1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 京都の夏をしめくくる風物詩。「五山送り火」を見よう!(8月16日)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

京都の夏をしめくくる風物詩。「五山送り火」を見よう!(8月16日)

| トラックバック(0)
o0400030010235291516.jpg
京都の夏を語る上で、祇園祭と並んでよく知られているのが、「五山送り火」です。
京都では
祇園祭で夏が始まり、五山送り火を終えると夏が終わる
という人もいます。
季節の移り変わりを告げる、夜空に浮かぶ炎のアート。とも言えるかもしれません。

しかし、有名だとはいえ、「送り火」とは何か、どう見ればよいのか、案外知らないことも多いかも...
ということで、今回は「五山送り火」の豆知識や見所ポイントを少ご紹介します!
(右はスタッフのひとりが撮影した左大文字)

「五山送り火」とは?

「大文字の送り火」とも呼ばれていたりもしますが、正確には「京都五山送り火」といいます。
(「大文字焼き」という呼称を目にすることがありますがこちらはまず京都では言いませんのでご注意を)
お盆の間にお迎えしていた先祖の霊たちをあの世にお送りする「精霊送り」のための宗教行事です。

京都盆地を囲む五つの山に「大文字」(東山如意ケ嶽)、「妙法」(松ヶ崎東山・西山)、「船形」(西賀茂船山)、「左大文字」(金閣寺北山)、「鳥居形」(嵯峨鳥居本・曼荼羅山)のかたちが配されています。これに8月16日の20時ごろから次々に火を灯していきます。

起源については諸説ありはっきりしていませんが、「精霊送り」のために火を焚いて松明を灯していた「万灯」が変化したものといわれ、一般庶民にまで浸透したのは室町~江戸時代のこととされています。

かつては現在の5つ以外に、
「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に雀」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺山)もあったそうですが、現在は廃れてしまっています。いったいどのような形だったのでしょうか...?

五山送り火に参加しよう!


「送り火」を見るのによいスポットは?

送り火を全部まとめて見るには、山から離れた視界が開けた場所、または高いところから見ることになります。そのため、文字からは遠くなってしまい、小さくなってしまうことは覚悟しましょう。人も多いかもしれません。(数少ない「全山鑑賞ポイント」としては「船岡山公園」が知られていますが、結構な有名スポットなので混雑覚悟!)
ホテル屋上やビルの上階にあるレストランなどが、有料プランを用意している場合もあります。

ゆったりじっくり楽しむのなら、ひとつの山に絞って見たほうが無難。準備をしている人たちの様子や、関連行事が楽しめるところもあります。

※なお、当日は山には関係者以外立ち入り禁止ですのでご注意を。

護摩木を納めてみよう!

各山(妙・法を除く)では、送り火の際に焚く護摩木の受付を行っています。
これは一般の方も参加可能!昔から、自分の名前と持病のあるところを書いて納めると、病気が治るといわれています。
護摩木はひとつ300円程度。
各山の近くに受付所が設けられているので、当日までに行ってみましょう。


五山の鑑賞ポイント


大文字(東山如意ヶ嶽)

「送り火」で最もよく知られる代名詞的な山。一般に「大文字」というとこの山のことを指します。
弘法大師空海に起源を持つといわれ、当日は19時ごろから山上の弘法大師堂で般若心経が上げられます。五山の中で一番最初に点火されます。

点火時間:20:00ごろ
鑑賞スポット:賀茂川堤防西岸
護摩木受付:
銀閣寺門前にて 8/15 12:00~20:00 /8/16 6:00~14:30

妙法(松ヶ崎西山・東山)

「妙」「法」の二つセットになっている山。
この二つは同時に始まったわけではなく、まず「妙」が鎌倉時代にでき、その後江戸初期になって「法」が加えられたそうです。
点火の際は絶妙なタイミングで二つの文字に同時に火がつけられる様子が見どころのひとつです。

松ヶ崎題目踊り

15日(月)20:00/16日(火)21:00~
送り火の前日と当日(送り火終了後)日本最古の盆踊りといわれる「松ヶ崎題目踊り」が
涌泉寺にて行われます(見学自由)。
【アクセス】地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅下車、東口より徒歩約12分

点火時間:20:10ごろ
鑑賞スポット:「妙」北山通(ノートルダム女学院附近)、「法」高野川堤防(高野橋北)、地下鉄松ヶ崎駅周辺
護摩木受付:なし


船形(西賀茂船山)

西賀茂にある寺院・西方寺の開祖、慈覚大師が847年、唐留学からの帰りの船上で暴風雨にあったが、南無阿弥陀仏を唱えると嵐が収まって無事帰国できた、という話から、船をかたどったといわれています。点火の際は西方寺の鐘を合図に点火します。
ちなみに西方寺は北大路魯山人の墓があるお寺。

六斎念仏

空也上人に起源をもつ、踊念仏の一種。重要無形民俗文化財。
送り火の終了後、21時頃から西方寺にて行われます。
【アクセス】京福電鉄北野線「常盤」駅下車、徒歩6分

点火時間:20:15ごろ
鑑賞スポット:北山通、御薗橋周辺
護摩木受付:西方寺門前にて 
8/5~15 8:00~16:00/8/16 8:00~10:00

左大文字(大北山)

金閣寺の近くにあるもうひとつの「大文字」。
形は東山の「右大文字」と似ていますが、規模や点火方法などは異なります。ほかの山よりは遅れて登場した山のようで、以前は横に一角加えて「天」の字だった時代もあるとか。

点火時間:20:15ごろ
鑑賞スポット:西大路通(四条~衣笠・金閣寺)
護摩木受付:金閣寺門前にて
8/15 9:00~15:00/8/16 7:00~14:00

鳥居形(嵯峨鳥居本・曼荼羅山)


o0400030010234546258.jpg

ほかの4つの山からは離れた、嵐山・広沢池の近くにあります。そのため京都の市街地からでも見える箇所が少なくなります。
点火方法もほかと異なり、井形に火床を組むのではなく、松明を燭台に乗せるかたちで火を灯します。

点火時間:20:20ごろ
鑑賞スポット:松尾橋、広沢池、嵯峨清涼寺北
護摩木受付:化野念仏寺駐車場にて 8/3~15 10:00~16:00/8/16 9:00~15:00

関連リンク

京都五山送り火(京都市観光協会HP)
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/daimonji.html

京都新聞・五山送り火
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.php

京都五山送り火・鑑賞ポイントはここ!
http://bigkarasu.com/


【京都の夏イベント、こちらもぜひ!】
・ 京都五条坂陶器まつり(8/7-10)
・ 京の七夕(8/6-15)

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗