1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2013年10月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2013年10月アーカイブ

chiten-fatzer.jpg京都・北白川を拠点に活動している劇団「地点」。さまざまなテクストを用い、言葉や体、光、音、時間などの要素が重層的に関係する、演劇独自の表現を目指して活動しています。
通常、劇作家が演出も行うことが日本の現代演劇では多いそうですが、こちらでは演出家は演出業に専念する独自のスタイルをとっています。
2005年に東京から京都へ本拠地を移し、日本はもちろん海外公演も多数開催。
今年2013年には演劇のアトリエ「アンダースロー」をオープンしました。伝説のライブハウス「CBGB」の10年間使われてこなかった跡地を改装し、稽古場・アトリエ・舞台の要素を兼ね備えた空間になっています。

そんな「地点」が、10月末~11月にかけ、『ファッツァー』という新しいプログラムの上演を行います。
これはドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトによる未完の戯曲。「百年にひとつの作品」と高い評価も受けたにも関わらず、これまで日本では翻訳されてこず、今回が本邦初上演となります。
時は第一次大戦中、1人の脱走兵をめぐり諧謔と笑いに溢れた物語が展開。塹壕を舞台とした物語は、地下空間である会場にもぴったりです。
音楽はロックバンド「空間現代」が担当し、音楽劇の要素もたっぷりの舞台となります。

ネットからの申込も可能な上、公演時間も遅めに設定されているので、仕事帰りに舞台を楽しむひと時は如何でしょうか?

劇団「地点」公演
『ファッツァー』


chiten2013-1.jpg chiten2013-2.jpg
写真撮影:松本久木

開催期間:2013年10月26日(土)~11月24日(日)
公演時間:開演20:00~(開場は開演30分前です)
※11月4日(月・祝)、10日(日)は開演17:00~
※10月26日(土)、11月2日(土)・3日(日)・23日(土)・24日(日)には、音楽担当の「空間現代」が出演します。
※日によって一部完売となっている場合がございます。詳細は公式サイトにてご確認ください。

料金:2,000円
※ 予約制となります。チケットは公式サイトからのWeb申込、またはお電話をご利用ください。

会場・アクセス

アンダースロー
〒606-8266 京都市左京区北白川久保田町21 地下
TEL 080-6189-9226
【市バス】5・17・203・204系統にて「銀閣寺道」下車、徒歩約1分

お問い合わせ

劇団「地点」
TEL 075-888-5343
Mail info@chiten.org
URL http://chiten.org/

秋も深まり、山の方では紅葉の便りが少しずつ聞こえてきました。
そんな秋本番にぴったりのアートイベントが、今週末の10月26日・27日にみやこめっせにて開催されます!

京都の手づくり市まとめ

art Dive 2013

京都で開催される、若手クリエイターのためのアートフェスタ:artDive[アートダイブ] 京都アートフェスタ2013

もはやおなじみ、毎年恒例となった関西最大規模のアートフェアが今年も開催です!
今年は会場も今までの倍の広さになり、参加アーティストは過去最大規模の約600組。
絵画やイラストレーション、写真等の平面作品はもちろん、立体作品・インスタレーション・映像・アニメーション・ファッション・アクセサリー・手芸品まで。全国各地から集まった若手作家による力作が並びます。
各ブースがまるで小さな個展会場のようになっていたり、こじんまりとしたショップになっていたり。
なかにはそこでパフォーマンスなど無形の作品を「展示」している人も...!

気軽にアート体験ができるワークショップや、ライブペインティングも開催されます。刻々と変化していく作品を見られるライブペインティングはこのような機会でなけらばなかなかお目にかかれません。
普段ギャラリーなどは敷居が高くて...という形も大丈夫。気軽にお気に入りを探すアート体験、この機会に味わってみてはいかがでしょう?

日時:2013年10月26日(土)・27日(日)11:00~17:00
会場:みやこめっせ(京都市勧業館) 第三展示場(全面)
※入場無料
※ワークショップは有料・事前予約制となります。→ 詳細はこちら
→ 公式サイトはこちら


岡崎公園アートフェスティバル

okazaki-park-art2013.jpg

こちらも毎年開催されている、若手アーティスト・クラフト作家支援を目的としたアートイベント。
ジャンルは不問、アート作品から雑貨やアクセサリー、手づくりのお菓子やパンなど様々な手づくり品を作家さんやお店が持ち寄ったブースが軒を連ねます。
本格的な銅版画を体験できるなど、工夫一杯の手づくりワークショップも開催!
また、飲食スペースも設置されるので休憩したり、購入したお菓子やパンをその場で頂くこともできます。
こちらはartDiveよりも開催時間が早めに設定されているので、相互に行き来しながら楽しむのもありかも?

日時:2013年10月26日(土) 10:00~16:30、27日(日)9:00~16:30
会場:みやこめっせ(京都市勧業館) 1階展示場
※入場無料
※カフェスペースは、1日目・2日目で内容が入替わります。

公式サイトはこちら

flyer_makatsu2013-11_dangan4.jpg京都・東山地域に暮らす現役の職人さんを直接訪問する、好評の町歩きツアーイベント!
第4弾が、11月9日(日)に開催されます!

今回も職人さんの仕事内容やエリアによって内容の異なる複数のルートが用意されています。
陶磁器に興味のある方は五条方面、金工・七宝に興味のある方は粟田方面へ..
自分の興味のある分野もよし、行ったことのないエリアを選んでみてもよし。
普通に京都の町を歩くだけでは味わえない体験ができること間違いなしです!
この機会に京都の職人さんの世界をのぞいてみてはいかがでしょうか?

既に一部満員となっているルートも出ているようです。申し込みはお早めに!

まか通プロジェクト11月イベント
東山職人弾丸ツアー4

日時:2013年11月9日(日) 【1】【2】12:30集合/【3】【4】【5】【6】13:00集合 各コース16:00まで
定員:30名(各ルート6名)
参加費:500円
※ 小雨決行
※ 現地集合・現地解散となります。ルートにより集合時間・場所が異なります。
※ 完全予約制のイベントです。予約時に希望のルートをご連絡ください。
※会場には駐車場はございません。お近くのコインパーキング、公共交通機関をご利用ください。


ツアールート

【1】粟田ルート
かつて刀鍛冶職人のまちとして栄えた粟田地区。エリアには七宝焼きの記念館もあります。
粟田の地域に関わりのある職人さんを訪ね歩くルートです。
集合場所:満足稲荷神社前(〒606-8345 京都府京都市左京区東大路仁王門下る東門前町527)
アクセス:地下鉄東西線「東山」駅より徒歩1分

【2】今熊野ルート
陶器職人が多く暮らす今熊野周辺。
今熊野地域の歴史を追いながら、今もこの地域でものづくりを続ける職人さんを訪ね歩きます。
集合場所:新熊野神社(京都市東山区今熊野椥ノ森町42)
アクセス:市バス208号系統にて「今熊野」下車、徒歩3分

【3】建仁寺ルート ※定員に達しました
建仁寺周辺の「門前町」と呼ばれる場所に店を構える職人を訪ね歩きます。
お寺と職人のつながりを垣間見ることができるルートです。
集合場所:東山区役所1階ロビー(京都市東山区清水5-130-6)
アクセス:市バス202号・206号系統にて「清水道」下車、徒歩1分

【4】五条陶器ルート1
五条坂・茶わん坂に根付く陶芸を、道中の地形との関係を交えながら訪ね歩きます。
道中にある登り窯も見学できます。
集合場所:東山区役所1階ロビー(京都市東山区清水5-130-6)
アクセス:市バス202号・206号系統にて「清水路」下車、徒歩1分

【5】五条陶器ルート2 ※定員に達しました
五条坂の陶器職人に加え、五条南周辺地域も紹介します。
地域によって異なる町の雰囲気・作品の違いを感じられます。
集合場所:東山区役所1階ロビー(京都市東山区清水5-130-6)
アクセス:市バス202号・206号系統にて「清水路」下車、徒歩1分

【6】生活用品ルート ※定員に達しました
普段何気なく使っているものの歴史や職人の工夫を知ることで「もの」を見つめなおすきっかけとするルートです。
集合場所:東山区役所1階ロビー(京都市東山区清水5-130-6)
アクセス:市バス202号・206号系統にて「清水路」下車、徒歩1分


申し込み・お問い合わせ

※申し込みの際は、下記の電話・メールアドレスにて、
「まか通11月イベント「東山職人弾丸ツアー」参加希望」
「参加希望ルート」「お名前」「ご連絡先」をご連絡ください。

京都造形芸術大学 プロジェクトセンター
担当:木村・久保
TEL:075-791-8763(受付時間 9:00-17:00/土・日・祝を除く)
MAIL:maka2pro@gmail.com

ブログ:http://maka2log.blog43.fc2.com/
イベント詳細:http://maka2log.blog43.fc2.com/blog-entry-407.html


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗