1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年11月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年11月アーカイブ

赤塚不二夫氏らとともに「ギャグマンガ」というジャンルの地平を切り開いてきたマンガ家で、
同時にマンガ研究家でもある長谷邦夫(ながたに・くにお)氏をゲストに迎えた講演会が、京都国際マンガミュージアムにて開催されます!
ご自身の作品はもちろん、知られざるギャグマンガの深~い世界、を語ります!

長谷邦夫 講演会「ギャグマンガクロニクル」

日時:2011年11月20日(日) 14:00~16:00
出演:長谷邦夫(マンガ家・マンガ評論家)、斎藤宣彦(編集者・マンガ研究者)
会場:京都国際マンガミュージアム3階 研究室1
料金:無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員:50名(先着順)※申し込み不要。当日10:00より整理券を配布します

■ 京都国際マンガミュージアムで同時開催「赤塚不二夫マンガ大学展」についてはこちら!

長谷邦夫(ながたに・くにお)プロフィール

昭和12年東京生まれ。マンガ家・マンガ評論家。
少年時代は,当時マンガ家の登竜門であったマンガ雑誌『漫画少年』に投稿。それをきっかけに、同じくマンガ家を志していた赤塚不二夫や石森章太郎(後の石ノ森章太郎)との交流がはじまり、後に戦後の日本マンガをリードすることになる赤塚や石森らが青春時代を送った「トキワ荘」にも出入りし、仲間たちとしのぎを削る。
昭和40年,赤塚の「フジオ・プロダクション」創立に参加し、数々の赤塚マンガのヒットを裏から支えた。
自身の作品としては、つげ義春「ねじ式」のパロディ「バカ式」(昭和44年)など,知的で刺激的なパロディ作品で知られる。ほかに「しびれのスカタン」(赤塚不二夫原作)、「東海道戦争」(筒井康隆原作)など多数。

またマンガ評論家としても重要な仕事をしており,大学や専門学校の講師,日本マンガ学会理事も務めるなど,後進の教育やマンガ研究に大きく貢献している。

関連リンク

赤塚不二夫マンガ大学展
Tamamoto2011Hutei.jpg  「風体」(2011年制作)ミクストメディア
これは絵画というよりもまるで彫刻!
大阪在住のアーティスト・玉本奈々さんが生み出すのは、神秘的な光沢と深度を醸し出すレリーフ状の絵画。布や羊毛、ガーゼ、びっしりと縫い込まれたミシン糸などの繊維素材を併せて用いたアッサンブラージュです。
毒々しい色彩と細胞増殖を思わせる触覚的造形に「生」を見つめる作家の思念が直情的に表されています。
一年前にギャルリー宮脇で開催された《異貌の現代美術展~ファンタスマゴリア》にも参加した気鋭にして異色の作家の京都初個展です。

玉本奈々新作展《生への思念》

2011年11月19日(土)~12月11日(日) 13:00~19:00

会場・アクセス

ギャルリー宮脇 3階展示室
〒604-0915 京都市中京区寺町通二条上ル

・市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車、徒歩8分
・市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車、徒歩12分

プロフィール

玉本奈々
1976 年生まれ。VOCA展「現代美術の展望」(上野の森美術館/2004)、富山現代作家シリーズ「時の中で」(富山県立近代美術館/2007)出品、また 「玉本奈々の世界展」を国の有形文化財富山豪農の館(2004)や世界遺産五箇山相倉合掌造り(2007)で開催しインスタレーション作品なども発表して いる。


【記念イベント】
スペシャル対談:「生を思念するアート」坂上義太郎 × 小吹隆文

展覧会初日には、スペシャル対談イベントを開催!
作者である玉本奈々さんを囲み、元伊丹市立美術館館長の坂上義太郎さんと、美術ライターとして活躍する小吹隆文さんのお二人が自由対談を行います。

日時:2011年11月19日(土)16:30~
料金:500円
※要予約・定員50名・先着順
※申し込みは直接会場までご連絡下さい。

※なお、18:00からはレセプションが行われます。


詳細・お問合せ

ギャルリー宮脇
TEL:075-231-2321 FAX:075-231-2322
E-Mail:
info@galerie-miyawaki.com
URL:http://www.galerie-miyawaki.com/

manpukuji-2.jpg昨年関西の芸大生が中心となって開催され話題になった、お寺を舞台にしたアートフェスティバル「萬福寺芸術祭-EN-」が再び開催されます!!!

萬福寺芸術祭って?

萬福寺芸術祭は、アートや音楽、ファッション、フリーマーケットなど、様々な芸術・文化が集まる総合芸術祭!
舞台となるのは、中国風の建物がユニークな、京都でも個性派の寺院として知られる宇治の古寺「黄檗宗・萬福寺」。広大な境内を沢山のアートが彩ります!
サブタイトルにもなっている「EN」は、禅宗の教えである真理や宇宙の流れを示す「一円相」から来たもの。萬福寺に集まる人やものの一つひとつが「縁」で繋がり、大きく力強い「円」となって欲しいという思いが込められています。

今年は「縁」をつなぐ企画として、SPゲストと交流できるワークショップや、コラボ企画も計画されています。もちろん、様々なジャンルから多数のアーティストが参加・出演予定です!!

普段は見ることのできない萬福寺が生み出す雄大な芸術世界。
いつもと違ったお寺の空間、いつもと違ったアートの楽しみ方を、ぜひ実際に体感してみてください!

昨年の萬福寺芸術祭の様子はこちら!

萬福寺芸術祭-EN-


日時

2011年11月19日(土)、20日(日) 両日12:00~19:00

入場料

前売:1日700円/2日通し 1,300円
当日:1日800円/2日通し 1,400円
小学生以下無料
※ 前売券をご購入の方は公式ホームページ内のフォームよりお申し込み下さい。
 (当日、受付にて前売り価格で入場できます)

会場

黄檗宗大本山 萬福寺京都府宇治市五ケ庄三番割34)
JR奈良線「黄檗」駅/京阪宇治線「黄檗」駅下車、徒歩5分
※駐車場有り
※できるだけ、会場にお越しの際は公共交通機関を御利用下さい。

詳細・お問い合わせ

萬福寺芸術祭-EN-
E-Mail:manpukuji.en@gmail.com
公式ホームページ:http://manpukuji-en.moo.jp/
公式twitter:@manpukuji_en

ちなみに、ホームページのオープニング映像は昨年に引き続き、京都精華大学在学中の映像クリエイター・千合洋輔さんが担当されています。ぜひ一度ご覧ください!
昨年のオープニング映像とインタビュー記事は「京都で遊ぼうART」内に連載中の「KYOTO NEW WAVE」に掲載されていますよ~。→ KYOTO NEW WAVE へ


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗