1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2013年4月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2013年4月アーカイブ

flyer_brokiga.jpg京都で暮らすアーティスト23人が集うグループ展が、4月11日(木)~23日(火)の日程で京都市内中心部にほど近いギャラリーを会場に開催されます。

展覧会のタイトル「ブロキガ」は、スウェーデン語で「色々な色や模様、型にはまった何かではない」という意味の言葉。そのタイトル通り、参加する23人のアーティストは、ジャンルも国籍もプロアマも不問で集った、大変バラエティ豊かなメンバーとなっており、写真からイラストレーション、音楽にファッション、現代美術まで多彩で濃厚なアートが楽しめます。

共通点はただ一つ、「京都在住」であること。

コンセプトは「あなたの身近なところに住んでいるアーティストがまだまだいる」。
京都に暮らすアーティストたちの実力を、この機会にお楽しみください。

会期中には、ワークショップやパフォーマンスイベントなどの企画も開催されますよ!

ブロキガ展

日時:2013年4月11日(木)~23日(火)13:00~19:30 ※水曜定休
※ワークショップなど一部企画は別途参加費が必要です。詳細は公式サイトにてご確認ください。

パフォーマンスDAY:4/14(日)「ワンコインでアート」

4月14日(日)は参加アーティストが在廊し、気軽に交流できるイベントを開催。
新たなアートの発見やいつもと違う楽しみ方ができるかも!
実施日:4月14日(日)14:00~
参加費:500円(ドリンク・軽食有り)

※そのほかのイベントに関しましては、公式サイトにてご確認ください。

出展作家

Angela M.Acosta(イラストレーション)、池田孝友(平面作品)、いわいまさこ(箱)、toshiyuki iwamoto(写真)、亀井麻里(カッティングアート)、久保田狐庵(写真)、guri(キャラクター)、後藤花林(織り)、近藤美佳(染色)、snowy(絵画)、近澤優(絵画)、月田ショーン(イラストレーション)、土田祥子(切り絵)、tutty(写真)、Shohei Toyoda(ギター)、成田修(ファッション・アート)、平野雅子(漆・陶)、堀健(立体)、松浦すみれ(イラストレーション)、眞鍋沙智(染色)、Lou Rong Rong(イラストレーション)、Lacca(イラスト・詩)、山根一生(書)

会場・アクセス

3F project room
〒604-8101京都市中京区柳馬場御池下ル柳八幡町75-6TNCビル3F, KMFA
TEL・FAX:075-255-0188
MAIL:info@3-gai.com
Facebook:http://www.facebook.com/3fprojectroom
【地下鉄】烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車、徒歩約7分
【市バス】「堺町御池」下車、徒歩1分
※駐輪場・駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

詳細

展覧会サイト:http://brokiga.tumblr.com/
お問い合わせ: info@kazukiyamane.com(主催:山根一生)
flyer_hiloki_ushio2013.jpg書家・アーティストとして国内外で活躍中のHILOKI(ヒロキ)さんによる個展が、4月6日(金)~19日(金)の日程で、京都東急ホテルのギャラリーkazahanaにて開催されます。

HILOKIさんは京都出身。墨を駆使し文字作品、非文字作品を独自の世界観で制作し、国際展では受賞を重ね国内外で活躍されています。展覧会での作品展示のほか、ライブパフォーマンスも精力的に行い、近年ではプロモーション映像"alive"が渋谷・新橋・秋葉原の街頭ビジョンで放映され、好評を博しました。

今回の展示「ushio」シリーズは、書いた線の輪郭を型どり、その行為を重ねて作ったという抽象作品。中国で古来行われていた書の複製を作る際に用いる「双鉤填墨」という技法にインスピレーションを受けて完成したそうです。
型どる線は様々な色で描かれ、一見現代的でポップな空間が広がりますが、作品に対する行為はあくまで古典的というところがポイントです。
「ushio」のタイトルは線が幾重にも重なり形成された表情が海の潮のもち引きのように見えたことからついたものだそうです。

他にも「ushio」シリーズから受けたイメージで書いた文字作品も併せて展示されます。

表情を変え続ける海の潮のように、皮をめくれば全く違う世界が広がっているかもしれない。
全てが表裏一体を表現した作品を、この機会にご覧ください。


HILOKI個展scene5『ushio』

日時:2013年4月6日(金)~19日(金) 11:00~19:00
※最終日は17:00まで/日曜は9:00~17:00
※会期中無休・入場無料

会場・アクセス

京都東急ホテル内ギャラリーkazahana
〒600-8519 京都市下京区堀川通五条下る 柿本町580
TEL:075-341-2646(直通)
【市バス】9、28、75号系統「堀川五条」下車(南へ徒歩約3分)

HILOKI(ヒロキ)プロフィール

1983年生まれ。書家・アーティスト。
7歳から書を初め、大学では書道コースを専攻。墨を駆使し、文学作品や非文字作品を独自の世界観で制作。
展覧会活動を中心に、デザイン、店舗ロゴ、店内装飾などさまざまな媒体に作品を露出しているほか、海外のアートフェアにも出品。国際展でも受賞を重ね、国内外で活動を展開している。
ジャンルを問わずさまざまな作家のディレクションを手がけ、グループ展「On oneself」を主催。
個人でのライブパフォーマンスや、書家3人によるユニット「膜路」でも精力的に活動している。
近年では、iPhoneアプリ配信(現在は配信終了)、promotion映像「alive」が渋谷・新橋・秋葉原の街頭ビジョンで放映。また、「カラオケの達人」に京都のバンドとのコラボレーションで制作した映像を配信するなど、活動の幅を広げている。
http://www.hiloki.jp/


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗