1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 綴プロジェクト制作作品 特別観覧企画 ~妙心寺 塔頭 天祥院蔵『老梅図襖』(3/31・4/7 ※予約制)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

綴プロジェクト制作作品 特別観覧企画 ~妙心寺 塔頭 天祥院蔵『老梅図襖』(3/31・4/7 ※予約制)

| トラックバック(0)
普段は非公開のお寺で、国宝級の傑作絵画(超高精細複製)が特別公開されるイベントが開催されます!

tsudsureP-tensyoin.jpg 天祥院
禅宗(臨済宗)の大本山の一つである妙心寺。ここには数多くの塔頭(付属する寺院)がありますが、普段は公開されていないものがほとんどです。

そんな非公開寺院のひとつある「天祥院」にはかつて、江戸初期に活躍した狩野派(京狩野)の絵師・狩野山雪の傑作とされる金地の襖絵『老梅図襖』が所蔵されていました。
画面に凝縮されたような、不自然に捩れた梅の大木の姿は、一度見たら忘れられないインパクト。「奇想」の画家の一人とも言われるほど、強い個性を感じさせます。

しかしこの作品は明治維新の激動の中、お寺の手を離れ、現在はアメリカのメトロポリタン美術館に所蔵されています。

tsudsureP-roubaizu.jpg 『老梅図襖』展示の様子(「綴プロジェクト作品展」/建仁寺にて)
海外にある作品は、残念ながらなかなか日本で見る機会はありません。
そこで、NPO法人京都文化協会、そしてキヤノン(CANON)株式会社による「綴プロジェクト」の一環で、原寸大の高精細複製品が作成されました。
超高性能のデジタルカメラを使って撮影し、大型プリンターで超高精彩に印刷。その後職人さんによって本物と同じように丁寧に金箔張りや表装が施された、限りなく本物に近い複製品です。


今回の特別公開イベントでは、現在お寺に寄贈されたその『老梅図襖』が、特別公開されます!
クオリティは本物とほぼ同じ。それでいて、本来襖が使われていた環境で、じっくりと鑑賞ができる貴重な機会です。

参加は無料。当日は案内人さんによる解説もあります。
この機会をお見逃しなく!

綴プロジェクト制作作品 特別観覧企画
妙心寺 塔頭 天祥院蔵『老梅図襖』(四面)

日時:2012年3月31日(土)、4月7日(土) 各日14:00~15:00
参加費:無料
定員:20名(両日とも) ※人数に達し次第締め切り

会場・アクセス

妙心寺 塔頭 天祥院
〒616-8041 京都府京都市右京区花園妙心寺町64
http://www.myoshinji.or.jp (妙心寺HP)

※集合場所は妙心寺東南側駐車場です。(花園会館西側の大駐車場)13:30までにお集まりください。
※天祥院前にて現地集合も可能です。その場合は14:00までに寺院前までお越しください。

【JR】嵯峨野線「花園」駅下車(南門側)
【京福】北野線「妙心寺」駅下車(北門側)
【市バス】91,93系統にて「妙心寺前」下車(南門側)/8,10,26系統にて「妙心寺北門前」下車(北門側)

申し込み方法

観覧ご希望の方は、メールにお名前、ご連絡先(携帯電話など)をご記入の上、
京都文化協会賛助会(support@kyo-bunka.or.jp)までご応募ください。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433 京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290 元京都市立成徳中学校 3階
TEL:075-354-8195/FAX:075-354-8198
http://kyo-bunka.or.jp

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗