1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2014年8月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2014年8月アーカイブ

flyer_maka2sumer3.jpg
まか通プロジェクトの夏のイベント!今回は8月8日~10日の間にイベントがまとめて開催されます。
毎年恒例の「地獄絵絵解き」のほか、古くから京町家の厄除けとして大切にされてきた鍾馗さんに感謝する「鍾馗祭」、そして50年ぶりの「陶器人形の復活」がラインナップ。
子どもたちの宿題や夏休みの思い出作りにもぴったり!
特別な夏の体験をしてみませんか?

まか通プロジェクト
まかふしぎ三大イベント
記憶と記録の夏休み


熊野観心十界図 地獄絵絵解き


六波羅蜜寺の横、あの世とこの世の境目と呼ばれる「六道の辻」に建つお寺、西福寺。ここでは毎年、「六道参り」の行われる8月7日~10日あわせて、お寺に伝わる地獄絵が公開されます。これにあわせて行われる絵解きイベントです。
関西学院大学教授の西山克先生による絵解きの後には、音楽ユニット・ロイヤルハンチングスによる演奏も行われます。
私たちに多くの気づきと戒めを与えてくれる先人たちからの贈り物・地獄絵の魅力をより感じられる人気イベントです。

日時:2014年8月8日(金)18:00~(17:30より受付開始)
料金:一般1,000円※要予約
定員:25名
出演:西山克(関西学院大学教授)、ロイヤルハンチングス

会場:西福寺
(京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町81)→ 地図
【市バス】100、204号系統にて「清水道」下車、徒歩約4分
※駐車場はございません。お近くのコインパーキング・公共交通機関をご利用ください。

子ども版絵解き地獄絵のおはなし


子どもにもわかりやすく地獄の世界を語る「子ども版絵解き」もあわせて開催!
京都造形芸術大学の学生さんがオリジナルの地獄のおはなし読み聞かせするほか、鳥辺野にあるお寺・通称寺の和尚さんが説法を行います。お化け屋敷とは一味違う夏の思い出に、いかがですか?

日時:2014年8月9日(土)18:00~(17:30より受付開始)
料金:無料(カンパ制)※要予約
定員:30名
出演:谷口真也(通妙寺和尚)、関本徹生(京都造形芸術大学教授/ナビゲーター)
会場:やすらぎふれあい館(京都市東山区梅林町576)→ 地図
【市バス】「五条坂」下車、徒歩約3分https://goo.gl/maps/KtMdv

《地獄絵絵解きイベント申込方法》
上記2件のイベントは事前の予約が必要です。
この記事最下部に記載の「詳細・お問い合わせ先」へ、電話またはメールにて
「申込希望イベント名」「お名前」「ご連絡先」を添えてお申し込みください。

■ こちらもチェック!: 【特集】京都 夏のミステリーARTスポット7選

------------------------------------------------------------------

鍾馗祭(しょうきまつり)


東山区の六原周辺では、「鍾馗(しょうき)さん」と呼ばれる厄除け、勉学の神様が屋根の上に置かれているのが多々見られます。しかしあまりその知名度は高くなく、「地蔵盆」のように人々が敬いその存在に感謝するお祭りもありませんでした。そこで今回、まか通が主催して「鍾馗さん」に感謝をする祭事を開催します。埋もれた文化にスポットを当て、街のよさを再確認するきっかけとなることを目的としています。

日時:2014年8月10日(日)祭祀開始:10:00~/鍾馗舞巡行:11:00~
※巡行ルートについては、公式サイトよりご確認くだあい。
料金:無料
会場:若宮八幡宮(京都市東山区五条橋東5-480)→ 地図
【市バス】「五条坂」下車、徒歩約3分

陶器人形の復活


五条坂の周辺は、陶器作りが盛んな街として知られています。
そんな五条坂には、かつて「陶器人形」と呼ばれる既存の陶器を組み合わせて作る人形がありました。それを50年のときを経て復活!8月7日~10日の4日間、展示します。
昔は見世物小屋のようなスタイルで展示されていたという陶器人形。現代ではどのような姿になっているのでしょうか?

展示期間:2014年8月7日(木)~10日(日)
※期間中はいつでもご覧いただけます。
料金:無料
会場:若宮八幡宮(京都市東山区五条橋東5-480)→ 地図
【市バス】「五条坂」下車、徒歩約3分

■ こちらもチェック!:五条坂陶器まつり(8月7日~10日)
【特集】ひとつ上の陶芸体験。

------------------------------------------------------------------

詳細・お問い合わせ・申込み


京都造形芸術大学プロジェクトセンター
まか通担当:木村・久保
E-mail maka2pro@gmail.com
TEL 075-791-8763 ※受付時間 9:00~17:00 (土日祝を除く)
URL http://maka2log.blog43.fc2.com/



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗