1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2013年3月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2013年3月アーカイブ

okeikomarche-nehan1.png茶道資料館にほど近い場所にあるお寺・本法寺。
ここは、かつて桃山時代に活躍した絵師・長谷川等伯が居を構えていたこともあるゆかりの地として知られ、毎年3月15日~4月15日の日程で、等伯が全身全霊を込めて描いた大作「仏涅槃図」の特別開帳が行われています。
この「仏涅槃図」は、縦が10mもある超巨大なもの!以前開催された「長谷川等伯展」でも注目を集めた逸品です。

この「仏涅槃図」を桜の時期に合わせて楽しむ女子会イベントが、4月6日(土)・7日(日)の日程で開催されます。
その名も「涅槃図女子」!
イベントでは、普段は非公開の開山堂を特別に会場とするほか、京都国立博物館の研究員さんによる涅槃図に関するアート講義やワークショップに参加することができます。
また、人気の和菓子創作ユニット「日菓」さんが、このイベントのために特別なオリジナル和菓子を制作!お堂の中でスペシャルなティータイムを楽しめます。

ちょうど本法寺境内は桜も見ごろ。お花見とともに、贅沢な京都の春を過ごしてみては?

申し込みは4月1日(月)までの募集ですので、お早めに!
※男性の方の申込も可能です。

涅槃図女子(ねはんずじょし)

日時:2013年4月6日(土)、7日(日)各日13:50~15:30
参加費:一人2,800円(拝観料・講義代・和菓子代全て含む)
※事前申込制です(4月1日まで受付)

企画内容

flyer_okeikomarche-nehan.png

■ 長谷川等伯 仏涅槃図 ご開帳
全長10mにも及ぶ、400年前の大絵師・長谷川等伯渾身のビッグアート。
実物は春の時期限定で公開されている、大迫力の仏教画です。
絵の詳細についてはこちら
また、併せて国指定の名勝「巴の庭」(本阿弥光悦作)もご覧になれます。

■ ワークショップ「涅槃図からのメッセージ」
普段は入ることができない本法寺の「開山堂」を特別に会場としてお借りし、ちょっとだけ賢く鳴れちゃうアートな講義&ワークショップを開催します。
ナビゲーターは水谷亜希さん(京都国立博物館研究員・教育普及ご担当)。

■ ティータイム「日菓」のオリジナル和菓子
人気和菓子ユニット「日菓」さんがこの日のためにオリジナルで制作するとっても可愛い和菓子をいただけます。本法寺山内の大桜を望めるお堂のなかで特別に。
「日菓」さんについてはこちら

会場・アクセス

叡昌山 本法寺
京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町617
【地下鉄】烏丸線「鞍馬口」駅下車、徒歩約11分
【市バス】京都駅からは9系統、四条烏丸・河原町駅からは12系統にて「堀川寺ノ内」下車、徒歩2分

申込み

参加申込フォームはこちら

※参加申込締切:4月1日(月)

お問い合わせ

京おんなのおけいこマルシェ
MAIL:info@okeikomarche.com
URL:http://www.okeikomarche.com
Facebook:http://facebook.com/nehanzujyoshi

flyer_sakkadruft2014.jpg若手アーティストの発掘・支援を目的に、毎年開催されている京都芸術センターのプロジェクト「作家ドラフト」。
毎年全国から京都芸術センターを会場とした作品展示プランを募集し、選ばれたプランを実際に展覧会として開催してしまうユニークな企画です。今年も2月に昨年の募集で選ばれた展覧会「Project Mirror」が開催されています。

この企画は、美術だけでなく様々な方面の第一線で活躍している方を審査員に迎え、独自の視点から審査を行うところが大きな特徴となっています。
今回は建築家・美術作家として活躍する青木淳(あおき・じゅん)さんが審査員を務めます。青木さんの視点から、どのようなプランが選ばれるでしょうか?
作品ジャンルは全くの不問。新しい発想・表現に満ちた展覧会を、京都芸術センターまで送ってみてください!

作家ドラフト2014 作品展示プラン募集

募集内容

京都芸術センターのギャラリー北・南いずれかの空間を活用した作品展示プランの募集
表現形式は自由です。

応募・参加資格

作品のジャンル、及び応募者の性別・年齢・国籍は不問。グループでの応募も可能です。
入選した場合、展覧会の準備・開催・撤去に至るまで責任を持って遂行できること。

実施概要

募集期間:2013年4月1日(月)~20日(土)
審査方法:審査員による書類選考にて、ギャラリー北・南について入選者各1名(組)を決定
結果通知:応募者全員に郵送にて結果を通知(2013年6月初旬予定)

展覧会開催日程:2014年2月の約1ヶ月間
※開催日程の詳細については後日相談
展覧会会場:京都芸術センター北・南
※芸術センター内のその他会場使用については、入選後に調整

応募方法

受付期間:2013年4月1日(月)~20日(土)
※当日消印有効。京都芸術センターへ持参する場合は20時まで受付
上記の期間中に、【1】応募用紙 【2】企画書(必須) 【3】その他資料(任意)を京都芸術センターまでお送りください。

《提出先》
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
京都芸術センター「作家ドラフト2014」係

応募方法の詳細、及び応募用紙はこちらから(京都芸術センター公式サイト)

審査員:青木淳(あおき・じゅん)

建築家。青木淳建築計画事務所主宰。
青森県立美術館や潟博物館といった公共建築のほか、一連のルイ・ヴィトンの店舗設計でも知られる。


お問い合わせ

京都芸術センター

exploring-museums-kyoto_J.jpg exploring-museums-kyoto_E.jpg


京都市内の博物館・美術館施設が加盟している「京都市内博物館施設連絡協議会(京博連)」が、京都市教育委員会と共同で、京都市内のミュージアムガイドを発行しました。

その名も「京都ミュージアム探訪」!

2013年3月19日(火)に出たばかりのこの本は、1994年から発行されていた「京都市内博物館ガイドブック 京のかるちゃーすぽっと」の全面改訂版。
京博連に加盟している京都市内のミュージアムを、1ページに1施設ずつ、写真を交えて施設情報や見どころをフルカラー紹介しています。
おなじみの施設から、知る人ぞ知る隠れたスポットまでを網羅。約200の大小さまざまなミュージアムが掲載されています。

また、今回からは日本語版と英語版の2種類発行となっています。英語版はネイティブの翻訳家さんが監修しているので、海外の方が旅のお供にするほか、2冊あわせて英語の勉強にも役立ちそうですね。

京都をはじめ、全国の書店で発売中です。
ぜひ手にとって、本で京都のミュージアムめぐりに挑戦!してみてはいかがでしょうか。

京都市内博物館ガイドブック
「京都ミュージアム探訪」

A5変形サイズ フルカラー240ページ
日本語版:1,200円(定価/税込)
英語版(Exploring Museums in Kyoto):1,500円(定価/税込)


お問い合わせ

京都市内博物館施設連絡協議会(京博連) 事務局
(京都市教育委員会事務局 生涯学習部内)
〒604-8064 京都市中京区富小路通六角下る 骨屋之町549(元生祥小学校内)
TEL:075-251-0420(受付時間:8:45~12:00 / 13:00~17:30)
http://www.kyohakuren.jp/


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗