工房見学や、鶴屋吉信本店での俵屋宗達作品鑑賞も予定されています。

開催日:2015年5月6日(水・祝)
集合場所:地下鉄 烏丸線「今出川」駅1番出口 9:00
料金:3,000円(お茶菓子代・拝観料含)
ツアー行程:「今出川」駅→妙顕寺(尾形光琳菩提寺)→本法寺(本阿弥光悦菩提寺)→手描き友禅見学→鶴屋吉信(俵屋宗達作品を鑑賞、座談会)

ビューティフルツアー :まなびとたび
はじめての琳派体験


【Ⅰ】琳派発祥の地・光悦村を訪ねる

琳派の祖・本阿弥光悦は1615年、徳川家康から京都市北区の鷹峯に土地を与えられます。光悦はここに芸術家を集め一種の芸術村「光悦村」を作ろうとしました。
このツアーではそんな光悦村関連のスポットを訪ねるとともに、特別メニューやお菓子をいただきます。
※昼食では特別メニュー「琳派風神蕎麦」をいただけます(料金は別途となります)

日時:4月18日(土)10:00~14:30
集合場所:四条大宮
料金:3,000円(拝観料、バス乗車券、お菓子代含/昼食代は別途)
ツアー行程:四条大宮→(市バスで鷹峯方面へ)→常照寺→源光庵(悟りの窓)→光悦寺→休憩(光悦堂/菓子店)→昼食

【Ⅱ】琳派と若冲の世界

琳派を大成し、その人気を確立した尾形光琳を中心に京都の町を散策します。
相国寺承天閣美術館では「伊藤若冲と琳派の世界」を鑑賞します。

開催日:5月16日(土)
料金:3,000円

【Ⅲ】琳派の古今を知る 細見美術館と

本阿弥光悦とともに琳派を生み出した俵屋宗達。その縁の寺・頂妙寺に立ち寄るほか、充実した琳派のコレクションで知られる細見美術館の「琳派400年古今展」を鑑賞。酒井抱一や鈴木其一、神坂雪佳を中心に学びます。日本の「カワイイ」文化の原点に出会えるかも?

開催日:6月20日(土)
料金:3,000円

【Ⅳ】祇園祭 京都の台所・錦市場散策とうちわに絵付け体験

琳派の代表的な技法「たらしこみ」でうちわを制作します。また、絵画の原動力のひとつとなった錦市場の魅力にも迫ります。7月・祇園祭期間に入った京都の夏を体験できるツアーです。

開催日:7月4日(土)
料金:2,500円

*****

申込・お問い合わせ

株式会社ビューティフルツアー(京都営業所)
〒604-8473 京都市中京区西ノ京東中合町56 パレット御池1階
TEL:075-823-3640/FAX:075-813-3765
営業時間:平日10:00~19:00/土日 10:00~18:00(木曜定休)
http://www.beautiful-tour.jp/

※上記にあげたものの他にも、美術・歴史関連のツアー企画がございます。
  詳細はお問い合わせくださいませ。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗