1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2012年7月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2012年7月アーカイブ

dm_7gogh.jpgダンボールから様々なものを作り出してしまうアーティスト、平尾ケイゴさんによる個展が昨年に続き、今年も京都のギャラリーにて開催されます。

昨年は京野菜などが中心でしたが、今回のテーマはなんとあの画家・ゴッホ。
タイトル通り、七体のゴッホの3D作品が登場します。

短い生涯の中で数多くの自画像を残したフィンセント・ファン・ゴッホ。
その自画像を立体的に表現したらどうなるのか?という発想から、ダンボールで七体のゴッホの立体自画像が制作されました。
細かな部分まで立体化されたフォルム、重厚感のある見た目からは想像のつかない軽さ、紙なのに油絵のような質感、そして絵画では表現されていない後姿などが楽しめます。

まるでゴッホの油絵を3D化してみているような感覚で鑑賞できる、ユニークな展覧会です。
平面の絵とはまた異なる、不思議な体験を味わってみてください!

平尾ケイゴ 個展
「七人のフィンセント・ファン・ゴッホ」

日時:2012年7月24日(火)~29日(日) 12:00~19:00(最終日は18:00まで)
料金:無料

会場・アクセス

同時代ギャラリー コラージュ
京都市中京区三条御幸町南東角1928ビル1階

【阪急】「河原町」駅下車、9番出口より北へ徒歩8分
【京阪】「三条」駅下車、6番出口より西へ徒歩5分
【地下鉄】東西線「三条京阪」駅下車、京阪側6番出口より西へ徒歩5分

詳細・お問い合わせ

同時代ギャラリー
TEL/FAX:075-256-6155
URL: http://www.dohjidai.com/

スタジオ彩稜
URL:http://www.studio-sairyo.com/

makatsu-july2012.jpg普段なにげなく「見て」いる町を、「文字」や「音」を通して「みて」みると...?
そんなユニークなコンセプトのワークショップが7月末に開催されます!

シリーズ企画「五感シリーズ」の第一弾として開催されるこのワークショップでは、「文字」という観点と「音」という観点でそれぞれ京都・東山区の魅力にせまります。

『文字で視るまち』(7/28)

まちの中には都道府県や市区町村など、名前が存在します。そしてそれぞれに歴史や意味があります。
では、名前を構成している漢字にはいったいどのような意味があるのでしょうか?
こちらのワークショップでは、東山区の興味深い町名をピックアップし、その漢字を紐解いていくことで新しいまちの見方を引き出していきます。
また、併せて参加者自身の名前の解体・解説も行います。
漢字から視ると、今まで知らなかった新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

日時:2012年7月28日(土) 開場 13:00/13:30~15:30予定
参加費:無料
定員:15名
ナビゲーター:関本 徹生 氏(京都造形芸術大学教授)

会場・アクセス

弓箭閣(きゅうせんかく)
京都市東山区松原通大和大路弓矢町東入る

【アクセス】
京阪「清水五条」駅下車、徒歩約10分
地図はこちら

※駐車場はございません。お近くの有料パーキング、または公共交通機関をご利用ください。


『音で観るまち』(7/29)

まちを歩けばさまざまな音が聞こえてきます。
鳥のさえずり、虫の声、人の会話、歩く音、ものをつくる音...
しかしこれらの音を日々の暮らしの中で、私たちはどれだけ意識しているでしょうか。車の音にかき消され、まちではどんな音が聞こえるのか、気づかずにいるのかもしれません。
こちらのワークショップでは、フィールドワークとしてまちを歩き、普段意識しない音に耳を傾け、音のイメージを絵や文字で表現します。何気ない音が持つ不思議や面白さから、気づかなかったまちの魅力を感じてみてください。

日時:2012年7月29日(日) 開場 13:00/13:30~16:00予定
参加費:無料
定員:20名
ナビゲーター:関本 徹生 氏(京都造形芸術大学教授)

会場・アクセス

やすらぎふれあい館
京都市東山区五条通大和大路東入5丁目梅林町576-5
TEL:075-551-4849

【アクセス】
市バス「五条坂」下車、徒歩1分
京阪「清水五条駅」下車、徒歩15分
地図はこちら
※駐車場はございません。お近くの有料パーキング、または公共交通機関をご利用ください。


申し込み・お問い合わせ

※両日参加、またどちらか一日だけの参加も可能です。
※申し込みの際は、下記の電話・メールアドレスにて、
「まか通7月イベント参加希望」「参加希望のイベント(両日/一日)」「お名前」「ご連絡先」をご連絡ください。

京都造形芸術大学 プロジェクトセンター
担当:木村・奥田
TEL:075-791-8763(受付時間 9:00-17:00/土・日・祝を除く)
MAIL:maka2pro@gmail.com

ブログ:http://maka2log.blog43.fc2.com/

robert-hindel.jpgダンサーを描くことで一貫して生命の尊厳、人間の愛を描くことに人生を捧げた画家・ロバート・ハインデルの作品展が、京都のホテルを会場に開催されます。

1938年にアメリカで生まれたロバート・ハインデルは、80年代以降欧米の一流バレエ団から公園前のリハーサルに招かれて取材を行い、アメリカ、イギリス、オランダ、日本で作品を発表、権威ある美術専門誌「ギャラリー・インターナショナル」で現代のドガ(踊り子をモチーフにした作品で知られる印象派の画家)とも称されました。
彼の作品のコレクターには、ダイアナ元妃や、日本の高円宮憲仁親王が知られ、俳優・映画監督のクリント・イーストウッドやジョージ・ルーカス、そして「オペラ座の怪人」「キャッツ」などで知られる作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェーバーなど世界のセレブリティからも敬愛されました。

日本ではテレビ番組「迷宮美術館」(NHK)「美の巨人たち」(TV東京)にて紹介されたほか、昨年2011年12月から今年2012年1月には、101点の原画が展示された展覧会が 長崎県美術館で開催されました。併せて画集も出版され、作家・村上龍氏からはハインデルの光と影の描写を「フェルメールが現代に蘇ったようだ」と絶賛されています。

この展覧会では、80年代の貴重な作品を版画化した"リーチング"や日本の有名ダンサーをモデルとした作品を含め版画作品を約20点を展示致します。
世界のダンサーから「描かれることが栄誉である」とまで言われた、躍動するダンサーの一瞬を捉えた作品たちをこの機会にご覧下さい。

美しいダンサーを描くことに人生を捧げた画家 ント
ロバート・ハインデル絵画展

期間:2012年7月16日(月・祝)~31日(火)

会場・アクセス

京都ロイヤルホテル&スパ 1階ギャラリー
〒604-8005 京都府京都市中京区河原町三条上ル
http://www.ishinhotels.com/kyoto-royal/jp/
【地下鉄】「京都市役所前」駅下車、徒歩約1分
【京阪】「三条」駅下車、徒歩約5分
【阪急】「河原町」駅下車、徒歩約10分

お問い合わせ

主催:株式会社アート オブセッション
TEL:03-5489-3686
http://www.art-obsession.co.jp/



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗