1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年9月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年9月アーカイブ

芸術の秋!京都では様々なアートイベントが秋には予定されています。

11月初頭には、御池通(堀川~河原町間)を会場に「おいけフェスタ2011」が開催されます!(11/5、6)
このイベントは、御池通や地下のZESTなどあちこちでオープンカフェやストリートパフォーマンス、展覧会にショップイベントなどが行われる総合イベント。
昨年は女子プロ野球チームの選手がゲスト出演したり、ライブペイントやアートワークショップなども開催されています。

その協賛事業の一環として、今年は「京都アートフェスティバル」が御池通近くの吉忠株式会社の9階ホールにて開催されます。
こちらは、京都、そして大阪からギャラリー7つが一箇所に集合して開催する展覧会!
ちょっとした美術館を訪れるように、様々な作品を気軽に楽しむことができます。

11月5日には、「おいけフェスタ」の恒例イベントにもなっている「ガレージセール」も開催。
婦人服や子供服、ショールや雑貨類などが格安で販売されます。

ちなみに、会場の株式会社吉忠は明治8年創業のトータルファッションを取り扱う「ロマン・吉忠」です。
マネキン人形の取り扱いもされていて、実は人気番組「オー!マイキー!」の主役のマネキンたちもここのもの(グループ会社:吉忠マネキン)だそうですよ。

※ほかにも「おいけフェスタ2011」のイベントは多数開催予定。こちらの詳細はまた追ってご紹介します!

京都アートフェスティバル


日時:2011年11月4日(金)、5日(土)、6日(日) 10:00~17:00
入場無料

会場・アクセス

吉忠株式会社 9階ホール(京都市中京区御池通高倉西入)
TEL:
075-223-1231(代)
【アクセス】
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車、3-1番出口より御池通を東へ約90m

※「ガレージセール」は11月5日(土)のみ、同会場にて開催(10:00~16:00)

おいけフェスタ2011

日時:2011年11月5日(土)、6日(日) 10:00~16:00
http://event.jr-odekake.net/event/105321.html
昨年度2010年のイベント公式ページ:http://www.kyo.or.jp/oike/

flyer_vivid.jpg
建築を巡る果てしない思考が、時として一瞬光の如く収束することがあります。
建築とはその一瞬の造形以外のなにものでもないと言えるでしょう。
そのような造形の片鱗のいくつかがここにあります。
光は光を照らすことによって、より一層自らが光であることを露わにします。 この展覧会は、群れる光によって、建築という一瞬を新たに造形するための またとないVIVIDな機会であると信じています。
(研究室一同)

京都大学大学院で建築を学んでいる学生さんが企画・運営を行う作品展が、10/1から祇園のギャラリー「ASPHODEL」にて開催されます。

vivid01.jpg 展示模型の一例
企画に参加しているのは、キリンやワコールの本社ビル設計も手がけた世界的建築家・高松伸教授の研究室で学んでいる学生さん。
「問題発見とその回答は実践における経験の中に存在する 。自らの手で触れ、感じることは、建築の設計において何よりも重要である。」
の指針のもと、日々精力的に様々な活動を行っています。
作品展は2002年から開催しており、今回で第7回目を迎えます。

展示はパネルや模型のほか、ブックレットや映像など様々な手法を用いており、これまでの開催で出た意見や感想を活かした工夫が凝らされています。
昨年は建築関係者だけでなく、学生や外国人の方、舞妓さんもいらっしゃったとか!
建築に興味のある方はもちろん、詳しくない方にも楽しめる作品展。
ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

2011年度京都大学高松研究室建築作品展覧会 VIVID

日時:2011年10月1日(土)~10月10日(月) 11:00~20:00(初日10/1のみ17:00まで)
料金:入場無料

会場・アクセス

ASPHODEL 1~3階
京都市東山区八坂新地末吉町99-10
TEL/FAX:075-531-6131
【アクセス】
市バス:「四条京阪」前下車、徒歩2分
京阪:「祇園四条」駅下車、徒歩3分
阪急:「河原町」駅下車、徒歩5分

主催・お問い合わせ

京都大学大学院建築学専攻高松研究室
TEL:075-383-2906
展覧会ホームページ:http://www.takamatsu-lab.archi.kyoto-u.ac.jp/vivid/
koraboart-5.jpg日本が誇る伝統芸能のひとつ・日本舞踊と、様々な楽器の演奏やほかのジャンルを組み合わせた公演を行う「京の暮らしコラボアート」。
今回のコラボ相手は落語!

日舞同様、昔から日本人に親しまれてきた芸能である落語。
今回は、上方落語の若手噺家さんによる味わいある笑いの世界と、日本舞踊がコラボレーションします。会場の京町家の風情とともに、楽しんでみてはいかがでしょうか?

京のくらしコラボアート 第五回 上方落語×日本舞踊

日時:2011年9月25日(日) 11:00~12:30ごろ 10:30開場
料金:大人2,000円/学生1,000円/親子ペア2,500円

※事前予約制です。入場ご希望の方は、事前に会場までご連絡くださいませ。
※定員に達した場合は、入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。

会場/申し込み・お問い合わせ先

京遊学舎
〒604-0883 京都市中京区間之町竹屋町下る楠町607
TEL:075-212-2044 FAX:075-212-2049
http://homepage2.nifty.com/kyoyugakusha/wa/dendo.htm

出演者プロフィール

【ナビゲーター・日本舞踊】西川影戀(にしかわ・えいれん)
日舞西川流師範・帝塚山大学講師・表千家講師。
6歳より日舞を始める。他にもクラシックバレエ・茶道・タップダンスなど和洋様々なジャンルの芸術を学び、国内外数々の舞台に出演、公演活動を行う。

【噺家】桂 吉坊(かつら・きちぼう)
兵庫県西宮市生まれ。平成11年より桂吉朝に入門し、同年「東の旅~煮売屋」で初舞台。
翌平成12年からは桂米朝の内弟子となり、平成15年に卒業。
以後古典落語を中心に舞台を重ね、上方落語のホープとして多方面から期待を集める。
平成19年にはG2プロデュースによる舞台「地獄八景 浮世八景」にて役者デビューも果たした。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗