1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年8月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年8月アーカイブ

rocker_kara-s.jpg
美術室の倉庫には、ある噂があった...。
それは深夜零時になると、
どこからか聞こえてくる足音と赤いヒールを履いた若い女の幽霊の噂だった。
噂ではその女と絶対に目を合わせてはいけない。
目を合わせた者は次の日から兀然と姿を消してしまうというものだった。(公式サイトより)

暑い夏のエンターテインメントの定番・お化け屋敷が、なんと京都の街中に出現!
COCON烏丸3階にある京都精華大学のサテライト&アートスペース「kara-S」が、オープン一周年記念企画としてギャラリースペースをお化け屋敷にしてしまいました。

京都精華大デジタルクリエーションコース(デジクリ)の学生さん33名が授業の一環として製作。
お化け屋敷クリエーターとして知られ、後楽園ゆうえんちのお化け屋敷のプロデュースや楳図かずおさんとのコラボレーションなども行っているイベントプロデューサー・五味弘文さんも参加した、本格的な内容となっています。
五味弘文さん公式ホームページ(OFFICE BURN)
8月15日までの間だけ現れる、期間限定のお化け屋敷。
暑い夏をひと時忘れて、ぞぞーっと涼みに行ってみるのは、いかがでしょうか?
(公式サイトにスペシャル予告ムービーもありますよ!)

ロッカー ~迫りくる、赤い足音~

日時:2011年7月30日(土)~8月15日(月) 11:00~18:00
入場料:300円

※内容は都合により変更となる場合がございます。
※身長130cm未満、185cm以上の方は、安全の保障ができかねますので、入場をお断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

※順番は先着順となり、1日の公演には限りがあります。
※一度に参加できる人数は最大2名となっております。

会場・アクセス

京都精華大 kara-S ギャラリースペース
〒600-8411 京都市下京区烏丸通四条下る 水銀屋町620 COCON KARASUMA 3F
TEL/FAX:075-352-0818
http://www.kara-s.jp/

《アクセス》
市営地下鉄烏丸線「四条」駅下車、2番出口すぐ
阪急「烏丸」駅下車、23・25番出口すぐ
市バス「四条烏丸」下車すぐ

詳細・お問い合わせ

ロッカー ~迫り来る、赤い足音~ 公式サイト:http://digicre.jp/obake/
Mail:locker.akaiashioto@gmail.com
twitter:http://twitter.com/#!/ohnishi_shinri
toukimatsuri2011.jpg京都の夏のイベントといえばこちらも見逃せません!
8月7日(日)~10日(水)まで、清水焼の発祥の地・京都を代表する焼物のまち・五条坂では毎年恒例の「京都・五条坂 陶器まつり」が開催されます。

約400軒以上の出店が五条坂一帯に軒を連ねる、年に一度の、日本最大規模の『陶器まつり』。
京都はもちろん、全国から多くの「やきものファン」が掘り出し物を求めて訪れる、京都の夏を代表するイベントのひとつです。

期間中には五条坂周辺の陶器店や、作家自身が出店を出し、通常よりもお得な価格で様々な陶器を販売。大型の大作から、普段使いの食器類までが揃っています。
また、様々な関連イベントや食べ物の屋台なども出るので、周辺の人々にとっての「町のお祭り」といった雰囲気もあります。

開催時間も遅くまでやっているのも、嬉しいところ。
ぜひ、この夏はとっておきの掘り出し物に出会いに出かけてみてはいかがでしょうか?

京都・五条坂 陶器まつり
日時:2011年8月7日(日)~10日(水) 9:00~23:00

(時間は各店舗によって変更となる場合がございます。予めご了承ください)

掘り出し物から期待の若手作家まで。陶器市でお気に入りを発見!


陶器まつりの歴史

数多くの出店が立ち並ぶ「陶器まつり」。
その歴史は、大正9年ごろ、五条坂近くの六道珍皇寺へ「精霊迎え」に行く人や、大谷霊廟へ墓参りに行く人が大勢お盆の時期に五条坂に集まっていたため、彼らを相手に五条坂周辺の窯元や陶器店が一級品としては出せないものを陶器市として売り出したのが始まりだそうです。

老舗から若手作家まで出店!

主に、五条通を挟んで北側には老舗の陶器店などが多く、大型の絵皿から普段使いのお茶碗などまで様々な陶器を販売しています。南側の通りには若手の陶芸作家が多く出店しているそうです(もちろんほかの場所にも出店している場合があります)ので、お気に入りのアーティストを探しに行ってみるのもよいかもしれません。
お店の人も目利きなのでいろいろ教えてもらえますし、作家さんと直接話すこともできます!

また、京都のやきものだけでなく全国から集められたやきものも販売されていたり、陶器類だけでなく、アクセサリーなどを販売している店もあり、ラインナップは豊富。
ただ散歩するだけでも楽しめます!

殆どのお店は通常価格よりもお安い値段で販売しています。
後半2日間だとより値段が下がっていることもあるそう。
また、交渉によっては値引きやおまけもあり、かも。この機会に値切りに挑戦してみてはいかが?
※ただし、いいものは早く売れてしまうのは市場の常。ご注意を!

うっかり買いすぎても安心。
通りの中には、宅配便の受付センターも設置されています。
うっかり沢山買いすぎたり、とても大きくて持ち運べそうに無いものを購入した場合も安心です。

※ ちなみに、去年「京都で遊ぼうSTAY」のスタッフが行った際のレポートはこちら。ご参考に!
→ 「陶器まつり2010に行ってきました!


イベントも開催!

期間中には陶器市以外にもイベントが開催されます!

陶婚式

日時:8月7日(日)13:30~
会場:若宮八幡宮

神輿巡行

日時:8月8日(月)11:00~
会場:若宮八幡宮・会場周辺

ゆかた姿フォトコンテスト

日時:8月7日(日)・8日(月) 15:00~
会場:会場内


お祭りの合間に寄りたい、周辺スポット

■ 若宮八幡宮
五条坂のほぼ中央にある神社。1053年頃創建とされ、現在の建物は1654年、江戸初期の築。
昔から五条坂周辺の人々に親しまれ、1949年には陶祖神・椎根津彦命(しいねつひこのみこと)も合祀され、陶器まつりの際には毎年祭礼が行われています。

■ 河井寛次郎記念館
大正~昭和に活躍し、民藝運動の中心を担った陶芸家・河井寛次郎のアトリエ兼自宅。
内部は寛次郎生前の様子がそのまま残されており、ついつい時間を忘れてしまいます。
かつては五条・清水周辺に沢山あった登り窯の姿も現在に伝えています。
河井寛次郎記念館についてはこちら!

■ 六道珍皇寺
「六道(りくどう)さん」の愛称で親しまれる寺院。五条坂より一筋北へ入ったところにあります。
陶器まつりが開催される8/7-10には、お盆の前に先祖の魂を迎える「精霊迎え」が行われ、多くの人々が訪れます。陶器まつりはこの人々を客として陶器販売を行ったのが始まりで、現在もほぼ一体の行事となっています。
境内には平安時代の貴族・小野篁(おののたかむら)があの世とこの世を行き来したといわれる井戸もあり、京都を代表する不思議スポットのひとつにもなっています。


アクセス・詳細・お問い合わせ

【アクセス】
京阪電車「清水五条」駅下車、4番出口出てすぐ
市バス207系・206系・「五条坂」下車、205系/17系「河原町五条」下車 すぐ

京都・五条坂陶器まつり運営協議会
TEL:075-541-1192(音声対応)
E-Mail:gojyozakatoukimaturi@gmail.com
URL:http://www.toukimaturi.gr.jp/index.html

kyo-tanabata.jpg.jpg7月31日の夏越祓(なごしのはらえ)をもって祇園祭も終了。
しかし、京都の夏はまだまだ色々催しが目白押しです!

今週末、8月6日(土)から15日(月)までは、昨年から始まった京都の新たな夏の風物詩「京の七夕」が開催されます。
堀川・鴨川の二つのエリアを主な会場に、夏の夕べを美しく彩る光のアートや、様々なイベントが企画されています。
今回は、東日本大震災からの復興を願う意味を込め、東北地方とのコラボレーションもあります!
あの「奥州仙台おもてなし集団・伊達武将隊」も特別参加!
とにかく見所いっぱいのイベントとなっています。16日の五山送り火の前に、京都で夕涼みを楽しんでみてはいかがでしょうか?

実施期間:2011年8月6日(土)~8月15日(月)
ライトアップ点灯時間:19:00~21:30
※ 鴨川会場はライトアップは14日(日)までとなります。

堀川会場(御池通~今出川通周辺)


京友禅を育んだ地・堀川で竹と光と音楽で「京の七夕」を表現します。
※遊歩道内は期間中、北行き一方通行になります。

ライトアップが景色を彩る幻想空間。堀川遊歩道


光の天の川

堀川には放置竹林で伐採した竹を利用したアーチが出現。
薄闇の中でライトアップされた竹のアーチが、京都らしい和の趣と夜空に浮かぶ満天の天の川を再現します。

光の友禅流し

京都の伝統産業のひとつ「京友禅」は、豊富な美しい水によって支えられてきました。その工程のひとつ「友禅流し」を光で演出。堀川を流れる水、そこを照らし出す光が、水面に幾重にも色が重なる京友禅の華やかさを浮かび上がらせます。
協力は、京友禅アロハシャツなどで話題の「Pagon」ブランドで知られる「亀田富染工場」です。

光のオマージュ&竹と光のアート作品展示

日本最古の漫画として知られる、ウサギやかえるの生き生きとした姿がユーモラスな平安時代の絵画「鳥獣人物戯画」。これを京都造形芸大の学生が描き、照明演出で投影。歴史的な絵画が、現代の技術と組み合わされ、ノスタルジックな雰囲気を演出します。
また、京都の芸術系大学等の学生や全国から募集した竹と光をテーマに作られたアート作品も併せて展示。周辺は光のアートの展覧会会場に!

その他にも企画色々!

遊歩道の両サイドには約80本の七夕飾りを配置。七夕の物語をテーマにした京友禅のタペストリー展示なども。また、「いこいの広場」には仙台名物の七夕飾りも飾られます。

世界遺産・二条城は無料開放!

期間中、堀川会場に隣接する二条城が夜間無料開放されます!
建物は特殊なライティング=デジタル掛け軸でライトアップされ、普段とは全く違う幻想的な雰囲気に。また、京都ゆかりの著名人から寄せられたメッセージを掲載した大型の「メッセージ行灯」も点灯されます。
ほかにも、コンサートや舞妓さんの舞、京都や東北の品々を集めた物産展も開催!


鴨川会場(御池大橋~四条大橋周辺)


鴨川やみそそぎ川(先斗町川床下)のある「御池〜四条」間を中心に様々なイベントを開催。
七夕情緒あふれる演出や納涼の要素も取り入れた事業を展開します。

竹と灯りの散策路

風鈴灯

白竹を球状に編んだ竹カゴの中に竹工芸、京焼・清水焼、京仏具の伝統技術を用いた風鈴を入れ、LEDで灯りを灯した、伝統技術と近代技術のコラボレーションにより制作された行灯を設置します。
数ヵ所ではお香も焚き、鴨川の風と涼やかな音色、灯り、香りが楽しめます。

鴨川七夕飾り

鴨川右岸にはLEDで装飾された「光の笹」を設置。また、河川敷東側もライトアップ。煌びやかで幻想的な「七夕ロード」を演出します。

光のオブジェ

竹細工と光が融合したオブジェをみそそぎ川、鴨川会場の玄関口である三条大橋付近に設置。
「京の七夕」を象徴するオブジェとして、撮影スポットにも!

その他にも企画色々!

鴨川会場にも震災復興の祈りを込めた仙台七夕飾りを設置。京都らしい竹のオブジェとコラボレーションします。
また、期間中会場に浴衣や着物など和服で来場した女性には、毎日先着100名に手提げ提灯がプレゼントされます!提灯片手に、和服で京都の夕涼みを楽しんでみては?(8月8日(月)~14日(日)まで)

鴨川会場に縁日出現!東北物産販売&ステージイベントも!
「第42回鴨川納涼」 ※8月6日(土)・7日(日)

特設ステージでのイベントや、全国の物産即売コーナーなど様々なブースが二日間限定で河川敷に設置されます。今回は東北地方の復興を願い、東北の物産&観光PRも開催!
日時:8月6日(土)17:00〜22:00/7日(日)16:30〜21:30
会場:鴨川右岸 三条~四条間

友禅流し実演

京友禅の工程のひとつで、川の水に友禅をさらし余計なのりや染料を洗い流す「友禅流し」。現在ではなかなか見る機会のないこの工程を実演。昔から鴨川の水で支えられてきた、友禅染の優美な世界を味わってみてください。
日時:8月6日(土)・7日(日) 18:30~、19:45~/13日(土)・14日(日) 19:00~、20:00~
※都合により、時間は前後する場合があります。

舞妓さんと記念撮影ができるかも?
京の七夕 舞妓茶屋

先斗町歌舞練場がお茶屋さんに!舞妓さんの踊りを鑑賞後、記念撮影も楽しめます。
和服で来場の方には特典も有り。
日時:8月6日(土)~8月15日(月)
会場:先斗町歌舞練場
料金:1,500円(ワンドリンク&おつまみ、またはあんみつ&グリーンティ付き)

お寺や神社もライトアップ!イベントも開催!


期間中、京都市内のあちこちのお寺や神社もライトアップ、夜間特別公開を実施!
七夕飾りが彩る、夜だけの京都の景色をお楽しみください。

【一例】
・ 清水寺:夜間特別拝観  8/6(土)~8/16(月) 19:00~21:30
・ 高台寺:夜間特別拝観  8/1(月)~8/18(木) 17:00~21:30(閉門22:00)
・ 六道珍皇寺:六道まいり 8/7(日)~8/10(水) 6:00~22:00

ほかにも、寺院を舞台にした限定コンサートなども開催!
※詳細は公式ページをご確認ください。

今年の「京の七夕」は東北とコラボ!

今年の「京の七夕」は、東日本大震災からの復興を願う意味を込めて、同時期に開催される東北の夏祭りとコラボレーション!

仙台の七夕飾りがあちこちに!

元離宮二条城、堀川遊歩道(一条戻橋)、鴨川会場 に、東北三大祭のひとつ・仙台七夕祭りの名物・七夕飾りが設置されます。

物産展もあちこちで開催!

仙台をはじめとした東北の名産品を販売!地元限定の銘菓もあるので、この機会に東北の味をご賞味あれ。

・ 二条城会場:8月9日(火)~15日(月)
・ 鴨川会場:8月6日(土)、7日(日)

仙台から「伊達武将隊」が京都にやってくる!

仙台ではもはや知らない人はいない!奥州仙台おもてなし集団・伊達武将隊が京都へ上洛!二条城会場にて演舞などを披露します。
日時:8月12日(金)、13日(土)

京都の祇園祭も仙台に出張します!

京都からも、長刀鉾の囃子方と、綾傘鉾(傘・駒形提灯)が仙台七夕祭り(8月6日~8日)に出張しますよ!
仙台ではお囃子の演奏を行います。舞妓さんによる舞の披露・写真撮影も予定!

詳細・お問い合わせ

京の七夕実行委員会事務局(京都市産業観光局観光振興課内)
http://www.kyoto-tanabata.jp
TEL:075-222-4133
公式twitter:http://twitter.com/kyonotanabata


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗