1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2012年6月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2012年6月アーカイブ

collaboartsp1.jpgcollaboartsp2.jpg

日本が誇る伝統芸能のひとつ・日本舞踊と、様々な楽器の演奏やほかのジャンルを組み合わせた公演を行う「京の暮らしコラボアート」。

今回は特別編として、6月30日に行われる「高台寺音楽祭」にて開催されます!

ジャズは6月の夜にふさわしい名曲をクラリネットアンサンブルで。
声楽は世界の名曲を解説つきで。
日舞は茶音頭をことの音色にあわせて、実際のお手前付で舞を披露。
最後は皆でのコラボレーションをお送りします。

夏の夜、お寺で楽しむ音楽と舞のアートをお楽しみください。

京のくらし・コラボアート 高台寺特別編
ジャズ×声楽×日舞×琴

日時:2012年6月30日(土) 開場18:30 開演 19:00
料金:一人2,800円(座席指定なし)

出演:井上佳也アンサンブル(ジャズ)、太田共子(声楽)、日本舞踊(西川影戀)、琴(三好晃子)

会場・アクセス

高台寺 方丈
〒605-0825 京都府京都市東山区高台寺下河原町526番地
TEL:075-561-9966
【市バス】80、206、207号系統にて「東山安井」下車
企画制作:高台寺コンサート事務局
6ev_front.jpg京都造形芸術大学の「まか通」プロジェクトでは、6月29日(金)と7月1日(日)京都市東山区にて、 『信長の模倣したことおこし~時空を超えて甦る雑賀衆~』を開催します。

「味方にすれば必ず勝ち、敵にすれば必ず負ける」といわれた戦国時代最強の鉄砲傭兵集団・雑賀衆。
紀伊半島の南西部を支配下においていた彼らは、住んでいる土地を利用して鍛冶や林業などの工業技術をはじめ、漁業や貿易を盛んに行っていました。鉄砲の開発においても、職人組合のようなものをつくり、代表者が協力して合わさった共同体によって運営されてきたのです。

今回のイベントでは、雑賀衆と同時代に活躍した織田信長や根来集との関わり、そして信長が模倣したといわれる彼らの「ことおこし」に迫ります。

6月29日に行われるトークイベントでは、戦国魂主宰・鈴木智博氏をゲストに、 雑賀衆が作り上げたまちから京都・東山区との土地の関連性を探ります。 7月1日に行われるフィールドワークでは、実際に智積院や三十三間堂などをめぐり、東山区を歩くことによって地形や土地の関連性を学び「ことおこし」を考えていきます。

歴史が好きという方、いつもと違った視点で京都の町を歩いてみたいという方も楽しめるイベントです。

まか通プロジェクト6月イベント
信長の模倣したことおこし〜時空を超えて甦る雑賀衆〜


1)トークイベント

日時:2012年6月29日(金) 開場18:30 開演19:00 (21:15終了予定)
定員:50名(先着/事前申し込み制)
参加費:一般 800円 学生 500円

ゲスト:鈴木 智博 氏(「戦国魂」主宰)
ナビゲーター:関本 徹生 氏(京都造形芸術大学教授)

会場:通妙寺
〒605-0846 京都府京都市東山区五条橋東6丁目518
(TEL)075-561-3315
【京阪】「清水五条」駅下車、徒歩20分
【市バス】「五条坂」下車、徒歩5分
※当日は近くにスタッフが待機しております。
※駐車場はございません。お近くの有料パーキング、もしくは公共交通機関をご利用ください。

2)フィールドワーク

日時:2012年7月1日(日) 10:00~13:00
定員:20名(先着/事前申し込み制)
参加費:無料

ナビゲーター:関本 徹生 氏(京都造形芸術大学教授)

集合場所:京阪「七条」駅 1番出入口

申し込み・お問い合わせ

※両日参加、またどちらか一日だけの参加も可能です。
※申し込みの際は、下記の電話・メールアドレスにて、「まか通6月イベント参加希望」「参加希望のイベント(両日/一日)」「お名前」「ご連絡先」をご連絡ください。

京都造形芸術大学 プロジェクトセンター
担当:木村・岡本
TEL:075-791-8763(受付時間 9:00-17:00/土・日・祝を除く)
MAIL:maka2pro@gmail.com

ブログ:http://maka2log.blog43.fc2.com/

flier_kyotoaa.jpg老舗の茶道具屋さんから、若手のギャラリストまで、画廊・ギャラリー44軒が一同に集うアートフェアが、6月22日(金)~24日(日)まで開催されます!

このアートフェア「KYOTO ART & Antque 2012」は、古美術品や茶道具を扱う老舗のお店もあれば、新進気鋭の現代美術家の作品を紹介しているギャラリーもあり。京都ならではの幅広いラインナップが楽しめるイベントです。

なかなか普段は敷居が高そうな骨董屋さんや茶道具屋さんも、イベントではブースで出展されているので、気軽に作品を見せていただくことができます。
なかなか現代美術のギャラリーに行ったことがない方も、ちょっとのぞいて見るよい機会ではないでしょうか。

また、このイベントでは京都市立芸術大学の日本画研究室とコラボレーションした「学ぶ 日本画プロジェクト」も開催されます。
日本画を「学ぶ=知る」というテーマのもと、日本画がより身近に感じられる展示や講義、実際に日本画の技法が体験できるワークショップなどが予定されています。
実際に日本画家として活躍されている芸大の先生も参加されますよ!

ほかにも、土日にはお茶を点てて頂ける呈茶席も設けられます。

美術好きさんはもちろん、初心者さんもご家族でも楽しめるアートイベントです。
週末には、文化芸術の中心・京都で「美しいと出会う」ひとときを楽しんでみては?

KYOTO Art&Antique2012
~美しいと出会う~

日時:2012年6月22日(金)17:00~20:00/23日(土)・24日(日) 10:00~18:00
※6/22(金)は特別内覧会も兼ねますが、誰でも入場可能です。

入場料:無料(呈茶席のお茶代、及びイベント・ワークショップ企画の参加費は別途必要です)

※参加画廊・ギャラリーにつきましては、公式サイトをご参照ください。

関連イベント「学ぶ 日本画プロジェクト」

■ 展示「日本画を見る」...6月23日(土)、24日(日) 10:00~18:00
日本画作品のほか、画材の展示を行います。

■ 講演「日本画を知る」...6月23日(土)、24日(日) 13:00~14:00
「歴史と材料から」
講師:川嶋 渉 氏、小池 一範 氏(ともに京都市立芸術大学 准教授)

■ ワークショップ「日本画財を使う」...6月23日(土)、24日(日) 15:00~16:00
「日本画の技法伝授~たらし込みにチャレンジ~」
日本画のなかでも琳派が好んで用いた技法、たらし込み。この技法を使った小作品を制作します。
参加費:500円
先着:15名(各日12:00より申し込み・受付を行います)

呈茶席

実施日:6月23日(土)、24日(日) 11:00~16:30
料金:300円

会場・アクセス

京都市勧業館 みやこめっせ 1階展示場
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
TEL:075-762-2630
URL:http://www.miyakomesse.jp/

お問い合わせ

KYOTO A.A.実行委員会事務局
広報担当:笹田久雄(株式会社新通)
TEL:075-211-4476
MAIL:sasada@shintsu.co.jp

URL:http://www.kyoto-aa.com



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗