1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 掘り出し物から今後期待の若手作家までずらり!「京都・五条坂 陶器まつり」(8月7日~10日)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

掘り出し物から今後期待の若手作家までずらり!「京都・五条坂 陶器まつり」(8月7日~10日)

| トラックバック(0)
toukimatsuri2011.jpg京都の夏のイベントといえばこちらも見逃せません!
8月7日(日)~10日(水)まで、清水焼の発祥の地・京都を代表する焼物のまち・五条坂では毎年恒例の「京都・五条坂 陶器まつり」が開催されます。

約400軒以上の出店が五条坂一帯に軒を連ねる、年に一度の、日本最大規模の『陶器まつり』。
京都はもちろん、全国から多くの「やきものファン」が掘り出し物を求めて訪れる、京都の夏を代表するイベントのひとつです。

期間中には五条坂周辺の陶器店や、作家自身が出店を出し、通常よりもお得な価格で様々な陶器を販売。大型の大作から、普段使いの食器類までが揃っています。
また、様々な関連イベントや食べ物の屋台なども出るので、周辺の人々にとっての「町のお祭り」といった雰囲気もあります。

開催時間も遅くまでやっているのも、嬉しいところ。
ぜひ、この夏はとっておきの掘り出し物に出会いに出かけてみてはいかがでしょうか?

京都・五条坂 陶器まつり
日時:2011年8月7日(日)~10日(水) 9:00~23:00

(時間は各店舗によって変更となる場合がございます。予めご了承ください)

掘り出し物から期待の若手作家まで。陶器市でお気に入りを発見!


陶器まつりの歴史

数多くの出店が立ち並ぶ「陶器まつり」。
その歴史は、大正9年ごろ、五条坂近くの六道珍皇寺へ「精霊迎え」に行く人や、大谷霊廟へ墓参りに行く人が大勢お盆の時期に五条坂に集まっていたため、彼らを相手に五条坂周辺の窯元や陶器店が一級品としては出せないものを陶器市として売り出したのが始まりだそうです。

老舗から若手作家まで出店!

主に、五条通を挟んで北側には老舗の陶器店などが多く、大型の絵皿から普段使いのお茶碗などまで様々な陶器を販売しています。南側の通りには若手の陶芸作家が多く出店しているそうです(もちろんほかの場所にも出店している場合があります)ので、お気に入りのアーティストを探しに行ってみるのもよいかもしれません。
お店の人も目利きなのでいろいろ教えてもらえますし、作家さんと直接話すこともできます!

また、京都のやきものだけでなく全国から集められたやきものも販売されていたり、陶器類だけでなく、アクセサリーなどを販売している店もあり、ラインナップは豊富。
ただ散歩するだけでも楽しめます!

殆どのお店は通常価格よりもお安い値段で販売しています。
後半2日間だとより値段が下がっていることもあるそう。
また、交渉によっては値引きやおまけもあり、かも。この機会に値切りに挑戦してみてはいかが?
※ただし、いいものは早く売れてしまうのは市場の常。ご注意を!

うっかり買いすぎても安心。
通りの中には、宅配便の受付センターも設置されています。
うっかり沢山買いすぎたり、とても大きくて持ち運べそうに無いものを購入した場合も安心です。

※ ちなみに、去年「京都で遊ぼうSTAY」のスタッフが行った際のレポートはこちら。ご参考に!
→ 「陶器まつり2010に行ってきました!


イベントも開催!

期間中には陶器市以外にもイベントが開催されます!

陶婚式

日時:8月7日(日)13:30~
会場:若宮八幡宮

神輿巡行

日時:8月8日(月)11:00~
会場:若宮八幡宮・会場周辺

ゆかた姿フォトコンテスト

日時:8月7日(日)・8日(月) 15:00~
会場:会場内


お祭りの合間に寄りたい、周辺スポット

■ 若宮八幡宮
五条坂のほぼ中央にある神社。1053年頃創建とされ、現在の建物は1654年、江戸初期の築。
昔から五条坂周辺の人々に親しまれ、1949年には陶祖神・椎根津彦命(しいねつひこのみこと)も合祀され、陶器まつりの際には毎年祭礼が行われています。

■ 河井寛次郎記念館
大正~昭和に活躍し、民藝運動の中心を担った陶芸家・河井寛次郎のアトリエ兼自宅。
内部は寛次郎生前の様子がそのまま残されており、ついつい時間を忘れてしまいます。
かつては五条・清水周辺に沢山あった登り窯の姿も現在に伝えています。
河井寛次郎記念館についてはこちら!

■ 六道珍皇寺
「六道(りくどう)さん」の愛称で親しまれる寺院。五条坂より一筋北へ入ったところにあります。
陶器まつりが開催される8/7-10には、お盆の前に先祖の魂を迎える「精霊迎え」が行われ、多くの人々が訪れます。陶器まつりはこの人々を客として陶器販売を行ったのが始まりで、現在もほぼ一体の行事となっています。
境内には平安時代の貴族・小野篁(おののたかむら)があの世とこの世を行き来したといわれる井戸もあり、京都を代表する不思議スポットのひとつにもなっています。


アクセス・詳細・お問い合わせ

【アクセス】
京阪電車「清水五条」駅下車、4番出口出てすぐ
市バス207系・206系・「五条坂」下車、205系/17系「河原町五条」下車 すぐ

京都・五条坂陶器まつり運営協議会
TEL:075-541-1192(音声対応)
E-Mail:gojyozakatoukimaturi@gmail.com
URL:http://www.toukimaturi.gr.jp/index.html

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗