1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 義太夫の世界を日舞と共に体験!「京のくらしコラボアート 第七回 女流義太夫×日本舞踊」(11/27/予約制)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

義太夫の世界を日舞と共に体験!「京のくらしコラボアート 第七回 女流義太夫×日本舞踊」(11/27/予約制)

| トラックバック(0)
flyer_colalaboart7.jpg日本が誇る伝統芸能のひとつ・日本舞踊と、様々な楽器の演奏やほかのジャンルを組み合わせた公演を行う「京の暮らしコラボアート」。
今回のコラボ相手は女流義太夫!

「義太夫」とは、江戸時代に竹本義太夫によって生まれた浄瑠璃のひとつ。人形浄瑠璃(文楽)で後ろで歌や台詞を語っている人をイメージすると分かりやすいかもしれません。
女性による義太夫語りは江戸時代で既にありましたが、後に女性の芸人が禁止され、一度廃れてしまいます。その後明治に入ってから法的に認められ、復活しました。
一時は歌舞伎と二分するほどの人気を誇りましたが、次第に衰え、現在では聞く機会も少なくなっています。
ちなみに、ビートたけしさんのおばあさんは女流義太夫の語り手だったそうですよ。

今ではなかなか体験できない女流義太夫の世界を、このイベントでは日舞と合わせて体験できます。
貴重な機会、ぜひチェックを!

京のくらしコラボアート 第七回 女流義太夫×日本舞踊

日時:2011年11月27日(日) 11:00~12:30ごろ 10:30開場
料金:大人2,000円/学生1,000円/親子ペア2,500円

※事前予約制です。入場ご希望の方は、事前に会場までご連絡くださいませ。
※定員に達した場合は、入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。

会場/申し込み・お問い合わせ先

京遊学舎
〒604-0883 京都市中京区間之町竹屋町下る楠町607
TEL:075-212-2044 FAX:075-212-2049
http://homepage2.nifty.com/kyoyugakusha/wa/dendo.htm

出演者プロフィール

【ナビゲーター・日本舞踊】西川影戀 (にしかわ・えいれん)
日舞西川流師範・帝塚山大学講師・表千家講師。
6歳より日舞を始める。他にもクラシックバレエ・茶道・タップダンスなど和洋様々なジャンルの芸術を学び、国内外数々の舞台に出演、公演活動を行う。

【義太夫】竹本友香 (たけもと・ともか)
昭和52年鶴沢友若に入門し、同62年竹本友香を 名乗る。
63年国立文楽劇場主催・女流義太夫の会 「菅原伝授手習鑑」車曳きの段・桜丸を語り初舞台。
その後、大阪舞台芸術奨励賞などを受賞。

【三味線 】豊澤雛文 (とよさわ・ひなふみ)
昭和62年豊澤雛代に入門し、豊澤雛文と名乗る。
63年人形浄瑠璃因協会女子部公演「本蔵下屋敷」の 琴で初舞台。
平成20年度咲くやこの花賞受賞。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗