1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2013年10月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2013年10月アーカイブ

kyotogaidai_hakubutsukankza.JPG京都市右京区にある京都外国語大学。ここには、世界各地の民族文化や美術工芸に関する資料の展示を行う「国際文化資料館」があります。
ここでこの度、藍染をテーマにした特別展が開催されます。
藍染は日本でも古くからある染物ですが、メキシコなど中米でも、古代マヤ文明の時代から技術が受け継がれてきた伝統的な工芸品です。

平成25年度博物館講座の第2回目では、この展覧会に関連して講演会と館内見学をセットにした講座を開催します。
普段はなかなか見られない中米の文化、この機会に触れてみては如何でしょうか?

平成25年度第2回博物館講座
京都外国語大学国際文化資料館第4回公開講座
黄金と呼ばれた中米の藍:
マヤ・ブルーからロウケツ染めまで」

日時:2013年11月9日(土)13:30~15:30
参加費:無料(定員:50名)
会場:京都外国語大学 10号館
→ 地下鉄東西線「太秦天神川」駅/京福嵐山本線「嵐電天神川」駅より徒歩5分

【内容】
(1) 講演:「中米の藍と人々の関わりについて」講師:村野正景氏(京都文化博物館 学芸員)
(2) 館内見学:京都外国語大学国際文化資料館特別展「エルサルバドルの藍染め-京都外国語大学が果たした役割-」

申込方法

往復はがき、またはFAX、メールのいずれかにて、
「講座名」
「開催日」
「参加希望者(2人まで)全員の住所・氏名・ふりがな・年齢・電話番号・FAX番号」
以上を明記の上、下記の宛先までお申込みください。
※1通に付き申し込みは2人まで可
※締め切りは10月23日(水/必着)です。定員を超えた申し込みがあった場合は抽選となります。
※結果につきましては、締切日後に可否を申し込み頂いた方法にてお知らせいたします。

申込・お問い合わせ先

京都市教育委員会 生涯学習推進担当
〒604-8064 京都市中京区富小路六角下る(元生祥小学校内)
FAX   075-213-4650
MAIL kyohakuren@edu.city.kyoto.jp

イベント詳細:
http://www.kyohakuren.jp/news/2013/09/post-16.html
kanouseikukan_seika2.jpg9月から来年1月にかけて、京都精華大学デザイン学部建築学科の講義として連続レクチャーシリーズ「可能性の空間」が開催されます。
期間中の毎週 土曜日、大学の建築学科教員の先生とゲスト講師が、空間をめぐって対談や講演を12回にわたって行います。ゲストは建築家はもちろん、写真家やアーティス トなど様々。多彩な角度から空間を捉えることで新たな発想が生まれ、思考の「可能性」を広げるきっかけとすることを目的としています。

第2回は、「愛される建築」と題し、鞍田崇さん(京都精華大学講師/総合地球研特任准教授)と荒谷省午さん(京都精華大学講師/建築家)がレクチャーを行います。
美しいだけの建築はもういらない。求められているのは、人々とともにあり、ともに時を重ねていく建築だ。そんな「愛される建築」の模索とそのきっかけになった1920年の状況を手がかりにこれからの建築を考えます。

もちろんオープン講義なので、一般参加もOK。興味のある方はぜひ!

※レクチャーは今後月1回ペースで開催されます。
※その他の日程・内容については公式ページをご確認ください。

※当初予定では10月5日は写真家・小川重雄さんのレクチャーが予定されておりましたが、やむを無い事情により、講師・内容が変更となりました。予めご了承ください

京都精華大学建築学科 連続レクチャーシリーズ「可能性の空間」
「愛される建築」 鞍田崇 & 荒谷省午


日時:2013年10月5日(土)13:00~14:30
会場:京都精華大学建築学科フォーラム (風光館3F)

出演:鞍田崇(哲学者/総合地球研特任准教授/京都精華大学講師)
    荒谷省午(建築家/京都精華大学講師)

お問い合わせ

京都精華大学デザイン学部建築学科
京都市左京区岩倉木野町137
URL:http://seika-architecture.jp/
MAIL: architec@kyoto-seika.ac.jp
flyer_chokyoto2013.png2010年に杉本家住宅、2011年に東本願寺の渉成園にて開催された現代美術イベント「超京都」。
そして今年、第3回目の超京都が2年ぶりに開催されます!

今回は「現代美術@平成の京町家」と題して、京都駅の東側にある「平成の京町家モデル住宅展示場KYOMO」にて行われます。ここにある伝統的な工法や地域産材で建てられたモデル住宅が5棟を舞台に、国内各地や国際的なアートシーンを率いる7つのギャラリーが作品を展示し、現代美術の魅力を紹介します。

また、特別展示として京都市立芸術大学も参加。「暗黙知/tacit knowledge」をテーマに、若手作家9人の作品を発表します。
10月5日(土)には「ニュイ・ブランシュKYOTO 2013」との連動企画として20:00まで夜間開場します。秋の夜長ならではの雰囲気も味わえます。

「現代の京町家」で、暮らしと現代アートの融合を堪能してください。

超京都2013
現代美術@平成の京町家


日時:2013年10月5日(土)10:00~20:00/6日(日)10:00~17:00
入場料:2,000円(当日券のみ/当日限り有効)

参加ギャラリー

hpgrp GALLERY TOKYO/imura art gallery/MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w/MIZUMA ART GALLERY/MORI YU GALLERY/小山登美夫ギャラリー/YOSHIAKI INOUE GALLERY/京都市立芸術大学(特別展示)

会場・アクセス

平成の京町家モデル住宅展示場KYOMO
京都市下京区河原町通塩小路北西角
http://www.heisei-kyomachiya.com/

【JR】「京都」駅下車、中央改札口より徒歩約7分
【京阪】「七条」駅下車、1番出口より徒歩約8分
【市バス】「四条河原町」から  4・17・205系統にて「塩小路高倉」下車(約10分)
※専用駐車場はございません。近隣のコインパーキングまたは公共交通機関をご利用ください。

詳細・お問い合わせ

超京都事務局(代表:松尾惠)
〒600-8061京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1
MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w内
TEL:075-341-0222 / FAX:075-341-0188
MAIL:info@chokyoto.com



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗