1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2012年2月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2012年2月アーカイブ

musunde-hiraite2.jpg
杉原信幸《墓家》 2010
縄文遺構の配石、辺材、古材木、石棒、光、非、湯気
西丸震也記念館(長野)


芸術家と芸術以外の分野の専門家が、共通するテーマを元に、ワークショップやレクチャーを行う企画「むすんで、ひらいて」。芸術家の作品と研究者の視点をともに紹介し、これまでとは異なる芸術の楽しみ方を提案する、というものです。

今回は「原始感覚と出会う」と題し、アートと考古学のコラボレーション企画を開催!
「原始感覚」=「野性の感覚・自然とともに生きる術」を実感し、表現する現代アーティスト、杉原信幸さんと、古代の人々の場所・モノに関する価値観・イメージを最先端科学で解明しようとしている考古学者・中村大(おおき)さんのお二人をゲストに、実際に発掘された遺跡に行ったり、そこで集めた材料で作品を作ったりします。

アートと考古学が結ばれると、どんな新しい芸術の見方が見えてくるでしょうか。
「原始感覚」から始まる新しい芸術の楽しみ方を、見つけてみてください!

アートってどんな風に楽しんだらいいの?いまいちアプローチの仕方がわからない...そんな貴方も大丈夫。体で感じるお子さんと一緒でも楽しく参加できるイベントです。

むすんで、ひらいて~新・芸術体験プログラム~
Vol.2「原始感覚と出会う」


(1)レクチャー

下鴨神社「研修道場」にて杉原さん・中村さんによるレクチャーを行います。
杉原は自身の作品と「原始感覚」について語り、中村は関西圏の祭祀遺跡と京都の関係、原始の自然崇拝などを紹介します。
同時に境内にある「糺の森」で、11日のワークショップで用いるための小石、枯れ枝などの材料を集めます。

日時:3月4日(日)14:00~16:00
会場:下鴨神社「研修道場」・「糺の森」 ※研修道場前にご集合ください。
講師:杉原信幸(美術家)、中村 大(考古学/総合地球環境学研究所プロジェクト研究員)
料金:無料 ※暖かい服装でお越しください。
※定員30名(先着順)

(2)ワークショップ

杉原さんと参加者の皆さんが一緒に、原始感覚をもとにした作品作りを体験できるワークショップを行います。
参加者は持ち寄った自然物等を元に自分だけの祭壇状のサークルをつくり、それらを繋げて大きなサ
ークルをつくります。原始時代の京都と現代の人々の記憶をつなぐ祈りの場となることでしょう。

日時:3月11日(日)13:00~17:00
会場:京都芸術センター ※北館1階水飲み場を予定
講師:杉原信幸(美術家)
料金:500 円
※好きな石・枯れ枝などをお持ちください。思い入れのあるものでしたら、布や糸でもかまいま
せん。持ち寄った材料が、11日のインスタレーション作品の一部となります。
※定員30名(先着順)

申し込み・お問い合わせ

「イベント名」「氏名」「電話番号」「参加希望日程」を明記の上、
電話、FAX、E-mail、または京都芸術センターホームページにて、各回前日までにお申し込みください。
※各日での参加も可能ですが、レクチャー、ワークショップ両日の参加をお薦めします。
申し込み・お問い合わせ先はこちら!→ 京都芸術センター
odori-go-2.jpgダンス作品制作、および全国巡回上演のサポートを行う「ダンス作品制作プロジェクト」、「踊りに行くぜ!!Ⅱ(セカンド)」。そのの京都公演が、3月10日、11日の2日間、京都芸術センターにて開催されます!

2000-2009の10年間、コンテンポラリーダンスの普及を行ってきた元祖「踊りに行くぜ!!」から2010年にリニューアルスタートしたこの企画。
作品の制作と公演のサポートはもちろん、その意義を全国的に広め、日本の舞台芸術作品の制作環境の整備を豊かにすることを目的としています。

公演は二種類。
全国公募で新作のアイデアを募集し、選出された3-4組のグループによる作品を巡回公演で上演するプログラム(A:ダンスプロダクション・サポートプログラム)と、
全国からダンスアーティストを公募し、選出されたアーティスト(各開催地1名)が地元で出演者を集め、制作した新作を上演するプログラム(B:リージョナルダンス・クリエイションプログラム)があります。

全国6箇所にて開催されるこの企画ですが、京都は今回が初開催。
それぞれ上演作品も異なり、各会場で毛色の違った内容が楽しめます。

※ 3月2日(金)、3日(土)に開催される「日本-フィンランド ダンス レジデンス エクスチェンジ 共同製作プログラム」とのセット券も販売されます。

ダンス作品クリエイション&全国巡回プロジェクト
「踊りに行くぜ!!Ⅱ(セカンド)」vol.2 京都公演


日時:2012年3月10日(土) 19:00開演(18:30開場)/11日(日) 15:00(14:30開場)

会場:京都芸術センター
アクセス・施設の詳細はこちら!

料金

【前売】一般:3,000円、学生:2,000円、一般ペア:5,000円
【当日】3,500円(一律)

★ エルヴィ・シレン振付作品「KITE」(日本-フィンランド ダンス レジデンス エクスチェンジ 共同製作プログラム)セット券:4,000円(前売のみ)
※3月2日(金)、3日(土)に開催されるダンス公演とのセット券です。
「KITE」についてはこちら!

上演作品

A: ダンスプロダクション・サポートプログラム
「4...soku」/「MESSY」

B:リージョナルダンス・クリエイションプログラム
「それから六千五百年 地球は寝ているだろう]

詳細・お問い合わせ

NPO法人Japan Contemporary Dance Network(JCDN)
〒600-8092 京都市下京区神明町241オパス四条503
TEL:075-361-4685/FAX:075-361-6225
 E-MAIL:jcdn@jcdn.org

「踊りに行くぜ!!Ⅱ(セカンド)」公式サイト:http://odori2.jcdn.org/2
KITE.jpg日本とフィンランドのダンスを通じた国際交流プログラムから生まれたダンスの公演が、京都芸術センターにて開催されます!

「日本-フィンランド ダンス レジデンス エクスチェンジ 共同製作プログラム」は、フィンランドと日本のダンス・アーティストが、互いの国のダンス・アーティストと作品をつくり、公演を行なうプロジェクトの公演プログラムです。
ヘルシンキにある先駆的なダンス・オーガニゼーションZODIAKと、日本のNPO法人JCDN(Japan Contenporary Dance Network)が共同製作で企画実施するもので、
お互いの国のダンス・アーティストがダンスによる国際交流を通じて、互いに影響を受け合い、それぞれのクリエイティヴィティを深め、作品制作を行っていきます。

この公演プログラムでは、日本とフィンランド両国の振付家やダンサー、音響や照明のスタッフが交流しあい、両国でそれぞれダンス公演ツアーを行います。

今回京都芸術センターで行われるのは、フィンランドの振付家エルヴィ・シレンさんによる「KITE」。
1月に音響デザイン担当のアーケ・オッツサラさんと共に来日し、出演する日本人ダンサーやスタッフと共に準備を進めてきました。

日本とフィンランドの交流が生んだダンスアートを、ぜひこの機会にご覧ください。

※ 月にヘルシンキにて日本人振付家・坂本公成さんとフィンランド人のダンサー、スタッフによる「灰が降る」が上演予定。また、9月には鳥取にて「KITE」と「灰が降る」のW上演が予定されています。

日本-フィンランド ダンス レジデンスエクスチェンジ 共同制作プログラム
エルヴィ・シレン振付作品「KITE」

日時:2012年3月2日(金) 19:30開演(19:00開場)/3日(土) 15:00開演(14:30開場)
※ 両日とも、公演終了後にアーティスト・トークを行います。

会場:京都芸術センター
アクセス・施設の詳細はこちら!

料金

【前売】一般 2,000円、JCDN会員・学生 1,800円
【当日】 2,300円(一律)

★ 「踊りに行くぜ!!Ⅱ」 vol.2 京都公演(3/10、11/京都芸術センター)とのセット券(前売のみ):4,000円
※ 3月10日、11日に京都芸術センターで行われる、全国的なダンス作品の制作支援プロジェクトの京都公演とのセット券です。
「踊りに行くぜ!!Ⅱ」についてはこちら!

「KITE」 スタッフ・キャスト

振付:エルヴィ・シレン
ダンスアーティスト、振付家、舞踊家、舞踊指導者。1970年代よりフィンランドのコンテンポラリーダンスの発展に広く影響を与えてきた。
70年代にはカンパニーDance Theatre Rolloのダンサー/振付家として活躍し、80年代はシアターアカデミーの講師を務めながら、ソロ作品や多くの振付作品を発表。1998年から2007 年には舞踊学部の教授を務めた。Sirenの身体に刻まれた知識は、フィンランドの多くの舞踊家へ伝えられてきた。
70年代から5度、国立アーツカウンシルの助成を受けている。2000年Pro Finlandia medal 、2001年States Prize for Dance授賞。

音響デザイン・作曲:アーケ・オッツサラ
ミュージシャン、作曲家、サウンド・デザイナー。フィンランドで著名な振付家Alpo Aaltokoski・Arja Raatikainen・Ervi Sirénなど多数と活動している。
フィンランドのポピュラー・ミュージック界で長い経歴を持ち、自身のプログレッシブ・ロックバン ドAbsoluuttinen Nollapisteなど 20枚以上のディスコ・グラフィーアルバムがある。ソロアルバム"Songs From a Closed Room"は、2010年にリリースされた。

照明デザイン:藤本隆行
出演:垣尾優/川口隆夫/玉邑浩二/岩淵多喜子/立石裕美

ステージ・マネージャー:尾﨑聡
翻訳・制作スタッフ:ケイトリン・コーカー/千代苑子


詳細・お問い合わせ

NPO法人Japan Contemporary Dance Network(JCDN)
〒600-8092 京都市下京区神明町241オパス四条503
TEL:075-361-4685/FAX:075-361-6225
 E-MAIL:jcdn@jcdn.org

日本-フィンランド ダンス レジデンスエクスチェンジ 公式サイト:http://jf2012.jcdn.org/index.html


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗