1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 鮮やかな感性に触れてみて。建築を学ぶ学生による作品展「2011年度高松研究室建築作品展覧会 VIVID」(10/1-10/ASPHODEL)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

鮮やかな感性に触れてみて。建築を学ぶ学生による作品展「2011年度高松研究室建築作品展覧会 VIVID」(10/1-10/ASPHODEL)

| トラックバック(0)
flyer_vivid.jpg
建築を巡る果てしない思考が、時として一瞬光の如く収束することがあります。
建築とはその一瞬の造形以外のなにものでもないと言えるでしょう。
そのような造形の片鱗のいくつかがここにあります。
光は光を照らすことによって、より一層自らが光であることを露わにします。 この展覧会は、群れる光によって、建築という一瞬を新たに造形するための またとないVIVIDな機会であると信じています。
(研究室一同)

京都大学大学院で建築を学んでいる学生さんが企画・運営を行う作品展が、10/1から祇園のギャラリー「ASPHODEL」にて開催されます。

vivid01.jpg 展示模型の一例
企画に参加しているのは、キリンやワコールの本社ビル設計も手がけた世界的建築家・高松伸教授の研究室で学んでいる学生さん。
「問題発見とその回答は実践における経験の中に存在する 。自らの手で触れ、感じることは、建築の設計において何よりも重要である。」
の指針のもと、日々精力的に様々な活動を行っています。
作品展は2002年から開催しており、今回で第7回目を迎えます。

展示はパネルや模型のほか、ブックレットや映像など様々な手法を用いており、これまでの開催で出た意見や感想を活かした工夫が凝らされています。
昨年は建築関係者だけでなく、学生や外国人の方、舞妓さんもいらっしゃったとか!
建築に興味のある方はもちろん、詳しくない方にも楽しめる作品展。
ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

2011年度京都大学高松研究室建築作品展覧会 VIVID

日時:2011年10月1日(土)~10月10日(月) 11:00~20:00(初日10/1のみ17:00まで)
料金:入場無料

会場・アクセス

ASPHODEL 1~3階
京都市東山区八坂新地末吉町99-10
TEL/FAX:075-531-6131
【アクセス】
市バス:「四条京阪」前下車、徒歩2分
京阪:「祇園四条」駅下車、徒歩3分
阪急:「河原町」駅下車、徒歩5分

主催・お問い合わせ

京都大学大学院建築学専攻高松研究室
TEL:075-383-2906
展覧会ホームページ:http://www.takamatsu-lab.archi.kyoto-u.ac.jp/vivid/

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗