1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 平成の「お抱え絵師」が描く襖絵をご覧あれ!|妙心寺退蔵院 方丈襖絵プロジェクト「絵師・村林由貴の描く世界 妙心寺壽聖院 襖絵公開ツアー」(8/25~9/1 ※予約制)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

平成の「お抱え絵師」が描く襖絵をご覧あれ!|妙心寺退蔵院 方丈襖絵プロジェクト「絵師・村林由貴の描く世界 妙心寺壽聖院 襖絵公開ツアー」(8/25~9/1 ※予約制)

| トラックバック(0)
fusuma1308-catch_img1.jpg写真/吉田亮人

京都の数多くの寺院や神社は、それぞれ狩野派などの絵師を「お抱え」とし、襖絵や障壁画を描かせ、その活動を援助してきました。結果、多数の傑作が世に生み出されました。
現在、京都の寺社はその貴重な文化財の保存につとめています。しかし、それだけでは後世に受け継がれる新たな文化財や、それを創りだす芸術家が輩出されません。
そこで、日本最大の禅寺・妙心寺の塔頭「退蔵院」と京都造形芸術大学が連携し、2011年から開始したのが「方丈襖絵プロジェクト」です。

平成の「お抱え絵師」として選ばれたのは、京都造形芸術大学出身の若手画家・村林由貴さん。現在、お寺に住み込みで襖絵の制作を行っています。

そんな村林さんが退蔵院本堂に先駆けて制作した壽聖院(じゅしょういん)本堂の襖絵が、この夏完成を迎えます。これを記念し、襖絵を特別公開するスペシャルツアーが8日間限定で開催されることになりました!

当日には、完成した襖絵をしつらえた壽聖院本堂や書院を公開するほか、村林さんご自身が作品を解説。また、プロジェクトの本拠地である退蔵院方丈もガイド付きで見学できます。
どちらも通常は非公開の寺院なので、とても貴重な機会となります。
しかも参加者全員に村林さんデザインの限定おみやげ付き!

文化財が生み出される現場を、この機会に垣間見てはいかがでしょうか?

妙心寺退蔵院 方丈襖絵プロジェクト
絵師・村林由貴の描く世界
妙心寺壽聖院 襖絵公開ツアー


日時:2013年8月25日(日)~9月1日(日) ※8日間限定・1日3回開催
【1】10:00~12:00/【2】13:00~15:00/【3】15:00~17:00

料金:一般3,000円、小中高生(学割):1,500円(1名につき/退蔵院・壽聖院の拝観料込み/おみやげ付)
※中学生・高校生の方は当日受付にて学生証をご提示ください(小学生は不要)
※一般と学割料金ではおみやげの内容が異なります

定員:各回25名(予約制・先着順受付)
※空き状況は公式ページにて確認できます

会場・アクセス

fusuma1308-taizoin2.jpg妙心寺山内
退蔵院(たいぞういん)・壽聖院(じゅしょういん)

(京都府京都市右京区花園妙心寺町35)
※ 当日は退蔵院に集合(退蔵院は妙心寺境内南方・南門側)
【JR】「花園」駅下車、北東へ徒歩約6分
【市バス】91・93号系統「妙心寺前」下車、徒歩約5分
※参拝者専用無料駐車場有(花園会館向かい側・30台分)

詳細・申込・お問い合わせ

イベント公式ページ:http://taiken.onozomi.com/13su_fusumae/
※ 各時間帯の空き状況確認・申込みもこちらから可能です

主催:株式会社のぞみ
TEL 075-254-0789(平日10:00~19:00)

■ 村林 由貴 プロフィール
1986年兵庫県生まれ。
京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業、同大学大学院芸術研究科修了。
主な受賞歴に「AMUSE ARTJAM in Kyoto」グランプリ(2008)、「JEANS FACTORY ART AWARD 2008」優秀賞(2008)、「GALLERY RAKU 2010」プロジェクト賞(2009)など。
2011年に方丈襖絵プロジェクトの絵師に選出され、寺院での1年間の修行の後、2012年2月より本格的に制作を開始。以後、退蔵院で生活しながら、壽聖院書院・本堂の襖絵を描き上げ、今年2013年秋より退蔵院方丈(本堂)の襖絵制作に移る。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗