1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2012年7月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2012年7月アーカイブ

sakai-yumeko-momo.jpeg愛知県立芸術大学大学院 彫刻領域研修生として在学中の酒井由芽子さんによる作品展です。

「植物を中心とした生き物をモチーフに、金属を素材として作品を制作しています。
 今回の「ー藻藻ー」展は、植物の中でも海藻に的を絞りました。」


会場は京都文化博物館の別館にあるアートン アートギャラリーです。会期中には祇園祭の宵山、山鉾巡行も行われるので、ぜひ足をお運び下さい。


作品展Ⅱ酒井由芽子ー藻藻ー

期間:2012年7月10日(火)~7月22日(日)
開館時間:10:00~19:30/【14,15,16日】10:00~20:30/【21,22日】10:00~17:30
※会期中無休
※レセプションパーティー 7月14日(土)17:00〜19:00

会場・アクセス

〒604-8183
京都市中京区三条高倉 京都府京都文化博物館別館

地下鉄「烏丸御池駅」下車、三条を東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車、高倉通りを北へ徒歩7分
京阪「三条駅」下車、三条通を西へ徒歩15分


詳細・お問い合わせ

Tel / Fax : (075)211-3288
E-mail : info@arton-kyoto.com

raimund_hoghe_0525.png毎年秋に開催されている、世界の最先端の舞台芸術が京都に集うイベント「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」。
今年2012年も9月22日(土)~10月28日(日)の約一ヶ月間の日程で開催が予定されています。

それに先立つプレイベントとして、ドイツの振付家ライムント・ホーゲ氏による特別レクチャーが開催されます。
1980年代、ドイツを代表するバレエダンサー・振付家だったピナ・バウシュ(1940-2009)のドラマトゥルク(※)を務め、その後自身も世界的振付家として精力的に活動しているホーゲ氏が、多様な視点から創作について語ります。

※戯曲のリサーチや作品制作に関わる、演出家や監督のサポートを行う役職。ドイツの劇場で古くから一般的に普及している専門職で、制作とは独立して存在し、文学、美術など、深く広範な専門知識が要求される。

また、あわせて今年のKYOTO EXPERIMENT2012について、プログラム・ディレクターによる映像を交えたラインナップ紹介、見所や楽しみ方の解説も行われます。

舞台芸術の様々な側面が垣間見える、貴重な機会です。秋の芸術祭本番の前に要チェック!

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2012 プレイベント
ライムント・ホーゲ来日公演記念特別レクチャー
[同時開催]KYOTO EXPERIMENT 2012 ラインナップ紹介

日時:2012年7月19日(木) 18:30~21:00
会場:京都芸術センター フリースペース
会場の詳細・アクセスについてはこちら!

参加費:500円(要申し込み)
※ 申し込みは、KYOTO EXPERIMENT 事務局(TEL:075-213-5839)までお電話いただくか、または公式サイト内の専用フォームからお申し込みください。→ 申し込みフォームへ

【プログラム】第一部 KYOTO EXPERIMENT 2012 ラインナップ紹介

今年2012年で3回目を迎えるKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭。
ますます多彩になるプログラムの見どころや、フェスティバルだからこそ見えてくる作品どうしのつながりなど、今年のプログラムの楽しみ方をディレクター自らが解説します。

トーク:橋本 裕介(KYOTO EXPERIMENT プログラム・ディレクター)
聞き手:竹内 厚(編集者/KYOTO EXPERIMENT ドキュメント・コーディネート)

【プログラム】第二部 ライムント・ホーゲ特別レクチャー
「闘いに身を投じる − Den Körper in den Kampf werfen」

横浜日仏学院と東京ドイツ文化センターが協力し、KAAT 神奈川芸術劇場の提携公演として実施するプロジェクト「DANSE / TANZ」で招聘されるアーティスト、ライムント・ホーゲ。
今回上演される作品《牧神の午後》や、彼のこれまでの創作活動を紹介するほか、記者・作家と しての顔も持つ彼ならではの視点で、現代のヨーロッパのダンスの潮流について語ります。
※プロジェクト、および上演作品の詳細については、イベント公式ページをご確認ください。

講師: ライムント・ホーゲ
聞き手: 古後奈緒子(舞踊研究/批評/dance+/KYOTO EXPERIMENTアドバイザリーボード)
※逐次通訳あり

詳細・お問い合わせ

KYOTO EXPERIMENT 事務局
TEL/FAX:075-213-5839
MAIL:info@kyoto-ex.jp
URL:http://kyoto-ex.jp/
国宝級の傑作絵画(超高精細複製)の見学&文化財修復現場の見学会開催!

綴プロジェクト制作作品 特別観覧企画
(午前の部)国宝『風神雷神図屏風』俵屋宗達筆及び重要文化財『方丈 障壁画』海北友松筆 見学会
(午後の部)京の表具師による、文化財修復の現場見学

【午前の部】
臨済宗(禅宗)の大本山のひとつ・建仁寺には、俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」と海北友松筆の方丈壁画「雲龍図襖」の二つの名品が所蔵されています。
こちらの原寸大・超高精細複製画を作品解説、そして建仁寺雲林院のご住職の法話とともに鑑賞する見学ツアーです。

複製画はNPO法人京都文化協会、そしてキヤノン(CANON)株式会社による「綴プロジェクト」の一環で作成されたもの。超高性能のデジタルカメラを使って撮影し、大型プリンターで超高精彩に印刷。その後職人さんによって本物と同じように丁寧に金箔張りや表装が施された、限りなく本物に近い複製品です。

usami-kyobunka.jpg【午後の部】
本願寺などの文化財修復を行っている、京表具工房・宇佐美松鶴堂。
その修復現場である工房の見学をします。職人さん解説によるミニ掛け軸の制作体験も(別途費用)。

イベント概要

日時:2012年7月13日(金)
参加費:無料(午後の部の制作体験コーナーについては、別途費用が必要です)
※会場への移動交通費は各自負担となります。

【午前の部】建仁寺 10:00~12:00 ※集合時間:9:50
ご法話:雲林院 宗碩(うんりんいん そうせき)
案内人:鈴木 知水(すずき としみ)
定員:30名

集合場所:建仁寺本坊前
http://www.kenninji.jp/
京阪電車「祇園四条駅」より 徒歩 7分
阪急電車「河原町駅」より 徒歩10分

【午後の部】宇佐美松鶴堂 13:30~16:00 ※ 集合時間:13:20
案内人:宇佐美 直秀(うさみ なおひで)
定員:20名
※ 工房見学とミニ掛軸の制作体験コーナー
定員:20名/費用:2500円 予定時刻:14:30~16:30
希望される方は、申込み時にお知らせ下さい。

集合場所:宇佐美松鶴堂前
http://www.usami-shokakudo.co.jp/
地下鉄「五条」駅下車、南へ徒歩約12分

申し込み・お問い合わせ

特定非営利活動法人 京都文化協会
http://kyo-bunka.or.jp/
担当:大八木
MAIL:support@kyo-bunka.or.jp



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗