1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2013年1月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2013年1月アーカイブ

お客様各位

いつも「京都で遊ぼうART」をご覧頂き、誠にありがとうございます。

「京都で遊ぼうART」では、2013年1月31日(木)システムメンテナンスを実施させて頂きます。

メンテナンス中は、ホームページが表示されない時間帯が生じる可能性がございます。
iPhone/Androidアプリにつきましても、メンテナンス中はデータの取得ができない場合がございます。

いつもご利用を頂いている皆様には大変ご不便とご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんが、
何卒ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
京都発の展覧会型写真コンペティション「KYOTO PHOTO AWARD 2013」が、2月・3月に同時代ギャラリーにて開催されます。
このイベントは、趣味で写真を楽しんでいる方からプロのカメラマン・作家まで幅広く参加できるコンペ型展で、前回2011年に開催された際には出展者76名、来場者数1,200名を越える盛況ぶりでした。

今回は、気軽にデータで参加できる一般部門のほかに、若手写真作家の発掘・支援を目的としたAWARD部門が新たに開設されています。AWARD部門では、展示写真作品とポートフォリオのセットの応募となり、常に現場に立ち写真を見続けている若手ギャラリストが中心に審査を行います。

京都からさらなる写真文化の発展を目指すこの企画。2月初旬まで、作品応募が受け付けられています。
写真がお好きな方、もっと自分の作品を多くの人に見てもらいたい方、アーティストを目指す方、ぜひチェックしてみてください。
※部門によって締切日は異なります。あらかじめご確認ください。

KYOTO PHOTO AWARD 2013

一般部門

写真をはじめたばかりの型から、ハイアマチュア・プロの方まで、幅広く参加できる部門です。写真を撮るだけでなく、展示し、多くの人に見てもらいませんか?
こちらの部門では、Webでデータを送信するだけで応募可能。送られたデータをA3サイズにプリント・木製パネルで仕上げて展示会までコーディネートしてもらえるので、展示経験のない方でも大丈夫です。展示会の終了後には、写真パネルは持ち帰ることができます。
優秀作品には表彰も!

募集期間:2013年2月4日(月)まで
エントリー&詳細はこちら!

AWARD部門

今回新設された、若手写真作家の発掘・支援を目的とした部門です。
こちらでは、壁面展示作品とともに、40枚以内のポートフォリオ(作品ブック)にての応募となります。写真作品を自ら仕上げ展するほか、ポートフォリオの作成など、作家として活動するための要素に自ら取り組む力が求められます。
作品はもちろん、タイトルやテーマも大事な要素です。作家活動を続けるセッションとして、ぜひ挑戦してみてください。

募集期間:2013年2月10日(日)まで
募集要項・作品票・詳細はこちら!

詳細・お問い合わせ

FOTON photo project
〒600-8028
京都市下京区寺町松原下る植松町731-1小林ビル2F3F4F
TEL:075-344-1893
公式サイト:http://foto-n.com/award
新しい年も始まり、美術館・博物館でも2013年度開催の展覧会スケジュールが少しずつ発表となってきました。ちょっと気が早いかもしれませんが、今のうちから注目しておきたい京都の春の展覧会情報をご紹介します!楽しみに開催を待ちましょう!

今回は京都市美術館で開催される2大展覧会をピックアップ!

リヒテンシュタイン
華麗なる侯爵家の秘宝

rihiten_hp.jpg昨年の東京会場展では20万人以上が来場した展覧会がついに京都にやってきます!
リヒテンシュタインは、オーストリアとスイスの間に位置するとても小さな国です。
国家元首であるリヒテンシュタイン侯爵家は建国から500年以上にわたり、優れた美術品の収集を一族の栄誉と家訓として行ってきました。そのコレクションは約3万点にのぼり、英国王室に継ぐ世界最大級の規模となっています。
世界的に見てもリヒテンシュタイン国外で大規模に展示を行われたことは少なく、日本でまとまった規模で公開される機会は、今回が初めてです。
展覧会では、ラファエロからルーベンス、レンブラントまで、西洋絵画の歴史を代表する作家の作品が多数登場します。また、絵画や工芸品、実際に飾られている調度品などを使って侯爵家のお部屋を再現するコーナーも注目ですよ!
会場を歩けば、ちょっとヨーロッパ貴族の雰囲気が楽しめるかも...?

グッズ付限定前売券も発売!

リヒテンシュタイン展(京都会場)では、通常の前売券(一般 ¥1,300)に加えてお得なグッズ付の限定前売券(¥3,000 ※一般のみ)が1月23日(水)より発売されます。
これは、展覧会の前売券に展覧会限定グッズの引換券が付いたもの。期間・数量限定なのでお早めに!グッズは以下の4種の中から選べます。

■ 13歳の天才ピアニスト・牛田智大くん作曲による展覧会の公式テーマ曲収録CD
■ 菓子研究家・今田美奈子さんが再現したリヒテンシュタイン侯爵家レシピによる焼き菓子セット
■ 展示作品・ルーベンス「クララ・セレーナ(ルーベンスの娘)」をイメージして特別調香された香水「CLARA」
■ 展示作品・ヴァン=ダイク「マリア・デ・タシス」でモデルが身に着けているアクセサリーを再現したネックレス

展覧会概要

日時:2013年3月19日(火)~6月9日(日) 9:00~17:00(初日は10:00~)
会場:京都市美術館
→ 【展覧会の詳細はこちら!


ゴッホ展
空白のパリを追う

gogh2013_hp.jpg

4月からは同じく京都市美術館でゴッホ展が開催!
今回のゴッホ展は、ゴッホの生涯の中でも記録が少なく「空白の時代」とされている、弟・テオと暮らしたパリ時代にスポットを当てています。
展示品はオランダ・アムステルダムのゴッホ美術館からの出展品全53点のうち36点が日本初公開の作品で構成されています。また、ゴッホといえば自画像がよく知られていますが、今回は8点の自画像がまとめて展示されます。これだけの数のゴッホの自画像が日本で展示される機会はなかなかありません。時期によって表情も描写の雰囲気も異なる自画像を見比べてみると、ゴッホの心境の変化なども読み取れるかもしれません。
ほかにもゴッホが写実的な描写から彼独特の画風を確立していく過程などを、さまざまな作品を通して考察します。ゴッホの世界観をじっくり味わえる展覧会になりそうです。

リヒテンシュタイン展とちょうど日程も被るので、欲張りさんは同時に行ってみるのも有り?

展覧会概要

日時:2013年4月2日(火)~5月19日(日) 9:00~17:00
会場:京都市美術館
→ 【展覧会の詳細はこちら!



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗