1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2012年1月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2012年1月アーカイブ

京都の伝統的な家「京町家」で国内第一線のアートと出会える、京都ならではの贅沢な展覧会
「アート町家作品展(ARTS MACHIYA Exhibition)2012」
1月21日(土)からの公開を前に、一足早く内覧会に行ってきました!

イベントの概要についてはこちら!

この展覧会は、現在アートシーンの第一線で活躍している京都ゆかりの作家4名が、4箇所の京町家それぞれの空間えをプロデュース・作品の展示を行うというもの。
会場となる京町家は、もともと京都の地域ベンチャー企業・株式会社 庵の「京町家ステイ」という企画で使われていて、通常は旅行者向けに、一棟貸しのゲストハウスになっています。

その京町家が、期間限定で、アーティスト・プロデュース仕様になっているというわけです。アーティストの手でしつらえられた京町家は、どんな表情を見せてくれるのでしょうか?

まずはインフォメーションセンターへ。


ARTSMACHIYA2012 (1).jpg

会場に赴く前に、まずは総合受付(インフォメーションセンター)へ。
上の写真の右側、のれんの奥に受付があるので、そちらで参加受付をします。
すると、4つの会場の位置を示した地図がもらえます。
これが各会場での入場パス代わり。地図を頼りに、四つの会場を回りましょう。
会場はどれもインフォメーションから徒歩約5~10分ほど、さほど遠くはないので、散歩感覚で町並みを楽しみながら歩けます。(周辺にはいい感じの京都らしい建物や面白いお店もありますよ!)

まずはインフォメーション横(のれんのとなりの入り口)、「藍の町家」(筋屋町町家)があるのでそちらから行ってみます。

「藍の町家」(筋屋町町家)


ARTSMACHIYA2012 (2).jpg

「藍の町家」は、築130年くらいの建物。もとは豆問屋さんが住んでいたそうです。
こちらを担当されたのは、日本を代表する染色作家のひとり、福本潮子さん。特に藍染で知られ、着物帯の製作・プロデュースも行っていらっしゃいます。

部屋のあちこちには福本さんが製作した藍染の作品やファブリックが。
上の写真の玄関マットも、作品のひとつです。
偶然、福本さんご本人にお会いできましたのでお話を伺ったところ、こちらは古い着物や歯切れを細く裂いて、それを織り込んで作る「裂き織」という技法で作られたそう。毛糸のようなざっくりとした、暖かな手触りが印象的でした。まさに昔ながらのエコ!

ARTSMACHIYA2012 (3).jpg

座布団や掛け軸も作品。和室の空間にもぴったりなじんでいます。

ARTSMACHIYA2012 (6).jpg

二階、三階にも上がれます。ちょっとモダンなこちらの部屋には、藍の絞り染めが美しいカーテンにクッション。町家なのに、まるで南国のリゾートホテルを思わせます。
となりにはベッドルームもあるのですが、そちらも見所。ぜひ天井にご注目ください☆

ARTSMACHIYA2012 (14).jpg

玄関先。テーブルはもともとの家具のようですが、板扉を再利用したものでとてもユニーク。壁のタペストリーと座布団の藍染文様が見事に調和しています。満ち欠けする月と、水面にうつる月のようです。
全体的に女性らしい繊細さと、それでいて凛とした空気を感じるしつらえでした。


flyer_marche-kyoto.jpg

不景気の影響や、トレンドがなかなか変化しない状況、など...さまざまな影響もあり、近年はデザイナーやアパレル業界では生地問屋さんのブック帳(生地見本帳)から、素材を選んでいることが多くなっているとか。
しかしそのため、ものづくりをする人自身が生地を作る産地へ入って、自ら探す...ということが少なくなり、産地を作り手が知らない、という現状もあるそうです。

marche-tokyo1.jpg 第一回テキスタイル・マルシェの様子
その現状を打ち破ろうと企画されたのが。"産地直送の生地即売会"「テキスタイル・マルシェ」。
このイベントは、小規模のデザイナーブランドのデザイナー、手芸品展、ファッション業界を夢見る学生さん、手芸作家さん、一般の方が生地を作る産地企業と直接やりとりして生地を購入できる、というもの。
絹和装服地や絹織物から、ウールやプリント地、綿先染め織物、麻、帯地に歯切れまで出展品は多彩!
数反単位のまとめ買いから、メーターの切り売りまで対応してくれるそうです。

2010年の12月に第一回、そして2011年の6月に第二回が東京で開催されましたが、
今回、関西で初めて、京都を会場に開催されます!

実際に生地を作っている方と交流できる貴重な機会!
見たことのない、こだわりの一品も見つけられるかもしれませんよ?
デザイナーさんはもちろん一般の方も参加できるので、ハンドメイドに興味のある方は覗きに行ってみては。

テキスタイル・マルシェ in 京都

日時:2012年2月3日(金) 10:00~18:00/4日(土) 10:00~19:00
参加費:無料(一般の方も入場・購入可能です)

会場

HINAYA KYOTO 清水五条坂店 
(京都市東山区五条橋東4丁目452 ラティエール五条坂1・2階)
【TEL】075-541-7695
【アクセス】京阪「清水五条」駅下車、徒歩約7分
URL:http://www.hinaya-kyoto.co.jp/

【特別企画】出展者&来場者交流会

日時:(1日目)2月3日(金)18:00~20:00
出展者と来場者、業界関係者や専門学生との交流会も開催予定です。
※参加無料
※当日は飲み物と菓子類の提供有り

出展者

樽井繊維工業(大阪)、日出染業(和歌山)、 大城戸織布(兵庫県西脇)、行方工業(山形県米沢)、 湖東繊維工業協同組合(滋賀)
このほか、会場となる ひなや(京都)の生地・商品も販売が行われます。

詳細・お問い合わせ先

株式会社 尾原デザインスタジオ
大阪府岸和田市八坂町2-14-6 スーペリアレジデンスIII-401
TEL:072-493-7778
FAX:072-493-7737
Email:info@ohara-do.com
公式ブログ:http://ameblo.jp/textile-marche/

flyer_link9.png総勢40名以上の作家が京都市美術館に集結!

「美術と社会のかかわりのかたち」を掲げ、1995年よりワークショップなどの活動を続けてきたアーティストグループ・スコップ美術表現研究舎による作品展です。
2003年からは京都市美術館で毎年開催されており、絵画はもちろん、オブジェや空間芸術まで多彩な作品が5つの展示室に並びます。

この一年間は世界を揺るがすさまざまな出来事が連なり発生しました。
それぞれが受け取った思いを、自らの中に芽生えた気持ちをもう一度社会へ。
個々の思いの絡み合う世界を「Resilient-はね返る-」に込めて表現します。(プレスリリース)

LINK展 9 -Resilient-はね返る

日時:2012年1月24日(火)~29日(日) 9:00~17:00(入館は16:30まで/最終日は15:30まで)
会場:京都市美術館 本館2階 北側201~206室
※入場無料

出品作家一覧(五十音順、敬称略)

アスカリン、池田宏介、石上智章、印南ゆう子、梅谷脩、大石茉莉香、奥田迪、尾上泰一、金谷真紀子、かねしまかりん、菊地ルイ、貴志在介、北村和也、黒川真紀子、上阪伸之介、小暮省吾、小林裕子、佐古寛博、サジ・トモコ、JIJO、鈴木和幸、鈴木杜央、副島忠義、高沢日美子、辻井潤子、内藤清子、中村趫、ニャン、橋本明子、浜村友基、増田頼保、広田政生、藤森哲朗、保手濱洋子、松口美智子、宮田恭伸、堀田聖子、マックス・コン、森小夜、モリ・ナヲ、ヤマゲンイワオ、山徳謙太郎、若林亮、(故)大須賀潔

詳細・お問い合わせ

展覧会公式ページ:http://link-ten.com
お問い合わせ:第9回実行委員長 ヤマゲン イワオ
TEL:075-781-6040
Mail:linkten_2003@yahoo.co.jp


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗