1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2012年12月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2012年12月アーカイブ

京都の食材の宝庫・中央卸売市場内に、来年春、京都の食文化を学べるミュージアム「京の食文化ミュージアム・あじわい館」がオープンします。
その本オープンを前に、現在、プレオープンイベントが開催されています(12月16日~3月31日)

京の食文化ミュージアム・あじわい館について

「伝統的かつ創造的な京の食文化の素晴らしさを多くの方に実感していただく」ことをコンセプトにした京の食文化ミュージアム・あじわい館。

館内の企画展示室では、季節展・企画展・常設展が開催されます。
季節ごとに京都の食材を紹介したり、行事や地域によって異なる独自の料理の紹介、京料理と共に用いられる京焼や漆器などの展示、また市場の歴史や流通についての紹介などが行われる予定です。
名料理人などを招いた講演会や、おばんざいの試食会も予定されています。

また、併設の調理実習室では料理教室も随時開催されます(予約制)

展示については、重要文化財指定を受けている京町家「杉本家住宅」を管理している公益財団法人 奈良屋記念杉本家保存会が協力しており、事務局長で杉本家の10代目にあたる、料理研究家・杉本節子さんが監修を行っています。

プレオープン企画について

展示室ではプレ企画展として
京都の伝統的な食文化を作品や道具、歴史のご紹介などを学べる月替わり展示
「京料理・京菓子・京漬物・清酒にみる京の食文化」が開催中。

また、3月31日までの日程で杉本節子さん監修による特別展「京のおばんざい文化」展も開催中です。
京都のおばんざい料理の秘密や、270年の歴史を持つ杉本家に代々伝わる備忘録「歳中覚」にみる倹約と"しまつ"の暮らしなど、食を通した京都の文化を学べる内容になっています。
日替わりでおばんざいの試食もできますよ!
新たに加わる京都のミュージアム、ぜひチェックしてみてください。

※1月20日には杉本節子さんによる料理教室も予定されています(受付は終了いたしました)

京の食文化ミュージアム・あじわい館

所在地:京都市下京区中堂寺南町130番地 京都青果センター3階
開館時間:8:30~17:00(入館無料)
TEL:075-321-8680/FAX:075-321-8690
E-MAIL:info@kyo-ajiwaikan.com
URL:http://www.kyo-ajiwaikan.com/
【アクセス】JR「丹波口」駅下車、徒歩3分
【市バス】「京都リサーチパーク前」下車、徒歩2分

「京の食文化ミュージアム・あじわい館」のホームページはこちら!↓
h_logo.jpg
いつも「京都で遊ぼうART」をご覧頂きまして、ありがとうございます。
「京都で遊ぼうART」運営事務局では、
以下の期間、誠に勝手ながら年末年始のお休みを頂きます。

2012年12月29日(土)~2013年1月6日(日)

これ以降、およびお休みの期間中に頂きましたお問合せ・ご連絡につきましては、
1月7日(月)以降の対応となります。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

2012年も「京都で遊ぼうART」をご覧頂き、誠にありがとうございました。
2013年も、よりよいサイトを目指してがんばって参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

京都で遊ぼうART運営事務局 スタッフ一同
2011-2012-2013_morningkyoto.jpg岡崎にあるギャラリー「gallery morning kyoto」にて、京都在住の日本画家・山本俊夫さんのほか3名の日本画家の方による、東日本大震災をテーマにした展覧会が開催されています。

地震や津波、原子力発電所の崩壊。
東北と関西は離れていながらも、多くの関西のアーティストが震災という「大事」と向き合い、自らのやり方で胸中のとまらぬ揺れを押しとどめるかのように作品を創り出しました。
アーティストというメディアを通して記録された「あれから」。その中から3人の作品を展示し、もう一度「大事」に向き合います。

中心となるのは、山本俊夫さんによる屏風。2011年3月11日以降の混沌とした現世を、大きななまずのすむ川の上に架かる橋の上で生死が隣り合わせに踊る時代屏風に仕立てられています。
藤原康子さんの作品は、14cm角のキューブを高く積み上げたオブジェ。地理学を通して根本大地を考え、大地に直接触れるときの暖かさや安らぎ、懐かしさをとらえつつ、大地に挑む現代社会の限界と危うさを表現します。
田中奈津子さんの作品は、液晶の中の出来事として体験し感じたことを、水があふれる水瓶に置き換えて表現しています。

それぞれの世代を超えてカタチににじみ出た3人の画家の「そのとき」への思いを、作品から味わってみてください。

2011>>after>>2012>>future>>2013
「あれから、そして、これから」

日時:2012年12月18日(火)~2013年1月20日(日) 12:00~19:00(日曜は17:00まで)
※ 月曜休廊
※ 12月24(月)~1月9日(水)は年末年始休廊

出展作家

■ 山本俊夫(やまもと・としお)
1959年 大阪生まれ
1986年 京都市立芸術大学大学院日本画専攻修了

■ 藤原康子(ふじわら・やすこ)
1961年 京都学芸大学第2社会科学科(地理学)卒業
2006年 京都教育大学研究生(西洋画研究室)修了

■ 田中奈津子(たなか・なつこ)
1981年 北九州市生まれ
2007年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

会場・アクセス

gallery morning kyoto
〒605-0034
京都市東山区三条通白川橋東入四丁目中之町207
(三条通り岡崎広道西南角)
TEL:075-771-1213
MAIL:gallerymorning@ybb.ne.jp

京阪】「三条」駅下車、徒歩15分
【地下鉄】東西線「東山」または「蹴上」駅下車、徒歩5分

【市バス】5、46系統にて「神宮道」下車


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗