1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. チャリティートークショー&サイン会 「倉田よしみ×土山しげる×ビッグ錠~<食マンガ>の世界(京都国際マンガミュージアム・3/11)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

チャリティートークショー&サイン会 「倉田よしみ×土山しげる×ビッグ錠~<食マンガ>の世界(京都国際マンガミュージアム・3/11)

| トラックバック(0)
東日本大震災(3.11)から一年を迎えるこの機会に、被災地支援のチャリティーイベントとして、トークショー&サイン会が京都国際マンガミュージアムにて開催されます。

テーマは「食マンガ」。衣食住など、日常生活における「当たり前」の大切さが見直されている震災以降、改めて注目を集めているジャンルです。
今回のイベントでは、その「食マンガ」の第一人者である、倉田よしみ、土山しげる、ビッグ錠の三名のマンガ家が、「食マンガ」の広がりと深さについて、ご自身の作品を中心に語ります。

この機会に、「食マンガ」の世界に触れてみてはいかがでしょうか?

なお、サイン会はトークショー参加者以外も参加可能です!
※ イベントの参加費は、全額東日本大震災の復興支援のために寄付されます。

チャリティートークショー&サイン会
倉田よしみ×土山しげる×ビッグ錠~<食マンガ>の世界

日時:2012年3月11日(日)
    第一部:トークショー&サイン会(トークショー参加者限定) 13:00~15:00
    第二部:サイン会 15:30~18:00

※第一部でのサイン会は、色紙はミュージアムにて用意されます。ただし、お一人様1作家のみの受付です。
(他の作家のサインもご希望の場合は、第二部に改めてご参加ください)

※第二部のサイン会は、トークショーに参加していない方でも、どなたでも参加可能です。
 こちらはサイン色紙の用意はございませんので、ご自分でサインを希望するものを各自ご用意ください。

会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール、エントランスホール(予定)

出演:倉田よしみ (マンガ家)、土山しげる (マンガ家)、ビッグ錠 (マンガ家)

参加費(全額、東日本大震災の復興支援金として寄付されます)

第一部 トークショー&サイン会:500円
第二部 サイン会:500円以上(任意額)

※ ミュージアムの入場料は、一部、二部共に別途必要です。
※3月31日(土)までは、京都市在住の方は、免許証など京都市民の証明が可能なもの(住所がわかるものなど)を提示すると、2割引にて入館できます。(詳細は施設までお問い合わせください)

参加方法

【第一部】要事前申し込み(先着200名)
電話(075-254-7414)、FAX(075-254-7424)、またはホームページのお問い合わせフォームより、お申し込みください。
その際、必要事項(氏名・参加人数・連絡先の電話番号またはメールアドレス)をお知らせください。
※定員に達しなかった場合は、当日会場前受付にて残積分の整理券が配布されます

【第二部】事前申し込みは不要です。

出演者プロフィール

■ 倉田よしみ(くらた・よしみ)
昭和29年,秋田県出身。高校卒業後,ちばてつや(「おれは鉄兵」など)のアシスタントを経て,昭和53年,「萌え出づる...」でデビュー。
昭和59年,料亭の板前を主人公とした「味いちもんめ」(あべ善太原作)の連載を『ビッグコミックオリジナル増刊号』(小学館)で開始(後に,『ビッグコミックスペリオール』(同)に移籍)。平成7年にはテレビ朝日系列で実写ドラマ化もされる人気作となり,平成11年には,第44回小学館漫画賞青年一般向け部門を受賞した。同年,原作者の急逝で,同作はいったん休載するが,シナリオ協力として福田幸江を得て,「新・味いちもんめ」として連載を再開。
現在は,「味いちもんめ 独立編」が連載されている。

■ 土山しげる(つちやま・しげる)
昭和25年,石川県出身。望月三起也(「ワイルド7」など)のアシスタントを経て,『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて「ダラスの熱い日」でデビュー。その後,大人向けの劇画誌に活躍の場を移し,「極道ステーキ」(工藤かずや原作)などで人気を博す。
平成7年に『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載開始された「喧嘩ラーメン」以降,「食キング」,「喰いしん坊!」などの<食マンガ>の傑作を次々と発表している。平成19年,「喰いしん坊!」で,第36回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した。

■ ビッグ錠(びっぐ・じょう)
昭和14年,大阪府出身。高校時代,貸本マンガ「バクダン君」でデビュー。『花』などに少女マンガを描いた後,『週刊少年キング』(少年画報社)にて「さよならサクランボ」で少年誌デビュー。その後,パチンコ業界を舞台にした「釘師サブやん」(牛次郎原作),ブラックテイスト満載の「ドクロ坊主」,教育をテーマにした「塾師べんちゃん」などの異色作で人気を博す。
昭和48年,『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が始まった「包丁人味平」(牛次郎原作)は,最初期の<料理マンガ>のひとつとして,その後の<食マンガ>に多大な影響を与
えた。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗